登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
小河内岳 ~シナノコザクラ・クモイコザクラ咲く南アルプス 小河内岳、烏帽子岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

alpsdake さん

この登山記録の行程

鳥倉林道ゲートP - 鳥倉林道登山口(カラマツ林の尾根取付) - 豊口山分岐 - 水場 - 塩川小屋分岐 - 三伏峠小屋 - 烏帽子岳 - 前小河内岳 - 小河内岳 - 前小河内岳 - 烏帽子岳 - 三伏峠小屋 - 塩川小屋分岐 - 水場 - 豊口山分岐ト - 鳥倉林道登山口(カラマツ林の尾根取付) - 鳥倉林道ゲートP


総距離 約19.1km 累積標高差 上り:約2,003m
下り:約2,007m
【動画 南アルプスの小河内岳山頂からのパノラマ展望360度】
小河内岳山頂標識→烏帽子岳→仙丈ヶ岳→甲斐駒ヶ岳→北岳→間ノ岳→塩見岳→蝙蝠岳→富士山→荒川三山→赤石岳→聖岳→兎岳→大沢岳→奥茶臼山→小河内岳山頂標識
https://www.youtube.com/watch?v=VEr13Dbk1Cw

・烏帽子岳までは登山道には残雪なし、小河内岳周辺で少し残雪がありました。早朝は山上部には霜柱がありました。
・三伏峠小屋は、冬期避難小屋が一部開放されていました
・塩川小屋ルート通行止め
・塩見小屋は建て替えが行われ、この夏に営業再開予定

早朝の展望を期待して、南アルプスの小河内岳へと出かけました
鳥倉林道ルートを登って行くと、樹間からは中央アルプスや北アルプスの山並みが見てました。烏帽子岳に到着すると、雲に隠れていることが多い富士山と愛鷹山塊が見渡せました。上空には薄雲が少しあり、日暈(太陽の周りに虹の輪)が見える時間帯がありました。
登山道周辺では、メボソムシクイ、ルリビタキ、カラ類、ウグイス、カヤクグリ、ウソなどのさえずりが聴こえていました。今回はライチョウには出会えませんでしたが、大量の羽根を登山道脇で見かけました。
高山帯での花の開花はまだ少し始まった程度でしたが、色々な花を観察することができました。
【南アルプスの花図鑑】
ハクサンイチゲ、ヒメイチゲ、ミツバオウレン、バイカオウレン、シロバナノヘビイチゴ、ツバメオモト、ノイバラ、サンカヨウ、コミヤマカタバミ、マイヅルソウ、ミヤマハコベ
ウツギの仲間、オサバグサ、キバナシャクナゲ、タネツケバナの仲間、ハタザオの仲間、イワセントウソウ、オオクルマムグラ、ズダヤクシュ、クルマバツクバネソウ、コメバツガザクラ、ナナカマドの仲間
シナノキンバイ、ミヤマキンバイ、ヘビイチゴの仲間、コナスビ、キバナノコマノツメ、ミヤマタンポポ?、クロウスゴ、イワウメ、エンレイソウ、ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)
シナノコザクラ、クモイコザクラ、タカネザクラ(ミネザクラ)、ショウジョウバカマ、コイワカガミ、ヤマツツジ、ベニバナコツクバネウツギ、コヨウラクツツジ、タケシマラン、アオチドリ、ハルトラノオ
カラマツソウ、ミヤマカラマツ、フジアザミ、マルバダケブキ、マムシグサの仲間、ユキザサ、ウワバミソウ、ツルネコノメソウ?、ヨツバヒヨドリ?、タニウツギ?、ハンショウヅル

登山中の画像
  • 鳥倉林道のゲートからスタート 登山届提出所
  • 鳥倉林道から振り返る駐車場と鳥倉山
  • 林道からの登山道への取付、夏山シーズン中はここまで伊那バスが運行されるようです
  • 登山道への取付から三伏峠小屋までの四合目の標識
  • 樹間からの穂高岳-槍ヶ岳
  • ほとけの清水で水を汲み替え
  • 中央アルプスと伊那谷
  • 宝剣岳-木曽駒ヶ岳
  • 樹間からの仙丈ヶ岳-甲斐駒ヶ岳
  • 三伏峠小屋は営業前でした
  • 三伏峠小屋の冬期避難小屋が一部開放されていました
  • 三伏峠のお花畑は食害対策の網で囲われていました 青空に映える若芽が出始めたダケカンバ
  • 稜線部からの奥茶臼山と前茶臼山
  • 小河内岳方面
  • 兎岳-中盛丸山-大沢岳
  • 穂高岳-槍ヶ岳
  • 乗鞍岳
  • 烏帽子岳方面からの三伏山と中央アルプス
  • 烏帽子岳山頂からの塩見岳
  • 北岳-間ノ岳
  • 蝙蝠岳と富士山
  • 日暈 非常に薄い雲があって、太陽の周りに虹の輪が見えました
  • 毛無山と富士山、朝は愛鷹山塊も見えていましたが、次第に周辺には雲がかかっていきました
  • 前小河内岳からの烏帽子岳
  • お気に入りの撮影ポイント 前小河内岳からの小河内岳
  • 稜線部の高山帯でミヤマキンバイが咲き始めていました
  • 稜線部では数か所で残雪がありました 今年は雪解けが非常に早いようでした
  • 登山道脇に鳥の羽根が落ちていました。 ライチョウの冬羽かな?
  • 別の場所にもライチョウの羽根が落ちていました 卵の殻も落ちていました 殻の色がライチョウのものではないような?
  • 小河内岳山頂手前の雪渓と前小河内岳
  • 小河内岳山頂の三角点 到着する頃には中央アルプスには雲がかかりました 山頂からの360度の展望は感想の動画にて
  • 富士山と小河内岳避難小屋
  • 荒川三山
  • 前小河内岳越しの塩見岳
  • 小赤石岳と赤石岳
  • 聖岳
  • 前小河内岳方面からの塩見岳
  • 鳥倉林道からの赤石岳
  • 【南アルプスの野鳥】 メボソムシクイ
  • ヒガラ
  • ルリビタキ
  • カヤクグリ ハイマツの上などでさえずっていました
  • イワヒバリ
  • 【南アルプスの花々】 シナノコザクラが見頃でした
  • シナノコザクラの群生地
  • シナノコザクラの花図鑑 花の直径27mmのもの(右端)
  • クモイコザクラの群生地
  • クモイコザクラの写真集 花の直径15mmのもの
  • タカネザクラ(ミネザクラ)は咲き終わりの感じでした
  • アオチドリ(ラン科)
  • タケシマラン
  • 非常に小さな白い花を付けたイワセントウソウ
  • ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)
  • オサバグサ
  • キバナノコマノツメ
  • シナノキンバイ
  • ヒメイチゲ
  • ウラシマツツジ
  • キバナシャクナゲ
  • ハクサンイチゲ
  • クルマバツクバネソウ
  • ベニバナコツクバネウツギ
  • ベニバナコツクバネウツギ
  • イケマにジュウジナガカメムシが大量発生していました
  • 南アルプスの花図鑑 詳細は感想にて
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

alpsdakeさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

alpsdake さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!