登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
太郎坊宮から4山縦走 赤神山・箕作山・小脇山・岩戸山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2017年2月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:JRびわこ線、近江八幡駅で近江鉄道に乗り換え太郎坊宮駅で下車、正面に大鳥居が見える道を直進すれば太郎坊宮につくのでひたすら石段を上がると頂上手前の右側に登山口がある。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

京都駅発(8:30)・・・近江八幡駅(9:12)・・・太郎坊宮駅(9:36)・・・太郎坊宮(10:00)・・・登山口(10:40)・・・赤神山山頂(11:00)・・・箕作山山頂(12:00)・・・小脇山山頂(12:15)・・・岩戸山山頂(12:30)・・・十三仏(13:00)・・・市辺駅(14:00)・・・京都駅(15:10)

今回はいつもの友人が行けなかったので久しぶりに低山を満喫することにしました。
どうせならいつもの欲張りコースプランを立てようと思い計画したのが太郎坊宮から十三仏の縦走です。
このルート、400mほどの標高ですが4座を縦走するのでそこそこの距離があります。
また、下山先から最寄駅までもそこそこ距離がありますので時間には余裕を見てトライしてください。
それではコース案内です。
京都や大阪方面からJRびわこ線で近江八幡駅まで行きます。
そこから近江鉄道に乗り換え太郎坊宮前駅まで行きます。
乗り換えはスムーズなのでいいのですが近江鉄道は基本、ICカードが使えないので小銭は必須です。(近江八幡駅では切符が買えますが帰りは無人駅なので券売機がありません。)
ローカル線にゴトゴト揺られていると隣に座られていた方が「どちらの山に登られるんですか?」と聞いてこられたので太郎坊宮から十三仏までの4座を縦走することを伝えると「その割には結構な装備ですね?」とおっしゃったので基本どんな低山でも装備は整えて行くことを伝えるとその方は60歳の定年後から登山を始められたそうで興味津々、とても良い方で話が盛り上がっていると向かいに座っておられた方が元マタギ(猟師さん)の方でこれまた3人で山の話が盛り上がりました。
おかげで本来なら退屈なはずの車内がとても楽しくあっという間に太郎坊宮前駅に着きました。
お二人と名残惜しく別れましたがとても残念そうにしてくださったのでまたどこかでお会いしたいです。
こういう素敵な出会いも山の魅力の一つです。(普通のカッコでは話しかけられませんよね?山のカッコをしているから同じ趣味の方とお話が出来るんですね。)
太郎坊宮前駅はそれこそ外見などからは駅?という感じの駅ですがすぐそばに立派なトイレがありますので済ませておきましょう。
トイレから出て直ぐに道がありもう目の前に立派な一の鳥居とその先に太郎坊山が見えています。(絵になるので写真を撮りましょう。)
正確にいうと赤神山の一部に太郎坊宮があるので本当は太郎坊山という山はないのですが地元の方は尊称を込めて太郎坊山と呼ばれているのでそのままにします。
一の鳥居を抜けて目の前に見えている太郎坊山を目指しますが結構な距離(約2km)がありますので散歩気分でのんびり行きましょう。
二の鳥居を抜けた先が石段となっておりここからがいよいよ本格的な上りとなります。
ちなみにですが本殿まで740段ありますのでゆっくり進んでください。
最初の100段ほどで成願寺がありますのでまずはここで小休止してもいいでしょう。
一通り成願寺を拝見したら左側に有る鳥居のトンネルをひたすら上ります。
途中に不上岩と呼ばれる岩があり、そこにはベンチが設けてあるので休憩するといいでしょう。
不上岩はその昔(明治頃まで)精進潔斎していない人はこの岩から本殿方面に願掛けしたそうでこの岩から先へは精進潔斎した人しか上れなかったそうです。
ちなみにですが要所要所に本殿まで後何メータと書かれた石碑がありますので目安にするといいでしょう。
頑張って上った先に龍神舎(手洗舎)があります。ここが登山口ですので覚えておきましょう。
