登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
終活登山7 黒檜岳(関東)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2014年5月17日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:東武日光発 6:13 1150円

  • 天候

    晴れ時々曇り但し「1日中狐の嫁入り状態」たま~に雪

この登山記録の行程

東武日光( 6:13)→中禅寺温泉( 6:55~7:00)→阿世潟( 7:58)→阿世潟峠( 8:10~8:35)→社山( 9:22~9:30)→黒檜岳標札(11:30~11:40)→黒檜岳登山口(12:55)→千手が浜(13:12)→ハイブリッドバス停(13:15~13:20)→赤沼車庫(赤沼茶屋)(13:48~13:50)


総距離 約14.4km 累積標高差 上り:約1,002m
下り:約997m
下山後に知ったが『西高東低』の気圧配置。1日中強風に悩まされ、雨や雪にぱらつかれた。奥日光の山は1年に1回の割で訪れており、今回の山旅で中禅寺湖南の山域は全て歩き尽くした(^^)/~~~
中禅寺湖温泉のバス停から阿世潟峠まではあっさりと通過。社山の頂上までは特に危険な所もなく順調に進む。但し、頂上からの中禅寺湖側は木が邪魔していて男体山の雄姿は拝めない。当然、中禅寺湖の眺めは皆無。写真は途中の小ピークで撮ることをお勧め。足尾側の眺めは最高。
社山から先は昭文社の地図で点線となっているので侮れない。直下は大岩がゴロゴロしている上に樹林帯のため見通しが利かない。持っていたストックが邪魔なだけだった。これは10分位で終わり、ここから先は笹原の見通しの良い道に変化。しかし、獣道と登山道が入り組んでいるため結構面倒くさい。概ね尾根または稜線に沿っている道が登山道と解釈すれば間違いなし。所々笹が生い茂っており登山道を隠している。気温が上がれば当然笹の生長も進み、登山道を完全に隠してしまうことが想像に難くない。
大平山への分岐辺りから樹林帯の中へ入る。雪がなければどうということがない道なのだろうが、今回は残雪が深く、うっかり赤と黄色の金属板道標や色テープ道標を見落としたため苦労したがGPSを万が一のために持参したため遭難せずに済んだ。
黒檜岳山頂に行きたかったが、GPSを使っても方向を特定できなかったため今回はパス。失敗を繰り返さないためにも、道標と先行者の足跡をきちんと辿って黒檜岳(の標識)を後にする。見通しの全く利かない樹林帯をひたすら歩く。流石に残雪の上を歩かなくなった時は嬉しかった。昭文社の登山地図で記されている水場は沢のこと。この時は残雪が多く水を汲める状態ではなかった(汲んでも飲む気が起きなかった)。ただ、この沢は固定ロープがあるほど道が崩れやすいようだ。同行者が慣れない人の場合は要注意。ここまで来れば中禅寺湖までは10分とかからない。湖畔に着いたら道を外れてお茶をするのも良し、夏なら登山靴を抜いて足をつけるのも良し。但し千手が浜まで15分以上は歩くことを忘れずに。
予定では千手が浜から竜頭の滝まで歩く気でいたが、想定外の残雪歩きで疲れたため淡い期待を込めてハイブリッドバス停まで足を伸ばした。運良くバスが着ていたため迷うことなく乗車。運賃は300円。終点までの所要時間は30分。参考までに

登山中の画像
登山画像
見にくいが虹が架かっている
登山画像
待望の社山登頂
登山画像
社山北面の展望
登山画像
社山南面の展望
登山画像
社山から黒檜岳の下り 直下は大岩がゴロゴロ
登山画像
ある程度過ぎると笹原になる
登山画像
樹林帯に入る前の展望
登山画像
たま~に、思い出したように標識が
登山画像
黒檜岳の標札が有る所で
登山画像
まさか5月中旬、日光で残雪を見るとは…
登山画像
黒檜岳の下り道 色テープと金属板が頼り
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ツエルト、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、ライター、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。