大杉谷登山センターからの現地情報 大杉谷・台高周辺の情報

まだ残暑が厳しい日が続いています。雨は少なめですが夕立が多くなっています

大杉谷登山センター

▲大杉谷の美しい渓谷(19.08.01 大杉谷登山センター)

津の天気予報
明日

曇時々雨
28℃ / 23℃
明後日

晴時々曇
29℃ / 22℃
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
奈良の天気予報
明日


28℃ / 21℃
明後日

晴時々曇
29℃ / 19℃
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

09/12(木) 晴れ、朝の気温2℃、日中31℃

周辺状況

大杉谷周辺は、まだ厳しい残照が続いていて、日中は30℃を超える日々です。朝は20℃前後とだいぶ過ごしやすくなってきましたが、まだ熱中症対策は必要です。
秋らしさはまだありませんが、午後は夕立が多くなっています。晴れていても雨に対する装備は必須です。

紅葉シーズンが最も賑わう大杉谷ですが、紅葉が始まるのが10月10日頃・日出ヶ岳を皮切りに、閉山(11/24予定)まで続きます。まだ今年は秋の兆しはありませんが、10月中旬以降に本格的な紅葉シーズンとなります。

【入山協力金の施行導入】
大杉谷登山道では2019年10月5日(土)~11月24日(日)の期間で、大杉谷入山協力金の施行導入を行います。詳細については、順次Webサイトにてアップしていきますので、ご確認をお願いします。登山者の皆様のご理解ご協力をお願い致します。

【登山バスについて】
登山バスは最少催行人数が4人となっています。登山バスが運行しない日は町営バスやタクシー、自家用車でお越しください。アクセス等の相談は登山センターにて受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

夏は乗車人数が集まらず、バスが運行しない場合があります。登山センターにてアクセス等の相談に応じていますので、お気軽にお問い合わせください。


現地の天気が気になる方は、Twitterにて毎朝発信していますのでチェックしてみてください。
https://twitter.com/oosugidani

登山道

全線通行可能です。滑りやすくなっているので、足元に注意です。

ただし、登山センター~登山口区間の県道は累積雨量80㎜、時間雨量20㎜を超えると通行止めになります。必ず事前に確認してからお越しください。

滑落、転倒、落石から身を守るためにもヘルメットをお持ちの方は着用しましょう。また、崩壊地周辺は落石等のリスクが高い場所ですので速やかに通行するようご協力をお願い致します。

大杉谷登山口~堂倉滝区間はストックの使用は1本までにして、片手は必ず鎖を持って通行するようにしましょう。堂倉滝~日出ヶ岳区間はストックを使用した方が快適です。

装備

水に濡れることを想定して、雨具、防水性のあるシューズを用意してください。
この時期は、雨具、ヒル対策必携

注意

雨が降ると岩場はとても滑りやすくなっています。登山道ではない場所(普段登山者が歩かない箇所)は特にツルツルなので、写真を撮る際など登山道からなるべく外れないようにしましょう。

【ツキノワグマについて】
現在大杉谷国有林内では、ツキノワグマが生息しています。堂倉避難小屋で昼食をとる際は、残飯を捨てる等の野生動物にエサとなるものを捨てる行為はやめてください。ツキノワグマだけでなく、動物が集まってきてしまいます。生ごみも含め、全てのゴミは必ず持ち帰りましょう。

【8/31発生の遭難事故について】
ニュースでも報道されている通り、大杉谷において、山小屋スタッフが行方不明となる事故が発生しておりました。9/2防災ヘリの活動終了時間が差し迫った15:00ちょうどに無事ピックアップすることが出来ました。
9/2防災ヘリの活動終了時間が差し迫った15:00ちょうどに無事ピックアップすることが出来ました。

その他のお知らせ

・大杉谷登山道は中級登山道です。初心者の方は、経験を積んでから入山しましょう。
・大杉谷登山センターより先は、携帯電話の電波が入りません。しっかりとした登山装備を整え、十分に安全を確保してから登山を行うようお願い致します。
・大杉谷登山口は駐車スペースは大きくありません。以下を参考に登山計画をおねがいします
https://www.oosugidani.jp/news/210/

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

大杉谷登山センター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 大杉谷の美しい渓谷
  • ナガレヒキガエルがじっとしていることがあるので、踏んでしまわないようにしましょう
  • 雨に濡れるイモリ
  • コアジサイが咲いています
  • ボランティア募集中です
  • オンツツジと千尋滝
  • ヤブウツギと堂倉滝と堂倉滝吊り橋
  • 新緑が美しい大杉谷
  • 粟谷小屋周辺でシャクナゲが咲き始めました
  • 新緑が美しい時期です
  • パトロールを実施して、登山道の安全確認を行いました
  • 大杉谷は、いよいよ紅葉が見頃となっています
大杉谷登山センター

連絡先:0598-78-3338
営業期間
4月中旬から11月末。 8:30~17:00まで。 (休業日は火・木と雨天時)
関連山域

関連のモデルコース

  • 尾鷲道をたどって三重県の最高峰へ
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 9時間10分 1泊2日
    駐車場・・・地蔵峠・・・又口辻・・・新木組峠・・・木組峠・・・一本木・・・マブシ嶺・・・白サコ・・・...

大杉谷登山センター周辺の関連書籍

  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...