まずは本殿に参拝しに行きましょう。
そこから少し上がったところに私の今回の目的の一つである夫婦岩があります。
高さ30mの岩の裂け目をくぐり抜けた先に本殿がありますので参拝し御朱印をいただきます。
この本殿の下(夫婦岩を抜けた先)はテラスになっておりとても素晴らしい景色が広がっているので堪能しましょう。
疲れやすい方は来た道を戻って登山口を目指してもいいですがせっかくなのでここは一周してみましょう。
本殿まで来た道は男坂と呼ばれ、本殿から下る道は女坂と呼ばれています。
もちろんどちらからでも参拝できますが王道なのは男坂⇒女坂でしょう。
ここも結構な石段があるので踏み外さないように下りていきましょう。
七福神の石像やお百度参りの道など見所満載の境内を一通り満喫したらもう一度石段を上って登山口に入ります。
入ってすぐに「赤神山0.7」と書かれた道標があり、少し進むと左側に石碑があります。
そしてそのまま進むと小屋が行く手を塞いでいるのが見えたので石碑を振り返るといかにもそちらに行けますよみたいな道があります。
実はこれが曲者、行っちゃいけません。
しばらくは普通に進めますがすぐになんかおかしいな?と思えるはずです。
それでも強引に進むと御神体の大岩にたどり着きますが本来は入っては行けない場所なので行かないようにしましょう。(龍神舎の左横に注意書きがあります。)
この日は前日の雪のせいで踏み跡が残っており普通にたどっていくと導かれてしまいましたが本来のコースではないので道なき道になります。
私も途中で「これは変だ」と気がついたぐらいなのでなんの疑いもなしに行くとそのまま遭難する可能性があります。
山はどんな低山でも変だと思ったらわかる道まで戻りましょう。
ゴリ押しをしてもロクなことにはなりません。
私も行き止まりの小屋まで戻りました。
で、周囲を見ると小屋の右下(なんでこんな場所??)に小さな木で出来た矢印に「ハイキングコース」と書かれていたので小屋の裏側に回ると・・・ありました、そこからはまるで何事もなかったように普通の山道が続いていました。
思わず「ハァ??」でした。
なぜこんなややこしいことをするのか?他府県からきた人には難解ななぞなぞになりますがこれから行こうと思っている方は参考にしてください。
ちなみに逆走(十三仏から太郎坊宮)なら迷うことなく来ることができます。
出だしがちょっとギクシャクしましたがここからは快適な山道です。
気持ちよく進んでいくと立派な道標で分岐が示されており、赤神山山頂を目指し左へ進みます。
この日は大変天気がよく気持ちよかったのですが前日の雪が結構残っており、足元が滑りやすかったので注意して登りました。
しばらく進むといきなり視界が開けます。ここが赤神山山頂です。
元々なぜ太郎坊山と異名がついているかといえば太郎坊という大天狗様がこの太郎坊宮の守護をされていたからでこの岩山は太郎坊様の住処と言われている場所なのです。
360°のパノラマを堪能しながらポカポカな陽気だったのでここでお昼をいただきました。
食後のコーヒーも堪能したら次の箕作山(みつくりやまといいます。)を目指します。
分岐まで戻って先へ進むと結構おしゃれな休憩所があります。
さらに進むとまた立派な道標があり、左へ進みます。
そこから少し進むと箕作山まであと少しの看板とともに少しの上りがあります。
上がりきった所が箕作山山頂ですが眺望はあまり良くありません。
それでもこの日はここで休憩されている方がたくさんいらっしゃいました。
写真をある程度撮ったら次の小脇山を目指します。
そこそこのアップダウンはあるものの雪にさえ気を付ければ迷うこともなく進んでいけます。
ちなみに積雪は10~20cmほどありましたが踏み跡をたどれば軽アイゼンなどは必要ありませんでしたが雪道が苦手な方や怖いと思う方は持っていくといいでしょう。
気持ちよく稜線を進んで少し登った先が小脇山です。
先ほどの箕作山にもありましたがこの小脇山にも周辺の山々を記載した案内図があるので山座同定を楽しむことができます。
また、この小脇山には三等三角点もあります。
小脇山で一通り景色を楽しんだら岩戸山を目指します。
ここからも基本稜線で一本道なので迷う心配はありません。
途中に昔の砦跡やその説明看板があるので目を通しておきましょう。
