登山記録詳細

ハイキング
参考になった 6
梅香るピンクに染まる幕山・南郷山&♨ 鍛冶屋~南郷山~林道~自鑑水~幕山~幕山公園(湯河原梅林)(関東)
img

記録したユーザー

ポンタポンタ さん

この登山記録の行程

鍛冶屋バス停・五郎神社(9:30)・・・ゴルフ場(10:05)・・・林道(10:45/10:50)・・・山頂(11:10/11:50)・・・林道(12:15)・・・自鑑水(12:30)・・・林道(12:35)・・・幕山(12:50/13:00)・・・東屋(13:30)・・・梅林(14:10)

梅に包まれた幕山を歩きたくて3/4㈯を予定していたが、
梅の開花が早く15日に7分咲きになったので、一週間早い25日に出かけることにした。
開花は進んでいて見頃のピークは過ぎてしまったが、快晴で風もなく登山日和
有意義な一日を過ごすことができた。

上野東京ラインは便利!早い!楽!
山手線の利用も東京駅での乗り換えもなくて大変便利。
誰が発案したのだろう。
大感謝!!!

湯河原駅に8:53着
すでに登山客でいっぱい。
鍛冶屋行き9:00発のバスに乗る。
五郎神社でお参りし、歩き始める。
神社から林道までの1時間15分はずっと上り
みかん畑やゴルフ場、箱根竹の細いけもの道、荒れた道をひたすら上って行く。

林道へ出るとリュックをおろし、休憩している人がいっぱい。
自分達もここで小休止。
林道を5分歩くと左に階段の登山道がある。
ここを15分ほど上れば南郷山山頂だ。
林道までの上りがきつかったのと小休止したことで山頂までの上りは楽に感じた。

山頂は狭いが展望は良い。
真鶴半島が良く見え、青空がきれいだった。
40分の大休止、ゆっくり食事をする。
いい気分転換になり、身体がリセットされ幕山へ

山頂から10分くらいで分岐、左の白銀林道へ進む。
ここは距離はないが、きつい急坂の下りだった。
膝の悪い人は大変だと思う。
ぬかるんでいて掴むものが何もないので慎重に一歩ずつ進む。
林道を5分歩くと分岐、自鑑水へ向かう登山道を上る。
途中の伐採の道はぬかるんでいて歩きにくい箇所あり。
案内やロープに沿ってコースから外れないようにしよう。
自鑑水から林道は5分。林道を横切って幕山に向かう登山道へ

幕山へ向かう尾根道は広くて歩きやすい。
道に沿って桜の木がある。
開花したら桜のトンネルになるだろう。
満開をイメージして歩く。
山頂まで20分、こういう道はもっと歩きたい。

山頂は多くの人で賑わっていた。
調理してお酒を飲んでみな楽しそうだった。
ここからの真鶴半島の眺めも良かった。
休憩するところもないので早々に梅林へ向かう。

長いジグザグの下り坂、きつかったなぁ・・・。
まだジグザグ?と思いながら歩いた。
東屋も人がいっぱいで休憩せず、水分補給してすぐ歩きだす。
ここから10分で梅林最高地点になり、幕岩でロッククライミングをしてる人の姿が
見えてくる。
たくさんの梅が目に飛び込んできた。
見頃は過ぎたようだがコース最後のクライマックスにピンク、紅、白に咲く梅の中を
歩いていると今までの上り下りを忘れてしまう。
梅を十分楽しみ、梅のソフトクリームで喉を潤す。
ほんのり梅の風味で美味しい。
もっと梅の酸味が欲しい。

湯河原に来たのだから温泉に入ろうということで「こごめの湯」に寄った。
広いガラス張りの浴場で湯舟が大きく混雑した感じがなくて良かった。
登山後の温泉は効果があり、帰宅後や翌日に疲れが残らない。
電車の揺れが心地よく眠ってしまった。(-_-)zzz
次回も山&温泉(いずみの湯)を楽しみたい。

※トイレは五郎神社と梅林にあるだけです。
※急坂の上り下りが多いので、膝の悪い方はトレッキングポールの使用をおすすめします。

《こごめの湯》
http://kogomenoyu.com/

《いずみの湯 宿泊施設あり》
http://www.welcity-yugawara.co.jp/access/

登山中の画像
  • 鍛冶屋バス停 五郎神社
  • 参拝してスタート
  • ずっと上り
  • 海が見えて来ました。
  • 夏みかん まだ酸っぱそう
  • 帰りだったら買うのになぁ・・・。
  • 箱根竹に囲まれた細い道
  • 楽しそうな声が聞こえてきた。 
  • コース中、唯一の花(梅林以外)
  • まだまだ上りは続く
  • 林道で一息
  • 登山道 あと15分くらいで山頂
  • 相模湾 小さく初島が見える。
  • 南郷山山頂 610㍍ ランチ休憩
  • 真鶴半島がよく見えます。
  • 山頂から見上げた空 お昼寝したい気分
  • 白銀林道へ下ります。 
  • かなりの急坂 膝の悪い人にはきついかも・・・。
  • 白銀林道からまた登山道を上り、自鑑水へ
  • ぼこぼこの道を上ります。
  • 分岐
  • 伐採の道 案内とロープに沿って進みます。
  • 切りたて? 断面がきれい。
  • 自鑑水
  • 林道を横切り幕山へ向かう登山道へ
  • 20分位の尾根道 桜が咲いたらきれいだろうな
  • 幕山山頂625㍍ 宴会のような賑わい。
  • 梅林へ下ります。
  • 下りながら真鶴半島が見えます。
  • 東屋 水分補給
  • 先生らしき人がロープを張っている。
  • ロッククライミング怖くないのかな?
  • 梅に癒される。
  • 梅のソフトクリーム ほんのり梅の風味
  • 残念!
  • 日が当たっていたらもっときれいだったろうなぁ・・・。
  • 早咲きの桜
  • 次回は幕山~大石ヶ平~一ノ瀬コースにしよう。
  • こごめの湯♨ ガラス張りの広い浴場で気持ち良かった。
  • 便利な上野東京ライン
  • 車窓から大島、初島、伊豆半島が見えた。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、非常食、行動食
【その他】 レジャーシート
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ポンタポンタさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ポンタポンタ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中 荷物が重くても肩の痛みがない! 満開のミヤマキリシマと山飯を満喫したマロたんのレポートです
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...