登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
六甲山(白水峡) 白水峡(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

いち に  さん

この登山記録の行程

有馬温泉駅(8:15)…湯槽谷山(9:30)…白石谷手前(10:10)…極楽茶屋跡(11:30)…一軒茶屋(12:00)…白水山(13:00)…白水峡(13:45)…有馬温泉駅(14:30)


総距離 約13.1km 累積標高差 上り:約1,287m
下り:約1,290m
以前から気になっていた白石滝。紅葉谷のルートから分岐する地点には難路とあり、まだ止めておこうと諌める慎重君と行けるんじゃないかと囁く過信君が争っていました。長きに渡った激しい戦いの末、過信君が見事勝利。ということで白石滝へ行きましょう。

そこでルート設定。まず、白石滝までどうするか。紅葉谷はもう一つ、もう二つほどつまらない。ならば、有馬三山から下りましょう。以前、運動不足の体を見事に打ちのめしたあの有馬三山。今回はいかほどか。

そして帰路は白水峡を見て帰りましょう。ネット検索の結果、なんとも壮大な風景が広がっているとのこと。こんなところがあったのか。自宅からもさほど遠くないのに全然知りませんでした。ロックガーデンどころのものじゃありません。ロックスタジアムぐらいでしょうか。期待を胸に、さて登りましょう。

こんなものだったかと思うほどに、あっさり湯槽谷山に着きました。確かに息が上がる箇所も数カ所あり、今年一番の冷え込みにも関わらず発汗甚だしいのですが、前回よりだいぶ楽でした。運動不足もようやく解消されてきたのでしょうか。慣れもあるのでしょう。人間とは強いものです。

湯槽谷山からは湯槽谷を下っていきます。谷とか山とかわかりにくい…。標識には難路の文字が。さあ、難路とはどれぐらいのものなのか、緊張感を持って、期待を持って下りていきます。

さすがに通常のハイキングコースとは違って、道らしき道ではなく、踏み跡があるばかりです。しかも、地震やら台風やらの影響で崩落しまくっています。土砂崩れ跡も多々。それでも仏谷の荒れ具合に比べたら可愛いものです。あそこは舗装道路も何もかもぶっ飛んでいましたから…。

途中で大きな堰堤に突き当たり、しばしウロウロと巻き道を捜索。行ったり来たり、五分ほどしてようやく発見。杉林の中を巻きに巻いていきます。しばらくしてさらに堰堤出現。またも巻き道捜索。どこにもないではないか。左岸にガードレールが見えるのですが、道がありません。踏み跡らしきものも途中まで。数本の大木もろとも流れ落ちております。あまりにも急すぎて、砂利と落葉で登れたものじゃありません。どうしよう…。

マップをみればあと僅かで紅葉谷ルートです。右岸の方を突っ切ると紅葉谷に合流するのではと道なき道を突っ切ることにしました。これが失敗だったわけですが、いい経験になりました。巻き道は慎重に探しましょう。結局、紅葉谷ルートにはたどり着けず、やたらと細い踏み跡に出くわしました。マップを見てもやはりズレています。そのうちどこかで合流できるだろうと淡い期待を抱きながら進んでいきます。

ところが行けども行けども尾根道を進むばかり。紅葉谷には行けそうにありません。無理に進んで川に落ちればそれこそ大惨事です。それよりはとにかく道らしきものがある所を辿ります。それにしても藪道です。しかも背丈より高く視界は全くありません。途中で脳裏によぎる不安。これは獣道では?熊さんこんにちは、なんてご勘弁願います。猪突猛進も遠慮いたします。あまりの視界の悪さに、あまりの足場の悪さに不安は募る一方です。熊ベル買っておけばよかった。

GPSのおかげで、あと少しで別の登山道に突き当たることがわかり、ホッとしたのもつかの間、踏み跡すら消えてしまいました。なんてこったい。これはもうとにかくルート目指して突き進むしかない。笹を掴みながら急登します。いろんなものがあちこちに突き刺さります。ニューパンツなのに。高さ20cmほどの折れた木の株で思い切り脛を打ちました。手首が何かで切れました。リストカットです。どうにかこうにか登山道に出て一安心。あとで調べた所によると、湯槽谷東尾根というルートだったそうです。誰が通るねん!

つまるところ、遠回りしただけで、裏六甲縦走路に戻ってきてしまいました。白石滝は別に機会に…。がっかりです。

さて気を取り直して、白水峡に行きましょう。これまた取り付きがわかりません。標識とマップのルート通りに進んでいくと、鉢巻山の頂上で道が消えました。しかもまた笹薮です。さらにイノシシ君が走って逃げていきました。これはだめだ。またも計画がくじかれたかとゲンナリして道路まで戻ります。

道路脇の案内板に地震によって通行止めになった鉢巻山北側道路があるとのこと。そういえば踏み跡があります。試しに行ってみましょう。放置された道路のガードレールに取り付きを示す印を発見。マップとも一致。こんなとこを行くのかと、不安を感じながらもガードレールの隙間を抜けていきます。

ここからはほぼ下り。しかもほぼ笹道。とはいえ、膝下の笹は物の数に入りません。先ほどの獣道ばりの笹薮に比べれば、彩りを添えてくれているようなものです。調子よく下っていたら、この道、半端なく滑ります。おそらく落葉のせいでしょうか。広葉樹が多いようで、辺り一面、笹か落葉しか見えません。こんなに見事にスッテンコロリンはいつ以来でしょう。何度か完全にザックから地面にハードヒットしました。

なかなかのロングランを滑り降り、ようやく白水峡へ。正直なところ、あまり期待はしていませんでした。ネット上の写真ではその規模があまりわかりませんでしたので。実際のところは、こんなに壮大なのかと驚異を、畏怖の念を抱くほど。何より広範囲で高さもあり、全体像が掴めないくらいなのです。なぜこんな景観がそれほど有名ではないのか不思議に思います。蓬莱峡に良い所は持って行かれてしまっているのでしょうね。Wikiのページさえありません。墓園のサイトばかり…。

次はしっかりと氷瀑の下見をしておかなくては。

登山中の画像
登山画像
湯槽谷の湧水
登山画像
白水山尾根道
登山画像
白水山尾根道
登山画像
白水峡
登山画像
白水峡
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、メモ帳・筆記用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ
【その他】 iPhone
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いち に さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いち に  さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