登山記録詳細

ハイキング
参考になった 9
20170423 絶景ビュー!瑞牆山 瑞牆山(関東)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2017年4月23日(日)

  • 登山口へのアクセス


    その他: 韮崎駅前ロータリー2番のりばからから山交タウンコーチバス(増富温泉郷方面)に乗り、「増富温泉郷 」で下車。さらに山梨峡北交通(みずがきルート)を乗り継いで「みずがき山荘」で下車。これが、韮崎駅からバスで行く場合の最も早いアクセスとなる。登山道入口はみずがき山荘の前にある。なお、山交タウンコーチバスはSuicaやPASMOが使えるが、山梨峡北交通は現金のみであり注意が必要。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

7:45発 韮崎駅(山交タウンコーチバス)-8:44着 増冨温泉郷
8:50発 増冨温泉郷(山梨峡北交通※)-9:07着 みずがき山荘
 ※ 山梨峡北交通は、韮崎駅からみずがき山荘への直行バスがある。最も早いものは
     8:50発 韮崎駅ー10:02 着 みずがき山荘

瑞牆山荘09:12 - 09:16県営無料駐車場 - 10:00富士見平小屋 - 10:23瑞牆山・八丁平分岐 - 10:32桃太郎岩10:33 - 11:22大ヤスリ岩11:26 - 11:35瑞牆山12:18 - 12:31大ヤスリ岩12:32 - 13:22桃太郎岩13:23 - 13:30瑞牆山・八丁平分岐13:31 - 13:42富士見平小屋 - 14:06瑞牆山荘


総距離 約6.9km 累積標高差 上り:約1,033m
下り:約1,035m
■コース状況
  今回のコースは、みすがき山荘からのピストンです。計画では、瑞牆山山頂から、さらに足を伸ばし不動滝、みずがき山自然公園を経由してみすがき山荘に戻るコースを考えていました。が、不動滝への分岐での残雪が思いの外多く、ピストンに変更しました。コースは、全般的に道標がしっかり設置されており迷う心配はありませんが、天鳥川を越えたあたりから山頂まで、大小の岩を縫い、越えながらの登山となり、3ヶ所ほと鎖場があります。
 特に、天鳥川へ降る斜面、山頂手前や山頂の裏を巻く登りの辺りは、アイスバーン状になった雪が登山道を覆っており、滑り易いので注意が必要です。私はチェーンスパイクを使いました。

■感想
 『おぉ-』、大やすり岩の下を巻き山頂近くの雪を踏み越え瑞牆山の絶壁に立った際に最初に出た言葉でした。「来てよかったね」、「すごい」、「やみつきになりそうです」といった言葉が瑞牆山のあちこちで聞かれます。絶好の登山日和に恵まれたこともあり、山頂から眺望は、(ベタな表現で恐縮ですが)とにかくすばらしかった‼。近くには八ヶ岳、南アルプスや金峰山、遠くには中央アルプス等が織りなす景色に、ただただ見いってしまいました。
 さて、今回のアクセスも公共交通機関。昨年4月の韮崎駅からの茅ヶ岳山行の際ににみた、瑞垣山行きバス停の長蛇の列が強烈に脳裏に焼き付いており、早い時刻のバスならそれを避けられるかもしれないと、2つのバス(山交、山梨峡北交通)を乗り継いで行くことにしました。ちなみに、行程欄のバスで行くと、韮崎駅から最も早くみずがき山荘にアクセスすることができます。シーズンには早かったのでしょうね・・、こうした対策をするまでもなく、貸し切り状態でみずがき山荘にむかうことになりました(^^;。
 当初計画では、復路は不動滝、みずがき自然公園を経由してみずがき山荘に戻る予定でしたが、不動滝への登山道の残雪が多かったため断念しピストンに切り替えました。天鳥川を越えてからはガレ場続きの登山道となり、場所によってはスパイダーマン(?)のように手足を使いながら、大小の岩を乗り越えたり巻いたりして進みます。これが思いのほか時間がかかり、仮に不動滝、みずがき自然公園を経由したら最終のバスに間に合ったかどうか・・。結果としてはピストンに切り替えてよかったかもしれません。
 今回は帰りのバスの時間もあり、山頂であわただしくランチを済ませての下山となりましたが、正直、もう少しゆっくりと景色を楽しみたかったかったなぁ~。が、バス利用だと時間がタイトになるので、瑞牆山をもっと楽しむためにはやはりマイカーがおススメでしょうか。