小脇山から10分かかるかかからないかで岩戸山につくので上ります。
本線から15mほど上がったところが岩戸山山頂です。
ここも眺望が良く景色が楽しめるのと先ほどの説明看板にあった旗振り岩があります。
この岩は戦況を伝えるのにここから旗を振る際に方角がわかるように矢印が刻まれている珍しい岩です。
ここも堪能したので十三仏に向かいます。
岩戸山を下りてすぐに兜岩があります。
この岩の下に聖徳太子がご自身の爪で刻んだとされる十三仏があるそうなので階段を下りて霊場である十三仏に着きます。
少し恐山チックな霊場を一通り見て回りますが岩に刻まれたとされる磨崖仏は確認できませんでした。
ただ、そのあたりは巨岩だらけで巨岩好きな私にとってはそっちに目を奪われていたので正直磨崖仏のことは後回しになってしまい、見つけられなかったのかもしれません。
それほど大きく素晴らしい巨岩があたりを覆います。
しばらく堪能したあとは石畳の道を下って行きます。
この道も素敵な道で約160体もあるとされる石仏が道の両側に鎮座されています。
また、この道の所々に旗振り岩に巻いてあった紅白の帯が巻いてある樹木や岩があったのですが特に何もなかったので(一応一通り確認しました。)謂れはわかりません。
清々しい道を下りきると竹やぶとなり十字路になっています。
ただ、ここには道標がないのでどちらに進めばいいのかわかりません。
こういう時はまっすぐに進むと決めている私はまっすぐに進みます。
結果、農道(とはいえ立派なアスファルトの道)に出ましたが右はどうも遠回りで左が本線、真っ直ぐが本線より少し右側に出るようです。
農道を左に進むと左側に道標があり、船岡山を示唆しているので従います。
船岡山とは言いますが万葉の森と呼ばれる公園の丘のことなのでそれほど標高があるわけではありません。
農道を進みバイパスの十字路をまっすぐに進むと右手に小高い丘が見えてくるので川沿いの道を右へ進みます。
しばらく進むと階段があるので登りきった先が船岡山です。
公園の敷地を進んでいくと阿賀神社があるので無事に下山できたことを感謝し、境内を抜けた先を左に進みます。
しばらく進むと右側に駅舎が見えてくるのでそちらに進みます。
この駅が近江鉄道の市辺駅です。
完全な無人駅で駅舎しかないのでトイレは阿賀神社で済ませておきましょう。
ここから京都に戻った私はいつもの温泉で汗を流し帰路につきました。

登山中の画像
登山画像
太郎坊宮前駅です。天狗様の面が飾ってあります。
登山画像
この電車で素敵な出会いがありました。
登山画像
駅舎らしからぬ外観です。
登山画像
駅前には簡単ですが周辺地図があります。
登山画像
駅を出ると直ぐに大鳥居があり、その先にそびえ…
登山画像
駅から太郎坊山を目指して真っ直ぐ歩きます。
登山画像
太郎坊山まで一本道なので迷う事はありません。
登山画像
太郎坊山は岩山で標高は低いですが立派な山容で…
登山画像
太郎坊宮前にも簡単な案内看板があります。
登山画像
太郎坊宮の二の鳥居になります。
登山画像
さあ、いよいよ740段の石段を登ります。
登山画像
正願寺にある謂れを記載した看板です。
登山画像
正願寺です。太郎坊宮はまだまだ先です。
登山画像
正願寺の左側に太郎坊宮への道があります。
登山画像
途中にこんな道がありましたがどこに続いている…
登山画像
結構急な階段が延々と続きます。
登山画像
不上石の説明看板です。明治の頃まで精進潔斎し…
登山画像
不上石です。私は朝から焼きそばを食べて来たの…
登山画像
結構急な階段ですが信仰心というのはすごいもの…
登山画像
要所要所にこのような後何メートルという石碑が…
登山画像
この手水場の右側が登山口となります。
登山画像
登山口の左側には注意事項が書かれているのでよ…
登山画像
階段を上りきった先には夫婦岩があります。
登山画像
一見、狭そうですが普通に通過出来ます。
登山画像
岩の間から青空が見えます。
登山画像
夫婦岩の説明看板です。
登山画像
夫婦岩の外観です。
登山画像
夫婦岩を通り抜けた先にはテラスがあり、景色が…
登山画像
休憩所の屋根を覆い尽くすような岩は圧巻です。
登山画像
この日は本当にお天気に恵まれ素敵な景色を楽し…
登山画像
境内を一通り満喫したら先ほどの登山口まで戻り…
登山画像
