鷹ノ巣山たかのすやま

鷹ノ巣山

写真:打田鍈一  六ツ石山頂から鷹ノ巣山
 雲取山から東に延びる長い尾根は、石尾根と呼ばれ、小雲取山、七ツ石山、鷹ノ巣山、六ツ石山と続き奥多摩町の氷川へ下っている。
 この中でりっぱなのは七ツ石山と鷹ノ巣山だ。これらの山々は雲取山から一気に通過してしまうので単独に登られることは少ないが、鷹ノ巣山は多くの人に登られている。
 この山へは北側の日原と南の水根沢沿いに登山道がある。日原からの登山道は急で長いので下山路に使う方がよいだろう。水根沢沿いの道は静かで、沢辺に咲く草花を見ながら楽に歩くことができる。ただ、沢のツメから倉戸山、榧ノ木尾根に出るのが少しきつい。冬季、北側の日原側は雪が多く、下山でも困難をきたすことがある。そのときは往路を戻るか石尾根を氷川へ下るようにしたい。
 奥多摩駅で下車、水根から水根沢を登って、鷹ノ巣山に至り、日原に下る。約6時間30分。

DATA

山域: 奥多摩
都道府県: 東京都
標高: 1,737m
2万5千図: 奥多摩湖

※ 鷹ノ巣山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

鷹ノ巣山に行くモデルコース

鷹ノ巣山周辺の最新情報

登山口情報

  • 鴨沢 
  • 東日原 
  • 日原鍾乳洞 
  • 水根 
  • 倉戸口 
  • 峰谷 

  • 【鴨沢】
    雲取山などへ登る際に利用する登山口。鴨沢バス停のそばに公衆トイレがあり、トイレ横の電柱に雲取山方面を示す標識がある。
    民家の間を登っていくと、すぐに交番と登山届けのポストがある。
    マイカーの場合は小袖乗越の広場が丹波山村村営駐車場として整備され利用できるようになっている。

  • 【東日原】
    雲取山、鷹ノ巣山、酉谷山などへの登山口。
    天目山(三ツドッケ)へは東日原バス停から少し戻った左手に案内板がある。ちょっと分かりにくいので注意してほしい。
    バス停横に綺麗なトイレあり。

  • 【日原鍾乳洞】
    冨田新道経由での雲取山方面、天祖山方面などへの登山口。七跳尾根を経由して天目山や酉谷山方面へ行く場合、小川谷林道が通行止めになっていて利用できない(2015年10月現在)。
    日原鍾乳洞にはトイレ、駐車場あり。帰りに幻想的な鍾乳洞を見学するものおすすめ。

  • 【水根】
    水根山、鷹ノ巣山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、約50台可能の水根駐車場、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車する。

  • 【倉戸口】
    倉戸山、鷹ノ巣山方面へアクセスする登山口。JR青梅線奥多摩駅が起点となる西東京バスを利用する。奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しいので駐車台数の多い奥多摩湖に駐車して、バスを利用して出かけるといいだろう。

  • 【峰谷】
    鷹ノ巣山、七ツ石山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しい登山口が多いため、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車して、目的の登山口へはバスを利用して出かけるといいだろう。

周辺にある山小屋

  • 七ツ石小屋 
  • 雲取奥多摩小屋 
  • 一杯水避難小屋 
  • 白岩小屋 

  • 【七ツ石小屋】
    営業小屋
    場所: 鴨沢バス停から約3時間 七ツ石山南約1km
    電話: 0428‐88‐0211
    FAX: 0428-88-0930
    営業期間: 通年

  • 【雲取奥多摩小屋】
    営業小屋
    場所: 雲取山南方、五十人平
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【一杯水避難小屋】
    無人小屋
    場所: 長沢背稜・ヨコスズ尾根分岐
    電話: 042-521-2947
    FAX: 042-522-9511
    営業期間: 通年(無人)

  • 【白岩小屋】
    営業小屋
    場所: 白岩山・前白岩山鞍部
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間:

鷹ノ巣山に関連する登山記録

もっと見る

鷹ノ巣山の近くの山

鷹ノ巣山に関連する登山ツアー

鷹ノ巣山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年3月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!