双六小屋からの現地情報 双六岳・鏡平・小池新道周辺の情報

6/10より営業を開始しました。例年並の残雪があります

双六小屋

▲双六小屋テント場から笠ヶ岳、抜戸岳を望む(19.06.12 双六小屋)

天気・気温

06/14(金) ---

周辺状況

3月、4月にたくさんの雪が降ったためか、例年並の残雪があります。
小池新道入口から双六小屋までの登山道のほとんどが雪に覆われています。
非常に多くの残雪があるので、十分な装備と経験が必要です。

登山道

わさび平の先、小池新道入口の手前の林道に大きな雪のデブリがあります。
その先、小池新道入口から双六小屋までのほとんどが雪で覆われており登山道はほぼ出ていません。

雪が多いので、秩父沢の橋もまだ架けることができません。
橋が架かるまでは、十分に高巻きして雪渓の厚いところを選んで渡ってください。
沢の水は非常に冷たいので、無理に渡って沢に落ちると心臓麻痺を起こします。絶対に無理はしないでください。

シシウドシシウドヶ原~大ノマ乗越への道を使う方がいますが、これからの時期は、落石が非常に多く、土砂崩れがありますので、絶対に通らないでください。

鏡平~双六小屋の弓折岳トラバースは急斜面に雪渓が残っているため、危険です。
案内板や赤や黄の目印を目安にして弓折岳中段から弓折岳山頂へ直登する弓折岳春道をお進みください。

稜線は、左俣谷側は雪庇を踏み抜く危険がありますので、できるだけ双六谷側を歩くようにして下さい。赤と黄色の目印を参考にしてください。

双六岳へ向かう直登ルートは急斜面に雪渓が残っており危険ですので、中道を経由して双六岳春道を使い双六岳台地に出てください。
詳しくは双六小屋でお尋ねください。

装備

アイゼン、ピッケル、防寒具、ニット帽、手袋、地図、コンパス、高度計、サングラスなどは必ずお持ちください。

注意

雪道を歩くことに慣れていない方やルートファインディングできない方は、鏡平山荘やわさび平小屋が営業を始める7月10日以降にされた方がいいです。

梅雨時期ですので、天候予報を十分確認の上、悪天候時は無理な行動は絶対に控えてください。
今の時期は落石も多く、豪雨による土砂崩れが毎年発生しており、大変危険です。
また、雪の上ではガスが出やすく、ガスが出ると目の前が真っ白になり、どこを歩いているか分からなくり、道に迷い遭難します。絶対に無理はしないでください。

その他のお知らせ

鏡平山荘、黒部五郎小舎、わさび平小屋は7/10(水)からの営業です。
※7月10日頃までは、登山者の方が全くいないと言ってもいいほど、いません。

今の時期に双六小屋を利用される方はご予約をして頂くか前日でも当日でも構いませんので連絡をして頂けると助かります。どうぞよろしくお願い致します。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

双六小屋周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 双六小屋テント場から笠ヶ岳、抜戸岳を望む
  • 双六小屋の冬期避難小屋の場所について
  • 小池新道入口より(奥に見えるのはオオノマ岳、弓折岳、鏡平)
  • 赤い実をつけ始めたナナカマドと双六岳
  • 赤い実をつけ始めたナナカマドと双六岳
  • トウヤクリンドウ咲く双六岳
  • 双六岳中道より槍ヶ岳を望む
  • コバイケイソウ咲く双六平
  • ハクサンイチゲ咲く樅沢岳より槍・穂高連峰を望む
  • 咲き始めたハクサンイチゲやシナノキンバイ(奥の山は槍ヶ岳)
  • 双六小屋テント場の様子。奥の山は抜戸岳、笠ヶ岳。
  • 双六小屋前から望む紅葉する鷲羽岳の山肌
双六小屋

連絡先:0577-34-6268  現地連絡先:090-3480-0434
営業期間
6/10~10/20
関連山域

ユーザーからの双六岳・鏡平・小池新道周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

関連のモデルコース

  • 槍ヶ岳の絶好の展望台
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 12時間45分 1泊2日
    新穂高温泉・・・ワサビ平小屋・・・鏡平・・・弓折乗鞍・・・双六小屋・・・樅沢岳・・・双六小屋・・・弓...
  • 双六岳 前夜泊1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 14時間 1泊2日
    【1日目】新穂高温泉・・・笠新道登山口・・・わさび平小屋・・・小池新道登山口・・・秩父沢出合・・・シ...
  • 黒部五郎岳 3泊4日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 19時間55分 3泊4日
    【1日目】新穂高温泉駅・・・新穂高温泉・・・笠新道登山口・・・わさび平小屋・・・小池新道登山口・・・...
  • 雲ノ平(三俣蓮華岳・双六岳) 3泊4日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 21時間13分 3泊4日
    【1日目】折立・・・三角点・・・太郎平小屋【2日目】太郎平小屋・・・薬師沢小屋・・・雲ノ平【3日目】...
  • 双六岳から笠ヶ岳 2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 21時間25分 2泊3日
    【1日目】新穂高温泉・・・笠新道登山口・・・わさび平小屋・・・小池新道登山口・・・秩父沢出合・・・シ...
  • 高山植物と展望を楽しむ、伸びやかな稜線漫歩
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 23時間35分 2泊3日
    新穂高温泉・・・ワサビ平小屋・・・弓折乗鞍・・・鏡平・・・双六小屋・・・双六岳・・・三俣蓮華岳・・・...

双六小屋周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...