ヤマケイオンライン ニュース

お得な観光パスで、森吉山の樹氷を満喫しよう! 北秋田市で「森吉山観光パス」が発売中

2019年01月31日(木)

北秋田市の花の百名山・森吉山とその周辺を気軽に楽しむことができる「森吉山(もりよしざん)観光パス」が2019年3月3日まで販売されている。

森吉山は、秋田県の中央北に位置し、標高1454mの向岳を主峰とした、一ノ腰、石森、ヒバクラ岳などの外輪山に囲まれた成層火山。山頂は360度のパノラマで、天気に恵まれれば、鳥海山などの北東北の名山のほか、日本海まで見渡すことができる。雪の多い森吉山では、冬には樹氷が発生する。阿仁ゴンドラを使えば、山頂駅から5分で樹氷原というのが魅力で、雪山の経験が少なくても、巨大な樹氷を間近に見る体験ができる。

「森吉山観光パス」は観賞ポイントへのアクセス(秋田内陸縦貫鉄道、乗合タクシー)と阿仁ゴンドラがセットになった観光パスポート。平日往復の利用で、最大1人1,500円の得になるという。特典の「ちょこっとサービス」として提携施設でドリンクサービスや割引などもある。

詳細については以下のほか、秋田県観光総合ガイドのウェブサイトへ。また、樹氷観賞の詳細については、森吉山阿仁スキー場のウェブサイトを閲覧のこと。

 

■「森吉山観光パス」概要

利用期間:2019年1月5日(土)~3月3日(日)
※有効期間は、購入の際に記載される利用日のみ
内容:阿仁ゴンドラ(山麓駅舎 - 山頂駅舎 1往復)+秋田内陸線(鷹巣駅 - 角館駅 全区間乗り降り自由。ただし急行料金は含まない)+乗合タクシー(阿仁合駅 - 阿仁スキー場、 1往復、1時間前までに要予約)
料金:大人(中学生以上)4,800円 小人(小学生)2,400円 幼児 無料!
営業状況の問合せ:
秋田内陸線(秋田内陸縦貫鉄道) TEL 0186-82-3231
阿仁ゴンドラ(森吉山阿仁スキー場) TEL 0186-82-3311
タクシー予約先:
阿仁タクシー TEL 0186-82-3115
森吉山観光パス販売窓口:
秋田内陸線 鷹巣駅 TEL 0186-63-0643
角館駅 TEL 0187-54-3758 ほか7ヶ所
詳細URL:https://www.akitafan.com/archive/events/27870/

 

■お問い合わせ

北秋田市観光物産協会
TEL 0186-62-1851(9:00~17:00)
森吉山二次アクセス運営協議会事務局(北秋田市役所商工観光課内)
TEL 0186-62-5370(平日8:3017:15)

最新のニュース

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。