登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
六甲山(氷瀑) 有馬四十八滝(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

いち に  さん

この登山記録の行程

有馬温泉駅(8:40)…湯槽谷山(9:40)…紅葉谷(10:15)…似位滝(11:00)…一軒茶屋(12:50)…極楽茶屋(13:25)…有馬温泉駅(15:10)


総距離 約13.7km 累積標高差 上り:約1,590m
下り:約1,587m
連日の寒波、氷瀑に行こう。

さて、魚屋道は平凡に平凡すぎるので、トレーニングがてら有馬三山を越えていきましょう。温泉街ではほとんど雪は見当たりませんが、妙見寺参道に入ればすぐに2-3センチの新雪が。これはチェーンスパイクを試せる千載一遇の機会かもと登っていきます。

落ち葉山はもう雪に包まれ、徐々に景色が雪山に。チェーンスパイクなしにどこまで行けるかと変な気持ちが湧き上がってしまい、未装着のまま湯槽谷山へ。もう湯槽谷山付近は完全に雪山と化しています。湯槽谷山山頂手前の急坂でどうにもならないくらいに滑り落ちかけましたが、近くの木を足がかり手掛りにどうにか登り切りました。道は20-30センチほどの雪に完全に埋もれています。

湯槽谷山でチェーンスパイク装着。もっと早めに着けておけばよかったと思うほどに快適です。ここからの下りで滑ることを気にせずさくさくと進めました。

湯槽谷は前人未到の新雪地帯。人は通っていませんが、足跡はいっぱい。おそらくイノシシやウサギあたりでしょう。大きな鳥の足跡も。こいつはキジですな。周囲には囀る小鳥が群れています。雪の中でも山は賑やか。

紅葉谷に合流してからは多くの人に出会いました。いつもはほとんど人のいない平日なのに、皆さん目的は同じようです。

最初の目的地の蟇滝は両サイドがわずかに凍っているぐらいの小さな滝でした。他の無名滝と大して変わりません。他に人もおらず、いつもながらの寂しさです。

そこからさらに上流の七曲りの滝。ここは既にカメラをセッティングする先客が。やはり一番凍りやすいとのことだけあって、4分の3ぐらいは凍っていました。もっと寒くならないとダメなんですね。これも温暖化の影響なのでしょうか。帰ったら節電しよう。

角度を変えて七曲りの氷瀑を見てみると、少し表情が変わります。横の方向からだとほとんど凍っているように見えます。光の加減で全体がブルーに。

次は百間滝から似位滝へ。この二つも両サイドが凍る程度。似位滝で出会ったお兄さんによれば、昨年の同日では全部凍っていたとのこと。去年は雪が少ない印象でしたが、今年よりも寒かったのか。

新年の目標、「氷瀑を見る」はひとまず達成したので、ここのところの課題になっている白石谷を攻めてみましょう。何度トライしても想定のルートを辿ることができません。今回は積雪のおかげで先人の足跡がはっきり。これなら迷わないはず。

どんどん雪深くなる谷を、誰かも知らない人の足跡を頼りに遡上します。標高にして数百メートルぐらいしか登っていないはずなのにこの雪の増え方には驚かされます。温泉街からは想像もつかないこの積雪状況。ワクワク感が高まるにつれ、靴と手袋への浸水も高まっていきます。やはり防水スプレーごときでは役に立たぬか。

大きな堰堤の前で踏み跡が消失しました。またですか。またなんですか。神隠しですか。ここまで来た人、どこ行ったー。

仕方なしに新雪に覆われた堰堤をどうにか乗り越えます。途中の木に赤スプレーの印があり、ルートがあることはあるようです。さらに二つほど堰堤を越えたところで、思考が停止しました。

堰堤に水が溜まり、しかも凍りつき、深さも何もわかりません。これは落ちたら死ぬやつですな。堰堤を越えるための取っ手は氷の中に続いています。これは休憩が必要だ。

雪の積もった堰堤の上で昼休憩。頭上で鳥が木を突いています。どうしよう。ここから引き返すのはあまりにも面倒くさい。また藪漕ぎか。初の雪中藪漕ぎですな。

ということで凍った堰堤湖を高巻きます。雪に笹が埋もれてしまって、意外と歩きやすかも。しかし、手袋と靴はもうずぶ濡れ、捨て犬状態さ。それでも何とか高巻き成功。

ここからはもう未知の世界。何もかも雪に埋まり、踏み跡も何もありません。ひたすら白石谷の川床と思しき筋を遡上。これはもはや沢登り。しかも雪に埋もれて、川なのか何なのかも怪しいところです。水の音がしたりしなかったり。植物のないところを進んでいきます。

一軒茶屋寸前の魚屋道に合流。ようやく人の世界に戻ってきたような感じ。あとは帰るだけ。山頂には立ち寄らず、極楽茶屋を目指し、縦走路を辿ります。全山縦走路の北側斜面は雪の花が咲いたよう。あとはまた有馬三山から帰ります。

登山中の画像
登山画像
湯槽谷山への雪道
登山画像
湯槽谷
登山画像
湯槽谷
登山画像
蟇滝
登山画像
七曲りの滝
登山画像
七曲りの滝
登山画像
似位滝
登山画像
白石谷
登山画像
白石谷
登山画像
六甲山山頂付近
登山画像
六甲山山頂付近
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、メモ帳・筆記用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いち に さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いち に  さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