登山中の画像
  • 今日のスタートは韮崎駅です。昨年の4月に茅ヶ岳に登った際に使って以来のご無沙汰です。
  • 駅の近くには派出所があり、ここで登山届を出すことができますよ(左の小さい黄色の箱)。
  • まずは、山交タウンコーチバス(増富温泉郷方面)に乗り、「増富温泉郷 」に向かいます。韮崎駅前ロータリー2番のりばからでます。昨年4月に来た時には瑞牆山に向かうハイカーの長蛇の列ができたいたのですが・・・今日は閑散としています。時間が早いからでしょうか・・。
  • 結局、韮崎駅からバスに乗ったは私一人(^^;。
  • 約1時間ほどで増富温泉郷に到着しました。
  • 山梨峡北交通のバス停は、山交タウンコーチバスのバス停から少し戻ることになります。
  • ありました!(山交タウンコーチバスのバス停)
  • すでに、8:50発のバスが待っていました。ここでもバスに乗ったは私一人(^^;
  • 約20分ほどで、みずがき山荘に到着しました~。
  • 登山道入り口はみずがき山荘の前にあります。ここで、またまたやらかしてしまいました。登山道入り口を見落とし、みずがき山荘前の林道を延々と歩いてしまいました(^^;。
  • ちなみに林道は駐車場の横を通っています。天候に恵まれたこともあり、沢山の車が止まっています。
  • 林道の途中にはゲートがあり、一般の車は入れません。
  • どんどん歩いていると、木々の間から瑞牆山が見えてきました。ごつごつ感が半端じゃないですね~、冬枯れならではのワンショットでした。
  • 遠回りをしてしまいましたが、ようやく登山道に合流できました。
  • 登って行くと大きな岩が目に入ります。
  • 岩の下には、金峰山里宮の小祠(里宮様)が祀られています。しっかりと登山の無事をお祈りしました。
  • ご参考までに、里宮様の言われ
  • ここからも、冬枯れならではのワンショット。瑞牆山って、なんだかロードオブザリングに出てきそうな山ですね(笑)
  • 登山道が凍結していますが、すべって歩けないというほどでもありません。
  • 水場(左側にあります)。
  • 富士見平に到着!ここから瑞牆山山頂まで1時間50分、まだまだ、先は長いですね~。
  • 富士見平小屋
  • 登山道は富士見平小屋の横を通っています。看板をよく見てくださいね、禁止ですよ。
  • 氷が厚くなってきました。すべりそう・・・
  • ということで、愛用のチェーンスパイクの登場です。シャキーン!
  • サクサク、いい感じで進みます。
  • ここから、天鳥川へ降ります。斜面が真っ白になっています(^^;
  • 天鳥川に到着!
  • 水量はさほど多くはありませんが、水が流れています。
  • 天鳥川を渡ると、いきなり大きな岩が目に入ってきました。桃太郎岩です。右横に小さく梯子が映っていますが、これから進む登山道にかけられた梯子です。それにしてもでかい・・(^^;
  • 桃太郎岩を過ぎると、山頂近くまで、これでもかというくらいガレ場が続きます。赤テープがなかればどこが正規ルートなのかもわからないような箇所もありました。
  • 手も使いながら黙々と・・スパイダーマンになった気分です。
  • 鎖場
  • 大ヤスリ岩かと思いましたが、実際は違います。大ヤスリ岩はこの岩の奥になります。ただ、この岩を眺められる場所に来れば、山頂はもうすぐです。
  • 振り返ると視界がひらけていました。
  • でかい!
  • 鎖場
  • 小川山林道(不動滝)への分岐。瑞牆山まではあと10分!
  • 振り返っての一枚。
  • 雪がだいぶ残っています。 固くしまった雪で歩きやすいです
  • ツララがありました。
  • 山頂に到着しました!\(^o^)/
  • 標柱の後ろは断崖絶壁になっており、おそるおそるのぞき込むと、大やすり岩がみえました。
  • 山頂の様子
  • 快晴で、素晴らしい眺めです。こちらは、南アルプス方面
  • ズーム!
  • 北岳
  • 金峰山方面
  • 八ヶ岳方面
  • ズーム!
  • 残念ながら、富士山は雲に隠れています。
  • 頭が少し見えていますが。。。
  • もう少しいたかったのでうが、バスの時間もあり、ランチを済ませたのちに下山開始。振り返っての一枚、空が青い!
  • 滑らぬように気を付けながら・・
  • 小川山林道(不動滝)への分岐に戻ってきました。復路は、不動滝、みずがき山自然公園を経由して思っていましたが、雪がまだ深そう・・ということで、往路と同じコースで戻ることにしました。
  • 大やすり岩の下を巻くように下りていきます。
  • 途中、木の間から
  • 雲のとれた富士山が!
  • 再び、天鳥川
  • 行きは気がつかなかったのですが、里宮様の手間に下山道の道標がありました。里宮様の前を通らないようです。
  • ここを下っていくと
  • 林道にでます。
  • 振り返っての一枚、上りと同じ場所ですね
  • 今度は林道を行かずに、斜面を下って林の中を抜けます。
  • みずがき山荘が見えてきました!
  • 2時20分発ですが、バスがすでに来ています。
  • みずがき山荘の前の登山道入口の道標・・なぜ、これを見落としたのでしょう・・(^^;
  • ここでもバスに乗ったは私一人(^^;
  • 1時間半ほど、バスに揺られて韮崎駅に戻ってきました。
  • 帰りの電車まで少し時間があったの駅前でぶらぶらと。富士山がよく見えます。
  • 大村先生は韮崎のご出身だったのですね!
  • 約9分遅れ、電車がきました。臨時の「ビューやまなし号」です。乗り換えなしで一本で帰れますよ~♪お疲れ様でした。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、カップ
参考になった 9

