登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
絶対に行きたかった、そして行って良かった感動の野伏ヶ岳から薙刀山 野伏ヶ岳、薙刀山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年3月21日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:美濃街道(国道158)の九頭竜湖から県道127号線に入り天狗岩ファミリーパーク
    (キャンプ場)を通り白山中居神社を目指す。が、通行止めが設置されていたので何かと思ったら土砂崩れで先に進めなかった。仕方がないので、岐阜側に回り道をする。小一時間のロス。駐車場は白山中居神社の下にある。下の橋のたもとにも数台駐車可。一杯であれば、
    神社の前も停めても問題なさそう。

  • 天候

    快晴
    [2017年03月21日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

白山中居神社(08:20)・・・林道・・・牧場跡(09:26)・・・野伏ヶ岳・山頂(11:17)・・・薙刀山・山頂(12:34)(昼食~13:20)・・・牧場跡(14:46)・・・林道・・・白山中居神社(16:02)


総距離 約17.6km 累積標高差 上り:約1,592m
下り:約1,582m
日本300名山に名を連ねながら、冬にしか行けないという稀有な山。
それはもう何としてでも行くしかないだろう、、、と兼ねてから狙っていた。
3連休の最終日。すっかり春の日差しの中、野伏ヶ岳に向かう。
向かう途中、大野に入ったところで、濃霧に包まれた大野城を見ることが出来た。ちょうど大野城を背にして朝日が昇ってくる瞬間で、年に数度と言われている天空の城が浮かび上がっていた。なんと幸運なことか。
と思っていたら、白山中居神社に向かう手前で通行止めにあった。ここが通行止めになるはずがないとゲートをどかして先に進むも直ぐに原因が分かった。土砂崩れで大きな岩が道を塞いでいた。仕方がないので、岐阜側に回り込み白山中居神社へ向かう。約1時間のロス。

白山中居神社の手前に車を停める。8時の時点で下の駐車場はいっぱいいだった。
装備を整えて、林道へ向かう。一ノ峰への登山口は白山中居神社からさらに6kmほど先にあるが、除雪はちょうど神社の下まで。歩いていくには遠すぎる。今日は、そのまま川に向かって道を降り、橋を渡って林道に入る。とにかくこれでもかというくらい林道をひたすら歩く。と、いきなり広い空間が目の前に広がる。牧場後。目前に目的の野伏ヶ岳がどどーんとそびえている。その右には薙刀山。さらに右手奥には別山が見える。スノーシューには最適の牧場後を歩き、野伏ヶ岳の尾根にとりつく。もっと左手から尾根の緩やかなところから登ればよかったが、山頂への最短ルートをとる。急な斜面をえっちらえっちら登り尾根に出る。そのまま尾根が山頂へと向かっている。綺麗なルートだ。登っていくと左側奥にひときわ目立つ大きな山が見えた。いまだ真っ白な頂をしている。荒島岳だ。その奥には霞んで銀杏峰。山頂は360度の眺望。三ノ峰、別山、そして白山。春のせいか霞んでいて、注意深く見ないと見落としそうにいなるが、御岳や乗鞍も確認できた。
暫し眺望を楽しんで、次の目的地、薙刀山へ向かう。峰伝いに進む。少し下るもののそれ程の高低差はないため、意外に早く到着する。山とは不思議なもので、ちょっと移動するだけで同じ景色と思いきやまったく別な風景を堪能できる。薙刀山もさほど距離は離れていないのに、手が届きそうなくらい別山と白山が目前に感じられた。
薙刀山の山頂で昼食をとる。周囲が高い山々に囲まれていて、ちょっとしたアルプスの奥地に来た気分。贅沢なひとときの中での昼食。これまた最高。
スキーヤーのシュプール跡を目印に下山を開始する。遠くに牧場後がはっきり見えるため迷うことはない。真っ白な綺麗な雪の上を踏みしめ、斜面を降りていく。すっかり春の日差しは雪を徐々にとかし始め、午後からは降るにつれて足がとられるようになってきた。牧場後に向かう途中、谷を横断した。急な斜面に緩くなった表層がずり落ち、歩くたびに小さな表層雪崩が起きる。帰ってから調べなおしたら、多くの人は谷を下げ回り込んで牧場を目指していた。なんとか、谷を乗り越え牧場に着く。振り返ると歩いてきたコースが改めてよくわかった。
林道を降る。登りよりも降りの方が特に長く感じた。ショートカットすれば良かったのかもしれないが、雪が解け始めていたので、まだ踏み固められている林道の方が良いかと離れる気にはなれなかった。いや、それにしても長い。折角の感動が林道の降りの苦痛で忘れてしまいそうだった。
なんとか駐車場に戻ったころには満杯だった車もすっかりがら空きになっていた。
なんと素晴らしい一日だったことか。噂にたがわぬ、いやそれ以上に満足できた
野伏ヶ岳と薙刀山。今度はもう少し寒い時期に来てみたいと思った。

●野伏ヶ岳(のぶせがたけ)は、岐阜県郡上市白鳥町と福井県大野市の境にある、標高1,674 mの山。両白山地の山で、日本三百名山及びぎふ百山に選定されている。野伏ヶ岳の東側には、石徹白川があり、その支流の推高谷と小白山谷の源流の山である。一般的な登山道がなく、豪雪地帯であり、春先の残雪期に登られる山である。(Wikipedia)

●薙刀山(なぎなたやま)は、野伏ヶ岳の北側の稜線の先にある1647.2mの山。山スキーのメッカ的山。

登山中の画像
登山画像
朝日を迎える天空の城。
登山画像
駐車場。この時間にもう一杯とは。
登山画像
春間近。
登山画像
野伏ヶ岳の山頂に延びる峰。
登山画像
雪面のウエハースのような模様が綺麗。
登山画像
山スキーヤーがいっぱいいました。これを見てい…
登山画像
白山が見えます。すんばらしい。
登山画像
昼食のハム。
登山画像
なんの後もない真っ白な斜面を降りてきました。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    林道を滑るスキヤーがうらやましく感じますね。

  • Yamakaeru さん
    後日、なんで、林道をショートカットしなかったの?と指摘を受けました。確かにあそこなら出来ましたね。

  • shou さん
    え?!ショートカットできたのですか?

  • レオ さん
    素晴らしい天気と雪景色ですね。写真を見ると行きたくて心が踊ります。

  • Yamakaeru さん
    天候に恵まれました。おかげて日焼けを通り越して焦げてしまいました。またロングコースご一緒したいですね。

登った山

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