登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
六甲山(白石谷) 白石滝(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

いち に  さん

この登山記録の行程

有馬温泉駅(8:45)…白石滝(9:50)…極楽茶屋(11:15)…似位滝(11:50)…湯槽谷(12:45)…湯槽谷山(13:30)…灰形山(13:50)…落葉山(14:15)…有馬温泉駅(14:30)


総距離 約12.4km 累積標高差 上り:約1,316m
下り:約1,319m
白石滝へと、3度目の挑戦。今回は果たして目的地に達することができるのか。

六甲山の王道、魚屋道から登り始めます。何の特徴も面白さもないいたって普通の道ですが、紅葉谷の入り口は崩落のためまだ通行止なので致し方ありません。しばらく登って、炭屋道を下って、紅葉谷に合流します。

谷に下ると急に気温が下がっていきます。ひんやりした空気の中、少し登っていくと、崩落して通れない橋の近くに湯槽谷の取り付きを発見。遠目には藪にしか見えませんが、近づくと踏み跡が。帰りはここを上がっていこう。

さらに登っていくと、白石谷の分岐の標識があります。ここからは未知の領域。ワクワクして渡渉。間も無く白石滝に。案外すぐなのね。白石滝は滝壺に根こそぎになった大きな木が流れ着いていて、風流さのかけらもありません。六甲山の谷はどこも以前の台風のために荒れています。自然の破壊力は凄まじい。こうやって山は徐々になだらかに風化していくのでしょう。

さて、白石滝の巻き道を登り、しばらくいったところで途方にくれました。目印テープがあるのは左岸。ただ、そこに行ってみても、軽く崩落した跡しかありません。どうしろと?これを登れと?ちょっと登れば目印があるかもと、とにかく登ってみました。もう帰れません。下りれません。これはミスったなと内心焦りながらも、平然とした態度でさらに登ります。これは迷うパターンです。ええ、迷いました。それにしても、さっきまであった踏み跡はどこに?踏み跡を付けた人たちはどこに行ったんだ?

そこからはひたすら尾根伝いにさまよいました。前人未到の尾根です。前人未到の笹薮です。前人未到の崩落急斜面です。地図アプリを見ながら道路を目指します。そのうち、わずかな踏み跡に出くわしました。もはや獣道との区別はつかないほどですが、それでもすがる思いで踏み跡を辿ります。どうやら道路の方に向かっているのでひと安心と思ったのもつかの間、踏み跡が笹薮の中で消滅。またですか。ここまで来た人、どこ行ったー!

もう道路目指して突っ切りましょう。たかが笹。踏んづけてやる。あちこち突き刺さってくるという反撃を受けましたが、なんとか無事脱出。振り返って見ても、人間が一人通った跡など皆目見当もつきません。怖るべし、自然。誰か倒れていても気づかないね。怖いね。

極楽茶屋でひと休憩のつもりが、なぜか高校男児の集団に出くわしたので、そそくさと退散。坊主頭から判断するに、野球部かも。正月休み返上で、登山トレーニングですかな。

次は紅葉谷を下り、似位滝へ行って見ましょう。手前の百間滝で汗だくのおじさんに出会う。頑張れ。
似位滝の下でお昼休み。ここは荒れていなくて良い感じ。しかし寒い。他の場所よりだいぶ気温が低い。それゆえに凍りやすいのでしょうか。岩に座るとお尻が冷える。椅子買うか要検討。

ここから川沿いに下り、白石谷へ。途中、岩壁に挟まれた箇所でどうみても巻道がありません。岩壁にはペグが設置されワイヤーのようなロープのようなものが。これを使って行けということかい?沢登り用じゃないかい?しかし他にない。仕方ない。行ってやろうじゃないか。

足場の数センチ下は河面。ワイヤーに捕まるとお尻には水しぶきが。天然のウォシュレット。当方、水対策はしておりませんので、本当にやめていただきたい。これまでで一番のひやひやモメントでしたが、どうにか通過。

そのあとは湯槽谷を遡上し、以前巻き道がわからずさまよった箇所は、数メートル離れたところにルートが。これが見当たらず、藪漕ぎする羽目になって脛も強打したというのに。巻き道はじっくり探すべきだということをようやく学んだ次第です。

帰りの有馬三山はいつもながらにしんどいコースです。アップダウンが激しく膝に負担がきます。落葉山の静かな妙見寺で最後の休憩。こういう場所はいつまでも変わらないでほしいものです。山の無事を願い下山。

妙見寺の参道で前方を先行する山ガール風の2名。ビビッドなカラーリングで、トレッキングポール装着の最新ザック。流行スタイル完全武装ですな。挨拶をして通り過ぎると、後ろ姿からは想像できないことが発覚。山ガールなんて子供扱いをして申し訳ない。失礼しました。山ガールならぬ山バ…

巻き道はしっかり探す、山ガールは後ろ姿で判断しないが今日のレッスンでした。

登山中の画像
登山画像
白石滝
登山画像
似位滝
登山画像
似位滝
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、メモ帳・筆記用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いち に さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いち に  さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