登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
六甲全山縦走2017春 六甲山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

matsup さん

この登山記録の行程

塩屋(6:00)→旗振山(6:38)→高倉台入口(6:57)→ピーコック前(7:00)→栂尾山山頂(7:17)→横尾山山頂(7:29)→東山山頂(7:46)→横尾団地(7:56)→妙法寺小学校前(8:11)→荒熊神社下(8:41)→高取山の公園(8:52)→鵯越駅(9:41)→菊水山登り口(10:19)→菊水山山頂(10:44)→天王吊橋(11:07)→鍋蓋山山頂(11:35)→市ヶ原(12:19)→稲妻坂下(12:42)→学校林道分岐(13:01)→掬星台(13:42, 13:55発)→三国池下(14:35)→丁字ヶ辻(14:45)→六甲ガーデンテラス(15:23, 15:34発)→東六甲縦走路分岐(16:26)→水無山(16:38)→船坂峠(16:56)→大平山林道(17:13)→林道終了(17:20)→大谷乗越(17:30)→塩尾寺(18:04)→宝来橋南詰(18:38)


総距離 約42.9km 累積標高差 上り:約3,251m
下り:約3,205m
 2017年4月8日(土)に,友人たちと六甲全山縦走に挑戦した。今回は天気が問題だった。その週末は金曜日から天気が悪く,雨だけが心配な六甲全山縦走チャレンジだった。

 集合は最近よく使う塩屋駅に午前6時にした。ルートは塩屋駅から真東に向かうコースにしてみた。前日の雨の影響で少し山道は湿った感じだったが,そこまで歩きにくい感じではなかった。少しペースが遅いと思ったが…。山の上は多くの場所が霧の中だった。いつもなら須磨浦の山上遊園から明石海峡大橋がはっきり見えるが,今回は全く見えなかった…。旗振山でも視界はまったくきかなかった。

 高倉台まではみんなでのんびり進んだのち,メンバーの中で速い人達が先行して次のピークを目指した。栂尾山の登りの途中から先行して横尾山まで行った。その後も,高取山の登山口から高取山安井茶屋横の公園まで,菊水山では急登区間の登り口から山頂まで,菊水山から鍋蓋山山頂まで,という感じで,早いグループと遅いグループに別れて歩いた感じになった。途中,須磨アルプスや横尾団地,丸山の市街地は一緒に行動した。また,丸山の市街地ではファミリーマートによるために少しだけ遠回りした。

 鍋蓋山の先も別行動だったが,次の集合場所は摩耶山掬星台だった。そこまでは距離が長いので,待ち時間も長く,先行チームはカフェで休憩できるぐらいだった。後続部隊は約40分遅れで掬星台に着いた。その途中で,雨が降り始めた。結構しっかり降り出したので,仕方なく雨合羽を着ての登山となった。摩耶山掬星台から先はずっと雨の中の行軍となった。言うほど激しい雨ではなかったので,路面は言うほどぬかるんだりはしていなかった。さすがに東六甲縦走路では多少ぬかるんだ場所もあったが…。掬星台から先はほとんど休憩せずに歩いた。速いやつの遅いペースで進んだが,雨の割にはまずまずなペースだったと思う。おかげで,塩尾寺に午後6時過ぎに到着でき,ヘッドライトなしで宝塚・宝来橋南詰まで行くことができた。

 今回は半分程度雨の中の行軍となった。その割にハイペースだった。しっかりと降る雨の中をこれだけの時間歩いたことがなかったので,かなりいい経験になったと思う。特に雨の東六甲縦走路を経験できたのは収穫だった。また,雨でもしっかりした雨合羽なら意外と快適に歩けることもわかった。それでもできればカッパなしがいいけどね。

登山中の画像
  • 山陽電鉄塩屋駅で下車
  • 須磨浦山上遊園の桜
  • 山上遊園から明石海峡大橋見えず
  • 旗振山もガスの中
  • 高倉台への階段はジェットコースターの下り始めみたい
  • 高取山登り口の公園の桜
  • 菊水山は霧の中
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

matsupさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

matsup さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。