登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
丹沢山 大倉尾根から丹沢三峰へ 丹沢山(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2021年2月22日(月)

  • 利用した登山口

    大倉   三叉路  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往き;小田急線渋沢駅からバスで大倉へ
    帰り;三叉路からバスで小田急線本厚木駅へ

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

渋沢 6:48――(バス)――7:03 大倉 7:05――(29分)――7:34 観音茶屋 7:34――(16分)――7:50 雑事場・見晴茶屋 8:02――(21分)――8:23 一本松上 8:23--(13分)--8:36 駒止茶屋 8:36――(20分)――8:56 堀山の家 9:00――(22分)――9:22 戸沢口 9:22--(27分)--9:49 花立山荘 10:00--(15分)--10:15 金冷やし 10:15--(20分)--10:35 塔の岳 1053--(27分)--11:20 日高 11:20--(16分)--11:36 竜ヶ馬場 11:40――(22分)――12:02 丹沢山 12:26--(28分)--12:54 太礼ノ頭 12:57--(21分)--13:18 円山木ノ頭 13:20--(15分)--13:35 ピーク 13:41--(8分)--13:49 本間ノ頭 13:49--(60分)--14:49 クサリ場手前 15:00--(6分)--15:06 金冷やし 15:06--(25分)--15:31 高畑山合流点 15:31--(27分)--15:58 祠御殿森ノ頭 16:00--(32分)--16:32 登山口 16:37--(3分)--16:40 三叉路バス停 16:51(毎時51分)--(バス)--17:47(定刻17:43)本厚木

総距離 約18.9km 累積標高差 上り:約2,185m
下り:約2,161m
コースタイム 標準:10時間10分
自己:8時間8分
コースタイム倍率 0.80
何時もは塔ノ岳を目標に登るのだが、もうひと頑張りして丹沢山まで足を延ばす。更に、単純な往復ではつまらないと、丹沢三峰経由で宮ヶ瀬方面に下る。自分にとっては、なかなかのロングコースで疲れたが、変化に富んだ山を楽しむことが出来た。

渋沢駅で時間があったので、デッキの先にある展望図を見に行く。戻るとき、デッキから富士山が見えることに初めて気付く。のんびりバス停に下りると、意外と人が多いのに驚く。始発のバスは、満席で大倉へ。大倉の菜の花と河津桜も満開だ。

歩き慣れた大倉尾根を登る。何時ものように雑事場、堀山の家、花立山荘で途中休憩を重ねながら塔ノ岳へ。今日は市中で20℃超えと気温が高いが、富士山に雲は無く、きれいに見えている。塔ノ岳の風も弱く、場所によっては重ね着しなくてものんびり出来る。

丹沢山に向かう。尊仏山荘脇からいきなりのぬかるみ。その後も、木道以外の平坦部はぬかるんでいる。ずっと富士山が見えていて気持ちが良い。人の往来も多い。竜ヶ馬場で一息入れ、丹沢山に。ベンチは半ば人で埋まっている。ベンチの端に腰掛ける。

その後、あっという間に人は少なくなる。時間は12時半。同じ道を引き返すより、丹沢三峰経由で宮ヶ瀬に下る方が面白いだろうと、みやま山荘でコース上に問題ないことを確認して出発する。こちらのコースは、5年前に宮ヶ瀬側から登って以来となる。距離的には11㎞位あるようだ。

早速、所々に雪が溶けてまた凍っていたり、雪が残っていたりする道を行く。特に、えぐられたような所には多く残っているので、その脇を歩いたりしながら下っていく。5年前は、シロヤシオの花を楽しみながら登ったものだが、今日は葉も落ちたブナの樹林を見上げたりしながら下る。

やがて太礼ノ頭に登り返すと、再び下って急で長い階段を登り返す。なかなかきつい。その先が円山木ノ頭。また下って登り返したピークで一休み。丹沢山から3㎞とある。その先が本間ノ頭。これで丹沢三峰を踏破したことになる。

ここからは急斜面の下り。少し平坦になったところで巨大なサルノコシカケを見かける。その後、南斜面を長くトラバースしていくのだが、道が細かったり橋掛けされていたりで、慎重に歩く。金冷やし手前の尾根に出たところで一休み。

そこからは、北斜面をトラバースし、クサリ場となる。再び南斜面を行き金冷やしの標識に。岩を越えていくと、遠く宮ヶ瀬湖に掛かるオレンジ色の橋が見えてくる。虹の大橋のようだ。その後も、左へ右へと狭いトラバースが続く。

やがて植林帯に入り、青宇治橋分岐の先で高畑山分岐にぶつかる。尾根越えか、トラバースか。「道幅狭し、注意」のトラバースを行ってみる。その通りで、片斜面に道らしき道が無いようなところも通過する。合流点で丹沢山から7.4㎞とある。

その後も、トラバースが続いたりするが、宮ヶ瀬湖越しに仏果山や高取山が望めたりする。丹沢山から8.8㎞来たところの脇のピークが御殿森ノ頭。小さな祠がある。バス停まで後40分、毎時1本のバスに丁度良さそうと目処が立つ。

引き続き下っていくと、小さな神社っぽいものが見えてくる。細く急な階段が付けられているが、寄り道する気力も無くなっているので、そのまま通過。最後の階段を下り、登山口に飛び出す。丹沢山からこちら、途中で二人の登山者を見かけたが、少し先の三叉路バス停には別の3人がバス待ちをしていた。

登山中の画像
  • 渋沢駅前デッキにある展望図
  • 暫く舗装道を行く
  • 見晴茶屋裏から急登してモミジ街道を行く
  • 駒止茶屋
  • 三ノ塔から続く表尾根を望む
  • 堀山の家から少し上がったところにて
  • 戸沢口分岐手前の急登
  • 花立にて
  • 花立から塔ノ岳、丹沢山方面を望む
  • 塔ノ岳にて
  • 塔の岳と富士山を振り返る
  • 日高の手前から
  • 日高にて
  • 少し下ったところから進行方向
  • 竜ヶ馬場から大山を望む
  • 丹沢山山頂を望む
  • 丹沢山にて
  • 丹沢山みやま山荘前
  • 塩水橋分岐
  • 登山道に残る雪
  • 太礼ノ頭
  • 円山木ノ頭への急登
  • 円山木ノ頭
  • 大きなサルノコシカケ
  • 長いトラバースが続く
  • クサリ場
  • 金冷やし附近
  • まだまだトラバースが続く
  • 大棚沢橋と高取山?
  • 御殿森ノ頭下
  • 神社への階段
  • 登山口
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2021年2月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...