登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
のんびり鳳凰三山(青木鉱泉)  地蔵岳・観音岳・薬師岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

にゃごにゃご さん
  • 日程

    2015年10月11日(日)~2015年10月13日(火)

  • 利用した登山口

    青木鉱泉  

  • パーティ

    2人 (にゃごにゃご さん 、masayo* さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:青木鉱泉駐車場
    宿泊者は建物より50m下に専用スペースあり.駐車料金は下山まで無料.

  • 天候

    1日目:雨のち曇り、2日目:晴天、3日目:晴天、尾根は強風
    [2015年10月11日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
勝沼IC(09:30)・・・ぶどう園(一古園)・・・ワイナリー(シャトー・メルシャン)・・・青木鉱泉(15:30)到着

【2日目】
青木鉱泉(07:00)・・・南精進ノ滝[休憩 20分](09:15)・・・鳳凰の滝・・・白糸滝・・・五色ノ滝[休憩 90分](13:15)・・・鳳凰小屋(16:00)

【3日目】
鳳凰小屋(05:00)・・・アカヌケ沢ノ頭[休憩 60分](06:30)・・・観音岳[休憩 30分](09:30)・・・薬師岳小屋[休憩 30分](11:00)・・・御座石(12:15)・・・中道登山道入口[休憩 10分](14:40)・・・青木鉱泉(15:30)

総距離 約14.9km 累積標高差 上り:約2,126m
下り:約2,126m
コースタイム 標準:12時間20分
自己:16時間
コースタイム倍率 1.30
11日の天候により当初考えていた夜叉神峠~鳳凰三山~広河原のルートを変更し,青木鉱泉~ドンドコ沢~鳳凰三山~中道の周回ルートを選択した。
ドンドコ沢の登山道はところどころに滝があり、急坂も苦にならなかった。しかし、滝を経由する場合はあちらこちらに踏み跡が残っており道迷いに注意が必要と思われる。

【南精進ケ滝】
看板に『経由』と記載。分岐にてザックをデポ(往復20分)して向かったが、通常の登山道へ続いており他の登山者はそのまま向かって合流していた。

【鳳凰の滝】
登山道から距離あり。『鳳凰の滝』『地蔵岳・白糸滝』と記載の分岐がある。どちらからも行けるが、鳳凰の滝と記載されている方がロスが少ない。さらにこちらを進むとT字の分岐にあたる(案内の看板あり)。ここでザックをデポ。鳳凰の滝を経由し通常の登山道に合流可能かは不明。あちらこちらに踏み跡あり。鳳凰の滝は開けており休憩には最適。

【白糸滝】
登山道から脇道を入り比較的すぐに見ることができる。展望エリアは狭い。

【五色滝】
『地蔵岳・五色滝』『五色滝』との記載の分岐がある。前者は通常登山道にザックをデポし見に行くことが可能。後者は沢沿いを滝に向うルート。後者を行ったが、草木が茂って道は細い。アザミの葉が痛かったが、静かでだんだんと滝が近づいてくるのが良かった。昼食休憩をとったが寒かった。

【鳳凰小屋~地蔵岳】
朝5:00出発,賽ノ河原の途中にて日の出。登山道はわかりやすく、危険個所もなし。暗くてもほぼコースタイム通り。

【中道】
薬師小屋から直接(薬師岳を経由せず)中道登山道へ続く道あり。
長い下山道。笹林が出現しこのあたりの紅葉が見ごろであった。

【中道登山口~青木鉱泉】
途中廃路の看板(『増水のため青木橋利用してください』)あり。橋が流され廃路となったよう。こちらを利用された方から、ショートカットにはなるが川を渡るのは大変だったと教えていただいた。

【青木鉱泉】
朝食なし:9720円
ストーブなどの暖房は使用されておらず寒かった。お湯は無料。
温泉は20:00まで。朝は7:00から。
石鹸のみ(シャンプー・リンスなし)。ドライヤーなし。
シャワーなし(身体を洗い流すのは蛇口から桶にためてからなので少し大変)。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、シュラフ、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
【その他】 登り 青木鉱泉→鳳凰小屋 水:500mL(お湯),スポーツドリンク:500mL
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

にゃごにゃごさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    台風19号の被害があります。最新情報を確認ください
    19年10月15日(火)
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    黒戸尾根は台風19号の影響で崩落があり通行不能。小屋も休業。営業再開は11/2予定(要予約)
    19年10月15日(火)
  • 南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    北岳の紅葉は、標高2700m付近で見頃。色付きはもうひとつですが、樹木の葉も染まってきました
    19年10月02日(水)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    今朝は0.5℃まで気温が下がりました。初霜? かもしれません。紅葉は2~3分程度です
    19年09月26日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

にゃごにゃご さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!