登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
終活登山23 武尊山(上信越)
img

記録したユーザー

独りぼっち さん
  • 日程

    2017年6月2日(金)~2017年6月3日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:沼田駅から川場循環バス「川場温泉口」・・・30分位で790円
    旭小屋まで約2時間30分

  • 天候

    6/2雨後晴れ 6/3晴れ(山頂付近は雲の中)
    [2017年06月02日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

2)川場温泉口(11:05)・・・旭小屋(13:15)
3)旭小屋(05:25)・・・川場野営場分岐(06:30~45)・・・前武尊(08:30~45)・・・中ノ岳(09:50)・・・武尊山(10:17~10:25)・・・剣が峰山(11:19)・・・西峰(12:02)・・・高手山(13:10~20)・・・駐車場(13:45)・・・鉱石山分岐(14:40)・・・ふじやまの湯(14:45)・・・健康村(15:00)


総距離 約27.2km 累積標高差 上り:約1,924m
下り:約1,827m
6/2
「旭小屋」までの道のりは長い。最寄りのバス停は「川場温泉口」。ここから「奥利根湯けむりライン」と名付けられた車道を歩く。単調な車道を延々と約2時間歩くのは非常に辛い
「旭小屋」は立派で2室。どちらを選んでも大差ないが薄汚れた布団がある方を使えばお得感が出る。トイレは歩いて1分位の離れ。この時は季節外れのため使用不可。水は丸木橋を渡った沢を使う。
6/3
登山道は小屋の左手の方。古典的な修験道の道らしいが、手入れは余りされていない。篠が伸び始めているので2、3年後には歩くのに苦労するかも。尾根までは急坂が続き、尾根にたどり着いてからは緩やかな道が「川場野営場」の分岐点まで続く。ここからは急坂の上に木の根が張り出していたり、露岩が増えたりして登りにくい。「不動岳」は道標が無いため気づかないうちに通り過ぎた。
鎖場は初めが下りで5~10m位、次がトラバースで10~15m位で2箇所、最後に下りで10m位。ここは荷物が大きいとつかえてしまい非常に動きにくい。また、日影のため湿っているから鎖をしっかり使わないと滑るので要注意。鎖場の通過にかかった時間が25分位(メンバーの技量と人数次第で多少上下する)。鎖場の先がやや広いテラスとなっていて大人数では休めないが10人位なら立った状態で休憩可。
この先も露岩帯やナイフリッジがあって気を抜けないが鎖場が無い分だけ気楽。水場は「南岳の分岐点」を過ぎ5分もしない所。パイプを通しての水なので水量は決して多くないが割と使える。この先、残雪帯が多く、ルートファインディングに苦労する。雪が溶けてしまえばどうって事無い道。「武尊山」の手前の登りや少々急だが10分もかからない。山頂は大人数で長い休憩を取れるほどお世辞にも広いと言えない。
「剣が峰山」への下りは岩屑の道。小ピークを幾つか過ぎて短いながらも急坂を5分ほど登った所が「剣が峰山」。こちらは大変狭くノンビリ休める所では無い。
「西峰」にかけては所々にベンチが現れ、天気が良ければノンビリ歩きたい。
「高手山」までは緩やかな斜面。「高手山」の山頂はこれといった特徴が無い。強いてあげれば可愛らしい『祠』が1つあるだけ。
キャンプ場まで長いように感じるが、実際に歩いてみると30分とかからない。山道から舗装道路に出会うまで20分位、バンガロー群が出てくるまで5分位。大きな駐車場に出るまで5分位。
バス停まではとにかく長い。目印となる建物や標識が殆ど無いので気疲れする。途中にあるペンションで全体の2割。急カーブの標識が1~10まであってこれが終了して全体の6割。「登山学校」「川場牧場」の標識で8割。「フジヤマの湯(日帰り温泉)」で9割。ここからバス停まで15分位。バスは1時間に1本しか無いので時間を確認したら近くの「健康村」で入浴すると良い。入浴料360円は非常に良心的(世田谷区の皆さんありがとう)。

登山中の画像
登山画像
旭小屋の駐車場
登山画像
旭小屋への指導標
登山画像
丸木橋がちょっと怖い
登山画像
左側の部屋の内部(奥)
登山画像
左側の部屋の内部(手前)
登山画像
右側の部屋の内部(手前)
登山画像
右側の部屋の内部(奥)今回はこちらを使用
登山画像
旭小屋の外観(全体)
登山画像
旭小屋の外観(正面)
登山画像
修験道の跡①避難場所に使える
登山画像
シャクナゲがひっそりと
登山画像
鎖場①下り スタンスは十分
登山画像
鎖場②トラバース スタンスは十分
登山画像
鎖場③下り 狭く荷物が引っかかりやすい
登山画像
修験道の跡②避難場所には不適
登山画像
シャクナゲ②
登山画像
前武尊の展望
登山画像
富士山がうっすらと見える
登山画像
大和武尊の像
登山画像
前武尊にて
登山画像
中岳の途中にある露岩地帯初心は要注意
登山画像
中岳南部の分岐点
登山画像
割と分かり易い
登山画像
中岳の水場結構使える
登山画像
武尊山山頂雲の中なので展望皆無
登山画像
武尊山の石碑
登山画像
展望は無し
登山画像
剣が峰山の山頂これも展望無し
登山画像
西峰山頂下の方しか展望無し
登山画像
一応ベンチがある休憩地にはなる
登山画像
高手山山頂展望皆無
登山画像
高手山山頂にある祠
登山画像
このゲート越える
登山画像
よく分からないが多分キャンプ場
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、シュラフ、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 低周波治療器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

独りぼっちさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

独りぼっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!