登山記録詳細

雪山登山
参考になった 7
残雪期の笈ヶ岳 笈ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

おこじょ さん
  • 日程

    2017年4月30日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:白山ホワイトロード料金所手前の白山自然保護センターに駐車
    ※白山ホワイトロードはこの時期、白川郷からは通行不可

  • 天候

    晴れ
    [2017年04月30日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

04:30 駐車場出発
04:53 野猿広場 ジライ谷渡渉
05:41 大岩
07:16 尾根合流地点(分岐)
07:50 冬瓜山(かもうり)
08:30 シリタカ山
09:15 稜線合流
09:58 笈ヶ岳
10:21 下山開始
11:20 冬瓜平へ向かう分岐
12:35 尾根合流地点(分岐)
15:05 野猿広場 ジライ谷渡渉
15:44 駐車場

~DIY GPSデータ~
平面距離 13.5km
沿面距離 14.5km
記録時間 11:22
最高高度 1845m
最低高度 593m
累計高度(+) 1994m
累計高度(-) 1959m
平均速度 1.2km/h


総距離 約13.6km 累積標高差 上り:約2,124m
下り:約2,127m
白山自然保護センターに、東海北陸道 白鳥インター、大野、白峰経由で12時に到着。駐車場は車を止める場所に迷うほどの満車。車中泊。3時30分を過ぎてから周りがざわつき始めたので、寝ていられなくなり、4時過ぎにヘッドライトをつけて出発。

ジライ谷の渡渉は岩と岩をジャンプで難なく切り抜ける。この日は余裕だったが、大雨の後の水量が増すときは渡れない場合があるかもしれない。雪渓がすぐ上に残っていたので、その場所を渡渉できるかもしれないが、確認できていない。

ジライ谷渡渉後の急登は、崖を登っているようなほど急で、手やロープを使って登る場面が何度も出てくる。しっかりと踏み固められた登山道を進むが、痩せた尾根を進むため、足を滑らせると、命にかかわる怪我をする。下山時は、足に疲労が溜まり、踏ん張りにくくなっているので細心の注意が必要。上の方を歩いている人の落石も危ない。ゆっくり上ってゆっくり下るのがよい。

冬瓜山の痩せ尾根は、問題なく進めるが両サイドが崖の為、越えるときは慎重に。

アイゼンは付けたり外したりしていたが、冬瓜山を過ぎた後は付けっ放しになった。そして待ち受ける下った後の登り…。シリタカ山の頂上から標高をグンと下げ、また怒涛の登りが待ち受けていた。

 景色は最高で、雪山の感動を存分に味わえる。何よりも白山がすばらしく、見とれながら歩ける。

 頂上は雪がなく、スペースが狭い。この日、頂上は満員御礼だった。

 帰りのジライ谷の渡渉は、日中の暖かい気候で雪が解け、水量が登るときよりも多く濁っていた。



 難攻不落の藪山が隙を見せるこの時期、その隙をついて攻めに行ったら、なんとも素晴らしい景色を見せてくれた山だった。晴天にも恵まれ、なにより、岐阜、富山、石川の県境に立てたことが魅力的だった。往復10時間以上の非常にハードな登山になり、後半バテバテになった。完全な雪山の為、アイゼンは必須、ピッケルはあったほうが良い。

登山中の画像
登山画像
ヘッドライトを付けて出発
登山画像
トンネルの中
登山画像
ジライ谷の渡渉
登山画像
急登中の巨石
登山画像
太陽登場
登山画像
雪が出始めるアイゼンを付けなくても進める
登山画像
分岐を過ぎてからの白山の景色が素晴らしい
登山画像
常に白山が素晴らしい
登山画像
冬瓜山の頂上へ崖を登る
登山画像
冬瓜山の痩せ尾根
登山画像
冬瓜山から見た笈ヶ岳
登山画像
冬瓜山から下り
登山画像
また登る
登山画像
シリタカ山の頂上へ
登山画像
シリタカ山からの白山
登山画像
笈ヶ岳がだんだん近くなる
登山画像
いやまだやなぁ
登山画像
シリタカ山から高度を下げる
登山画像
油断ならないピッケルの必要性を感じる
登山画像
稜線に向けて急登
登山画像
稜線に出たら風が激しく吹く
登山画像
振り返ればいつも白山
登山画像
辛い登り
登山画像
小笈ヶ岳
登山画像
小笈ヶ岳を過ぎると本物のピークが
登山画像
笈ヶ岳までの最後の登り
登山画像
頂上は満員御礼
登山画像
頂上からの白山
登山画像
大笠山
登山画像
そろそろ下山開始
登山画像
暖かくなり雪が柔らかくなる
登山画像
清水平
登山画像
帰りも登りが続く…
登山画像
辛くなり冬瓜平に進路変更
登山画像
トンネルを抜け駐車場へ
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

関連する登山記録

もっと見る

おこじょ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!