池山林道終点

空木岳の登山口。駒ヶ根中心部から南西に延びる池山林道の終からの登山口で、ここに駐車すれば菅の台(駒ヶ根高原)と比べ1時間以上時間の短縮ができる。
なお2014年時点では、登山口(林道終点)手前で災害箇所を工事中のため終点まではアクセスできない。終点約1.7km手前の東屋がある駐車場(約10台収容)を利用する。
その場合、東屋から林道を500mほど戻ったところから登山道に入り、三本木地蔵を経て林道終点まで約30分。満車時は菅の台に駐車する。林道終点付近にトイレ、登山届ポストあり。
登山ポストトイレ

池山林道終点までのアクセス情報

バスは無いので、タクシーかマイカーでアクセスする。
マイカーの場合、中央道駒ヶ根ICから林道終点手前の駐車スペースまで約7.8km、約35分。ここから登山道を歩いて林道終点まで約30分。

最寄駐車場
池山林道終点駐車場

登山口まで約0km登山ポストトイレ

駒ヶ根中心部から南西に延びる池山林道の終点にある、約20台の駐車スペース。
なお2014年時点は登山口(林道終点)手前の災害箇所を工事中のため、終点約1.7km手前の東屋がある駐車場(約10台収容)を利用する。

池山林道駐車場

登山口まで約0.2km

東屋がある駐車場で、約10台ほどの駐車スペース。登山道へは林道を500mほど戻り、三本木地蔵を経て林道終点登山口まで進むのがよい。

タクシー情報
  • 赤穂タクシー

    0265-83-5221

  • 登山地図「ヤマタイム」
  • Yahoo!地図

池山林道終点から登れる主な山

池山林道終点からの登山ルート

  • 高山の花園と岩の殿堂
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 13時間10分 1泊2日
    駒ヶ池バス停・・・三本木地蔵・・・池山小屋・・・マセナギ・・・小池獄・・・分岐・・・空木岳・・・木曽...

池山林道終点に関連する登山記録

池山林道終点までの経路案内

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた