登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
日留賀岳から男鹿岳まで 日留賀岳、男鹿岳(関東)
img

記録したユーザー

モリゾー さん
  • 日程

    2016年4月30日(土)~2016年5月1日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:塩原バレーラインから木の葉化石園へ行く県道266号に入り300m程進んだ左手に案内あり。案内に従い進み小山氏宅へ。小山氏宅の駐車場を拝借。5台位駐車出来そう。

  • 天候

    【1日目】晴れのち曇、【2日目】雨のち曇
    [2016年04月30日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】小山さん宅(08:43)・・・送電線鉄塔(09:07)・・・林道終点(09:30)・・・日留賀嶽神社鳥居(10:56)・・・日留賀岳(12:19)・・・塩那道路出合(14:03)・・・瓢箪峠(15:14)

【2日目】瓢箪峠(04:39)・・・男鹿岳(05:44)・・・瓢箪峠(06:49)・・・塩那道路出合(09:00)・・・日留賀岳(10:48)・・・日留賀嶽神社鳥居(11:59)・・・林道終点(12:50)・・・送電線鉄塔(13:12)・・・小山さん宅(13:34)


総距離 約26.5km 累積標高差 上り:約2,144m
下り:約2,144m
久しぶりに栃木百名山ハントにお出かけ。多分登っていない山リストの中で1、2番目位に苦戦を強いられるだろう男鹿岳を片付けることに。何ならどうせ苦戦するんだからここは一気に日留賀岳と共に踏破する計画としてみました。

日留賀岳までは良く整備された(泥濘んで滑り易い所はありますが、総じて)登山道を進みますが、日留賀岳からは一般道ではないため、廃道となっている塩那道路に出合うまで藪こぎをして進みます。塩那道路は落石が所々ありますが、特に問題なく快適に通行できます。瓢箪峠を過ぎ、暫く歩いていよいよ男鹿岳に取り付きます。ここも一般道でないため藪こぎになりますが、比較的利用されているようで案外苦戦はしなかった印象です。
日留賀岳から塩那道路までの藪道も男鹿岳までの藪道もテープがあり、人が通っているため通りやすくはあると思いますが、男鹿岳までの方が圧倒的に通行しやすかったです。テープを追っていくと所々崖の際を通行する場面があります。そういう所を避けたい場合は猛烈な藪の中を突き進まなければいけないので、どっちがいいかは…。
塩那道路上には監視小屋が二棟あり、避難小屋としても使えそうです。というか使いました。

タフな方は日帰りできるかもしれませんが、ちょっと日帰りするにはしんどいと思いますので、もし行かれることがあるなら一泊することをオススメします。

しかし残りの山リストにある荒海山は2015年の大雨の影響で正規の登山道が崩壊し通行止めらしいので、どうしようかなぁ…。他から登るしかないだろうなぁ、苦戦が目に見えてらぁ…。

登山中の画像
  • 日留賀岳へはこの鳥居から
  • 穏やかな新緑の道
  • 石碑を通過して…
  • 鉄塔のある所を通過します
  • 鉄塔をすぎると林道と出合、暫くは林道を進みます
  • ここが林道終点。看板の左手に登山道があります
  • 初めは緩やかに下り、緩やかに登ります
  • 一度ぐるっと斜面を巻いて、この辺から急登になります
  • どうも昨日あたりに雪が降ったようです。北海道もかなり降ったみたいでしたね
  • 木でできた鳥居が見えました。ここが日留賀嶽神社鳥居のようです
  • 日留賀岳が見えたじゃないですか∠( ''ω'')/
  • 黙々と登ります。土は濡れていると泥濘んで滑るので注意
  • 日留賀岳まであとちょっと、ちょっとなんだけど…
  • 振り返ると黒滝山や長者岳あたりが見え、はっきりと塩那道路が見えます
  • おぉ~、この時期に霧氷ですなって思ってたら、氷塊の爆弾を投下される( ゚Д゚)ヒョエー
  • 日留賀岳到着
  • これから進む稜線は藪の中(。-∀-)
  • 鹿又岳と塩那道路、奥にうっすら男鹿岳が見えます
  • 大佐飛山から黒滝山に至る稜線
  • 高原山も見えます
  • こちらは日光方面、男体山やら女峰山なんかが見えます
  • 会津駒ヶ岳も何とか見えました
  • 塩那道路はくっきりしっかり
  • 藪こぎスタート、(;^ν^)ぐぬぬ…
  • 全然進まない、(*´∀`)アハハン♪
  • 近くて遠い、あの稜線
  • オラオラオラ、そこどけそこどけorz
  • この辺は藪薄く気持ちが良い
  • 踏み跡あるけど、こんなギリギリの所を通過します、(;゚д゚)ゴクリ
  • …もう、いいっしょ
  • ようやく塩那道路に到着、もう衣類も靴もビッショビショ
  • 塩那道路は絶賛快適中でした
  • 日陰になるところには残雪がしっかり
  • 鹿又岳が見えます。噂によれば鹿又岳を目指すと持ち物がなくなるそうな、本当ならば恐ろしい怪談話だ…
  • 一軒目の監視小屋到着
  • 中は凄く綺麗
  • 塩那道路は一部落石がありますが、通行に支障はありませんでした
  • 瓢箪峠に到着、記念碑があります
  • すぐ南隣に二軒目の小屋。一日目はここまで
  • 二日目、男鹿岳にアタック、この辺の登りやすそうなところから取り付きました。実は帰りに分かりましたが、先に取り付き場所があったようです
  • モチのロン藪なワケです
  • この辺からは踏み跡とテープがあり、藪道にしては快適に進めます
  • 大佐飛山がでででーんと
  • やっとこさ、男鹿岳の山頂が…って思っては行けません。あいつは偽ピークですから、残念ッ!!
  • 振り返ると日留賀岳があんなに遠くに…
  • やっと本当の男鹿岳の山頂が見えました
  • 那須連峰がうっすら見えました
  • もう少し、(,,゚Д゚) ガンガレ!
  • 男鹿岳到着
  • 眺望はここしか効きませんでした、でも那須連峰がお出迎えしてくれますので、まぁいいじゃないですか!!
  • 帰りにテープを追って辿り着きました、ここが取り付き点です。取り付きは急登なので、藪にしがみついて登ることになります
  • ちなみに瓢箪峠にある小屋はかなり傷んでいます
  • 扉が壊れているので、泥棒のように窓から侵入しましょう
  • ということでおつかれした!!小山さん駐車場をご提供戴き有難う御座いますm(_ _)m
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モリゾーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モリゾー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年7月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?