登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
富士山ご来光2016年8月弾丸ツアー 富士山(関東)
img

記録したユーザー

Midnightjapan さん
  • 日程

    2016年8月20日(土)~2016年8月21日(日)

  • パーティ

    3人 (Midnightjapan さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:ツアーのためバスにて送迎
    新宿18:00→富士山スバルライン五合目(20:00)
    ※ブリーフィングと高度順応と雨天着替えのため21:00まで待機

  • 天候

    20日(土)雨+濃霧、21日(日)晴れ
    [2016年08月20日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【往路(予定:7時間15分/実行9時間00分:1時間45分遅れ)】
8/20(土) 21:12富士スバルライン五合目--(16min)--21:28泉ケ滝--(25min)--21:53六合目--(67min)--23:00七合目--(岩尾根135min)--8/21(日) 01:15八合目--(105min)--3:00本八合目--(60min)--4:00御来光館--(90min)--5:30九合目--(30min)--6:00吉田口頂上
【復路(予定:3時間50分/実行2時間47分:53分巻き)】
8/21 6:30須走・吉田下山口--(29min)--7:01八合目トモエ館--(21min)--7:22八合目(下山道分岐)--(50min)--8:12七合目--(28min)--8:40六合目--(27min)--9:17富士スバルライン五合目


総距離 約13.0km 累積標高差 上り:約1,631m
下り:約1,631m
世にいう弾丸御来光ツアーに参加しました。コースは吉田ルート。
同行者は46歳♂、46歳♀、18歳♂の三名のためペースは46歳♀に合わせることに。
8/20(土)20:00富士スバルライン五合目到着時は、雨+濃霧と最悪のコンディションでした。ツアー会社によるブリーフィング兼高地順応として21:00まで待機しながら夜間と雨天の装備変更を行いました。気温は11度くらいと2時間前の半分になります。五合目では酸素についてはあまりキツさは感じませんでした。
出発すると深夜にもかかわらず五合目総合管理センターにも人が常駐して入山協力金として1000円支払いました。六合目までは山林を抜ける感じの景色。安全指導センターをこえると木がほとんどなくなります。七合目までは階段のように整備されていますが、暗闇で霧もひどく雨でペースがあがりません。八合目までの間は岩尾根となり手袋必須になりますが、このころから雨がやんできました。ここから本八合目までも富士山が噴火山であることを思い知る岩尾根が続き、体力的にもとてもキツくなり自発呼吸では息が苦しくなります。本八合目から夜が明け始めますが雲がはれてきます。しかし気温も低下して風が強くなり、体温も奪われ思うようにペースがあがりません。思ったより過酷な登山になりました。
九合目の手前で御来光の時刻となりましたが晴天のとても印象的な御来光を見ることができました。
6時に山頂に到着。登りはトイレに4回ほど立ち寄りました全員で12回×200円の寄付が100円玉で必要なため小銭を多めに持っていくことをお勧めします。
ブリーフィングでも遅くとも6時半には下山してくださいとのことでしたので、小休憩してすぐに下山しました。
46歳♀が下山はとても速いことがわかり、帰りのバス出発時刻の10時に遅れる事無く到着できました。
上りのペースと下りのペースの差に驚かされましたが、全体を通して天候のように波乱万丈な印象に残る登山になりました。とても悩んで持って行かなかった物として同年代の人はトレッキングポールがあったほうがいいと思いました。登山中無事故で楽しめましたが、周りには何名かヘッドランプとグローブが無い人がいましたがとても危険だと思いました。
また初心者の46歳の私には弾丸ツアーは予想以上に体力、気力的ににキツかったです。自信が無い人はおススメしませんが、人生のうちであれだけ爽快な御来光を味わえるのなら、十分備えて苦労してもいいのでは?

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Midnightjapanさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Midnightjapan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2018年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催
「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催 L.L.Beanで使えるクーポン券がもれなく当たる! 100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドL.L.Bean特集!
NEW 飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト
飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト 笠・双六・槍・西穂・乗鞍ほか北アルプスを登った時の写真を大募集! 奥飛騨温泉郷の宿泊券やロープウェー乗車券が当たる!
NEW 岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴
岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴 夏山登山で活躍すること間違いなし。「ヤルテクノGTX」の機能性と履き心地をモニターの方に試していただきました。ハイキング...
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
NEW 飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方
飯坂大さんに聞く、大型バックパックの選び方 GHT踏査プロジェクトを行う写真家の飯坂大さんに、長期山行のための大型バックパックの選び方について聞きました
NEW グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
NEW 加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山!
加賀谷はつみさんとスマートウォッチで筑波山! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
NEW いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開
いよいよシーズン到来! 「尾瀬ナビ」公開 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
NEW 春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
春の登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介!
モンチュラ、春のおすすめ製品を千穂さんが紹介! 山岳ライター・編集者・ガイドとしてマルチに活躍する小林千穂さんが、登山におすすめの女性向け春物コーディネートをご紹介!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト!
高橋庄太郎さん「山MONO語り」は浄水ボトルをテスト! 川の水を濾過し山頂で喉を潤す! 手軽ですばやく濾過できる「グレイル」の浄水ボトルを西表島の山でチェックしました。