登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
やっちまった、魚谷山 魚谷山~貴船口(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2016年7月16日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路;大阪ーJR-京都ー地下鉄ー北大路駅ーバス(もくもく号)ー白梅橋
    帰路:貴船口ー電車ー出町柳ー京阪ー淀屋橋

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

09:17 白梅橋登山口出発
11:16 魚谷峠
12:03 柳谷山山頂
12:42 柳谷分岐(林道出合い)
13:00 滝谷峠
13:18 貴船方面分岐??? この道は行かない様に!
13:54 道なき激斜面を下って、谷底へ
14:05 貴船へ下山
14:45 鞍馬山登山口の喫茶店で一息 鞍馬山登るのあきらめたので
      下山完了


総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約1,522m
下り:約1,545m
12.3km 5時間30分 

地下鉄北大路駅から8時40分のもくもく号に乗って白梅橋へ
北大路駅ではバス停の確認ができなかったが、前回降りたバス停の対向にあると思い行ってみると、バス停の時刻表にちいさく、もくもく号と書いてあった。今日は乗客6名だった。白梅橋では私一人下車、ほかの人は岩屋橋まで行くようだ

登山口から魚谷峠までは緩い斜度の林道を延々2時間登っていく、魚谷山は魚谷峠の林道正面から取りついて、最初急斜面を登っていくが15分程アップダウンを繰り返して到着する。ここは景色はないが、少し広場になっている。林の中でちょうど昼前なので昼食をとる。

30分程で柳谷方面へ下っていく。柳谷方面から、滝谷方面への道標はないが、地図を確認して右の谷筋を下っていく。ここは道が流されているので、かなり歩きにくい荒れた道になってしまっている。ただ、谷筋の一本道なので迷うことはない。

林道出合いへ降り立ち、右へと思ったが、地図をよく見ると、左の様だ。しばらく進むと、右手に滝谷峠方面への道標があるので、林道から山道に入っていく。

ここも道があって無いような荒れた登山道になっている。10分程で滝谷峠。ここでしばらく迷った。
計画ではまっすぐ進んで貴船に降り立つ計画だったが、国土地理院の地図を見ると、ショートカットの道がある様だ。滝谷峠を右に折れ、先々週通った、貴船山方面へ向かう。前に通った時には、分岐があったと思ったのが運の尽き。

行ってみると、分岐というよりただの踏み跡だった。恐る恐る入ってみる。林の中に開けた道筋があるので、進んでいく。次第に斜度がきつくなっていく。とうとう体を横にしないと降りられない斜面になる。危ないので、尾根筋まで移動して、降りていく。激下りというよりほぼ崖だ

さらに斜度がきつくなってきた。もう体を横にしても、滑り落ちそうな斜面だ。昨日の雨で、地面が濡れているので、少し滑りにくくなっているのが幸いした。慎重に半歩づつ下っていき、木の根元から、根元へ移動しながら降りていく。

やっと谷が見えてきた。さて、どうしたものか思案、右手と左手に谷があって、正面で合流している。こんな場合、正面に降りると崖になっていることが多いので、右手の谷に降りることにした。

谷を目の前にしたとき斜度が緩くなったので助かった。谷に降り立つと、踏み跡がうっすらとある。助かった~とひと安心。

地図ではあと300m程度だけど、本当に川の中を進むことになったら、大変だった。すぐにここは貴船の取水のための場所だと気が付く。そのための道だった。

300Mほどで貴船神社手前のトイレ横に出た。振り返っても、何の道標もない。ここにきてどっと疲れが出たので、鞍馬山へ登るのは諦めて、貴船神社へお参りして、のんびり貴船を見物しながら貴船口に向かうことにした。

それにしても、観光客が多い。川床の料理屋も満員の旗を揚げているところが多い。でも涼しいし、時折浴衣を着た女性にで会う、なんか情緒があっていい。

鞍馬山への登山口に来た時には、体力も回復したので、登ってみようと思ったけど、入口で入山料をとっている。・・・やっぱりやめた。目の前の喫茶店でアイスコーヒーを注文。
最悪の接客に気分が悪い。観光地だからしかたないのかねぇ・・喫茶店を出て歩いていると、前からバスが来た。横を見るとバス停に行列。う~ん、乗るかと思い行列に付く。

10分かからない内に貴船口に到着、駅では待ち客がホームからあふれている。

もしかして、今日は命拾いしたのかな?、前にも何度か同じ経験して懲りたはずなのに・・・・
国土地理院、道がないなら道を書くなよ!。なんて、ごめんなさい自己責任だね

登山中の画像
  • もくもく号の時刻表が小さく入っている
  • 北大路駅を出て道路を渡り右に200m
  • 白梅橋の登山口で下車
  • 延々林道を登っていく、斜度はあまりきつくはないが、コンクリートなので、コケで滑る
  • 熊出没注意の看板、熊がいるんだ
  • 登っていくと下りの道を結構あるくので不安になってくるころ合いに、上りに転じる、右に進む
  • 開けた稜線に出る
  • 景色を堪能しながら一休み
  • 魚谷峠、正面を登っていく
  • ここを登る
  • 少しアップダウンを繰り返し、魚谷山山頂に到着
  • 三角点 地味な山頂です
  • 一休みして、柳谷へ降りる。道標がないけど、滝谷へはこの谷道を下る
  • 道が流されているので、道がない!! テーピングをしっかり見る 迷うことはないけどね
  • 谷を降りると、気持ちのいい新緑
  • でも道は流されてるので、川を行ったり来たり 一度足を滑らせて、ハマってしまいました。
  • 林道出合い この道は左に進む
  • こっちへ進む
  • カーブを曲がると、滝谷峠への道標が右側にある
  • 山道に入っていく ここも、道が半分流されている
  • 10分程で、滝谷峠に到着 ここで、まっすぐ行って貴船に降りるのが計画だったが、国土地理院の地図にはショートカットできそうな道が出ているので、右に曲がって貴船方面へ向かうことにした。これが間違いのもとだった
  • この先を左に道があるはず・・・・
  • ??これは道というより踏み跡だな
  • 暫くうろうろしたら、道に見えなくでもない道を発見、ここを下っていくことにした。
  • 次第に斜面が急になっていく、最後はほぼ崖下り、落ちたら滑落事故になりそうな斜面を慎重に降りていく
  • 左右に谷が見えてきた、右に行くか、左に降りるか迷ったが、少し斜度が緩い右の谷に降りることにした。と言っても、この時点では、危険度はどっちも同じなんだが。写真は右の谷へ下りきったところ。
  • ふりかえってみる。道なんか見えないなぁ
  • 300m程進むと、貴船神社手前のトイレ横に出た。川を覗くと、道なんてものはなく深くえぐられている。谷へ降りたときにこの道があって、助かったとしみじみ、自分のバカさ加減が身に染みた。
  • ここまで来たら、観光客に早変わり
  • 賑やかだ
  • 川床も涼しげだ、実際にかなり涼しい
  • 貴船神社
  • 鞍馬山登山口、入山料が居る! なので、ここで下山完了
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!