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、こんにちは。

    瑞牆山ピストン、お疲れ様でした!
    巨大な岩や、山頂からの眺めは最高ですね。
    大昔、学生時代に登ったのを懐かしく思い出しました~。

    GW前に雪のアルプスを見ると血が騒ぎますが・・・、
    やはり、日帰り&温泉コース路線でのんびり過ごしたいと思います!

    ところで、謹慎無しで済んだ様で・・・、良かったですね!(笑)

  • すてぱん さん
    ぼっけもんさん、こんにちは
    快晴の瑞牆山、いいですねー

    ところで帰りに増富温泉には立ち寄られなかったのですか?
    なかなかいい温泉だったと記憶しています
    でも、バス便がネックですかね

  • すー さん
    ぼっけもんさん、こんばんは!

    瑞牆山、お疲れ様でした。いつも公共交通機関の不便さをものともせず、どんなところまでも
    行ってしまうのですごいなぁ!と感心してしまいます。めんどくさがり屋の私は見習うところが
    多いです。
    瑞牆山、百名山、やはり眺望がすごいですね。ぜひ行ってみたいです。日帰りも可能そうですね。
    駐車場も写真を拝見する限り、広そうな気がしますが。
    山頂でゆっくりしたい気持ち、よくわかります。いつも下山時は後ろ髪ひかれる思いですよね。(笑)

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん、こんばんは♪

     コメント、ありがとうございました。本当に天候に恵まれて、富士は雲に隠れていましたが、これぞ「ザ快晴!」という感じの天気でした。雪のアルプスのアルプスを見て血が騒ぐとは、さすが「山屋」のガバオさん(笑)。

     さて、なんとか謹慎蟄居は免れました(汗)。

     今回はとにかく「トラブルなく&安全に&早い時間に帰る」ということ目標にして、いつもなら間違いなく行っていたであろう不動滝をやめ、休憩の際には財布を確認し、帰りは温泉にも入らず直帰。

     信頼回復・・・しばらくかかりそうです。。

     ぼっけもん拝

  • ぼっけもん さん
    すてぱんさん、こんばんは♪

     コメント、ありがとうございました。

     バスを使ったので慌ただしかったのですが、天候に恵まれ、非常に気持ちのいい山行となりました。仰せの通り、増冨温泉はいい温泉ですよね~。予定バスより早いバスに乗ることができたので、途中で増冨温泉に立ち寄ろうかと心が揺れ動いたのですが・・・、

     例の事件からまだ1週間、ここは姿勢が大事と思い、心を鬼にして真っ直ぐ帰りました(あぁ~ここまで来てもったいないと心の中で叫びながら)

     しばらく修行僧のような山行が続きそうです(笑)。

     ぼっけもん拝

  • ぼっけもん さん
    すーさん、こんばんは♪

     コメント、ありがとうございます。すーさんをはじめ、ガバオさん、すてぱんさんの励ましで、へこたれることもなくこうして山歩きができています。本当に、ありがとうございました。

     瑞牆山には出来ればマイカーで行きたかったのですが、一昨年8月の蛭ヶ岳山行で車をぶつけて以降、もっぱら公共交通機関が私の足になっています。実はこちらも信頼回復途上で、私もものすごいめんどくさがり屋なのですが、選択の余地なしということで・・(汗)。

     ご参考までに、駐車場は、写真でとった山荘の近くと、みずがき山自然公園にもあるようです。公園のほうは林道がまだ冬季閉鎖中で使えないようです。日帰りでも十分に可能だと思いよ。是非、あの大やすり岩&眺望を見に行ってみてください♪

      ぼっけもん拝

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    積雪1.2cm、薄っすら白い程度です。稜線は風が強い日が続いています。冬山装備でお越しください
    21年01月03日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 9

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...