登山口から直ぐにある看板ですが実はこれが曲者…
登山画像
昔の石碑の先には小屋があり、一見行き止まりに…
登山画像
最初、小屋は行き止まりだと思った私は石碑の直…
登山画像
この大岩は実は行っては行けない場所にあります。
登山画像
仕方がないので小屋まで戻りよく見ると下の方に…
登山画像
正規ルートにも大きな岩があります。
登山画像
赤神山山頂です。
登山画像
先ほどまで道に迷っていた太郎坊山が見えます。
登山画像
青空の下、ここで早い目の昼食をいただきました。
登山画像
これから向かう十三仏のある岩戸山が見えます。
登山画像
ちなみに滋賀県なので低山でもこれくらいの雪は…
登山画像
尾根道にはこんな素敵な休憩所があります。
登山画像
右へ進んでは行けません。
登山画像
道標は要所要所にあるので安心です。
登山画像
日当たりが良いので雪は溶けていますが足元が滑…
登山画像
公共交通機関を利用するのなら絶対転べません。
登山画像
箕作山まであと少しです。
登山画像
この坂道を上がった先が箕作山です。
登山画像
箕作山山頂です。結構たくさんの人がお昼ゴハン…
登山画像
箕作山の標高看板です。
登山画像
箕作山からの景色です。あまり眺望は望めません。
登山画像
ここから見える山域が記載されています。
登山画像
景色を楽しんだらさっさと次の目的地に向かいま…
登山画像
基本は十三仏方面に向かえば大丈夫です。
登山画像
次の目的地は小脇山です。
登山画像
小脇山山頂にはこの付近の山には珍しく三等三角…
登山画像
小脇山の標高看板です。
登山画像
小脇山にもここから見える山域の案内看板があり…
登山画像
小脇山の方が眺望は良いです。
登山画像
先ほどまで居た太郎坊山や赤神山が見えます。
登山画像
こうして見ると岩山だということがわかります。
登山画像
一番眺望が良いのは赤神山です。
登山画像
小脇山から直ぐにある岩戸山です。
登山画像
岩戸山は昔の砦だったので眺望が良いです。
登山画像
こうして見ると戦国時代はここから指示を出して…
登山画像
向こうに見えるのが旗振り山です。
登山画像
この岩の矢印は旗振り山を示唆しています。
登山画像
この付近には巨岩がたくさんあります。
登山画像
船岡山方面です。
登山画像
もうすぐ十三仏のある霊場です。
登山画像
ポコポコと膨らんだ丘が船岡山です。
登山画像
こんなところにも夫婦岩のような岩があります。
登山画像
岩に界と掘ってありますが何を意味するのかわか…
登山画像
十三仏の霊場に着きました。
登山画像
しかし、肝心の十三仏がわかりません。
登山画像
あるとしたらこの正面の岩みたいですが御神体な…
登山画像
この岩が御神体のようです。
登山画像
しかし、巨岩好きな私はもう大興奮です。
登山画像
この巨岩を見れただけでも来た甲斐があります。
登山画像
巨岩に挟まれた道を進みます。
登山画像
しばらく十三仏を満喫したらいよいよ下山開始で…
登山画像
十三仏から先は神仏に加護された素敵な道です。
登山画像
しかし、足元は急な石段なのでゆっくり下りまし…
登山画像
この辺りのお地蔵様はペアで可愛い前掛けを着け…
登山画像
不思議なことにこのお不動様と大日如来様は前掛…
登山画像
途中には立派な休憩所がありました。
登山画像
こうして見ると幻想的な道です。
登山画像
幻想的な道を楽しんだらいつの間にか下りていま…
登山画像
ここからは船岡山を越えて市辺駅を目指します。
登山画像
先ほどまで居た十三仏を望みます。
登山画像
船岡山へはわずかですが階段で上がります。
登山画像
船岡山山頂です。東屋があるので休憩出来ます。
登山画像
ここには万葉の森と呼ばれる石碑がたくさんあり…
登山画像
ふと見ると何か建屋があるので行ってみました。
登山画像
小さいですがお社があったのでここまで無事に帰…
登山画像
お社を辞してミクリガ池に下りてきました。
登山画像
池の左側には立派な神社があります。阿賀神社と…
登山画像
神社の境内を抜けて左側に進むと市辺駅がありま…
登山画像
駅に向かって歩いていると今日縦走した山々がド…
登山画像
市辺駅です。無人駅プラス券売機もトイレもない…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!