硫黄岳いおうだけ

硫黄岳

写真:近藤辰郎  東天狗岳からの硫黄岳。背後右は赤岳
 南八ヶ岳の最北端に位置し、北面は夏沢峠へ深く落ち込んでいる。長野県茅野市と同南佐久郡南牧村の境にあって、北面に火山活動のなごりの巨大な火口壁を残している。南面は緩斜面の岩礫帯で、大ダルミの鞍部にかけてはキバナシャクナゲの自生地として有名で、コマクサ、ウルップソウなどの高嶺の花々が見られる。
 眺望は中央・北アルプス、北八ヶ岳の山々、浅間山、奥秩父連峰、富士山、阿弥陀岳、赤岳、横岳など、多くの山々に恵まれている。
 山名は火口から硫黄を産したことによるが、佐久地方では箕をかぶせたような山容から箕冠岳(みかぶりだけ)と呼んだ時代もあった。
 本沢温泉から夏沢峠を経て2時間強、横岳から1時間、赤岳鉱泉から赤岩ノ頭経由で1時間30分、桜平からオーレン小屋を経て4時間強の行程である。

DATA

別名: 箕冠岳(みかぶりだけ)
山域: 八ヶ岳連峰
都道府県: 長野県
標高: 2,760m
2万5千図: 八ヶ岳西部

※ 硫黄岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

硫黄岳に行くモデルコース

硫黄岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 美濃戸口 
  • 美濃戸 
  • 桜平 
  • 横岳登山口(杣添尾根登山口) 
  • 美し森 
  • サンメドウズハイランドパーク 
  • 稲子湯 
  • 本沢温泉入口 
  • 渋ノ湯 
  • 唐沢鉱泉 

  • 【美濃戸口】
    茅野駅から路線バスが運行されている美濃戸口は、八ヶ岳全域で最も利用されている登山口。
    バス停前、八ヶ岳山荘に登山補導所が併設され、登山届ポストがある。
    また登山コースの最新情報や赤岳周辺の山小屋情報が掲示されている。
    2カ所、計150台収容の駐車場があり、マイカー利用にも向く。
    前夜泊には八ヶ岳山荘と美濃戸高原ロッヂが便利。
    八ヶ岳山荘にはトイレ、食堂、売店、浴室、仮眠室があり、浴室は外来入浴もできる。
    入浴料:500円、営業時間:7時~17時(主に土日祝営業。冬期は休止日あり)。

  • 【美濃戸】
    美濃戸口から林道を約3km、3軒の山小屋があり、赤岳方面への前進基地となっている。
    最奥(東端)の美濃戸山荘前に南沢コース入口がある。北沢コースはさらに林道を歩く。
    各小屋にトイレあり。

  • 【桜平】
    夏沢鉱泉、オーレン小屋を経て夏沢峠までコースタイム1時間40分、南八ヶ岳の稜線へ最短で登れる登山口。
    アクセスはマイカーかタクシーとなるが、桜平を起点に多彩なコースも計画できることから、近年、利用者が増えている。
    桜平の最奥に設けられた駐車場の約150m手前に、夏沢鉱泉方面への林道ゲートがある。
    ゲートから登山道を少し進んだ沢の入り口付近にトイレあり。

  • 【横岳登山口(杣添尾根登山口)】
    林間の別荘地が広がる海ノ口自然郷の西部、八ヶ岳東麓から横岳へ直接登れる杣添尾根の登山口。アクセスはタクシー、マイカーに限られるが、横岳の岩稜が多彩な高山植物の花に埋まる初夏(例年6月中旬~7月中旬)は利用者が多い。ただし駐車場は小規模、マイカー利用はできれば時期や曜日を選びたい。
    駐車場の約30m南側、車道沿いに電話ボックスを利用した登山届ポストと杣添尾根登山口の標識がある。
    登山口からはしばらく別荘地内の車道を横切りながら西へゆるやかに登っていく。

  • 【美し森】
    八ヶ岳東麓から赤岳をめざす県界尾根と真教寺尾根の登山口。観音平まで続く八ヶ岳横断歩道の東側の起点でもある。
    清里の観光スポットのひとつ、美し森山の南東麓に位置し、周辺にはホテルやペンションなど宿泊施設も多い。
    県界尾根へは、バス停から車道を北へ歩く。
    真教寺尾根へは駐車場前の木段を登ってまず美し森山頂上へ向かう。
    バス停横に警備派出所と登山届ポストあり。トイレは駐車場の一角にある。

  • 【サンメドウズハイランドパーク】
    冬はスキー場、夏はパノラマリフトとユリ園が人気の高原リゾート。リフト山頂駅は真教寺尾根の標高1900m地点、桜平と並ぶ南八ヶ岳で最高所の登山口となる。
    センターハウスにトイレや売店、食堂がある。登山届ポストは山頂駅の売店前にある。お花畑の上を空中遊覧するフラワーリフトも運行する。
    パノラマリフトは4月下旬~5月上旬・5月下旬~11月上旬の運行。営業時間は9時30分~16時(平日10時~14時30分、他に時期による変動あり、8月中旬に早期営業あり)。料金は往復1200円。
    県界尾根方面に向かう場合は、ここから車道終点の大門沢林道入口までコースタイム25分だ。

  • 【稲子湯】
    北八ヶ岳東麓の主要登山口。湯治宿として親しまれている稲子湯旅館が建ち、宿の玄関前が登山道入口。
    稲子湯旅館の入口にバス停と有料駐車場、公衆トイレがあり、玄関手前の売店棟に登山届ポストが設置されている。
    八ヶ岳山麓の秘湯のひとつ稲子湯は、筋肉痛などに効果のある炭酸泉。前夜泊ならもちろん、外来入浴もできる。入浴料600円、営業時間9時~16時30分ころ。
    なお、小海駅からのバスの経路によっては稲子湯の約500m先のみどり池入口バス停からスタートすることもできる。みどり池入口バス停付近には、とくに駐車場として整備されていないが、10台前後駐車可能なスペースあり。
    みどり池入口からみどり池へは、まず唐沢橋を渡り、白駒林道をショートカットしながら、屏風橋へ向かう。唐沢橋手前のゲート近くに登山届ポストが設置されている。

  • 【本沢温泉入口】
    稲子湯の手前約1kmから南に分岐する林道沿いの登山口。
    松原湖を起点に歩かれていたコースの途中にあるが、林道が整備されて以降、タクシー、マイカーでのアクセスが便利になり、本沢温泉へ向かう代表的な登山口となっている。

  • 【渋ノ湯】
    信玄公の隠し湯として知られる奥蓼科の渋ノ湯は、八ヶ岳山麓を代表する温泉郷のひとつ。
    茅野から路線バスが運行し、四季を通じて利用されている登山口である。
    渋ノ湯バス停の100m手前に駐車場とトイレがある。バス停から渋川沿いの道を上流へわずかに進むと、登山補導所と登山届ポストがある登山道入口だ。橋を渡ったすぐ先で黒百合平、高見石への道が分岐する。
    古くから天下の霊湯と伝わる渋御殿湯の浴場は、日帰り利用もできる。入浴料800円、営業時間10時~15時。

  • 【唐沢鉱泉】
    天狗岳西麓の一軒宿の鉱泉。天狗岳へ短時間で登れる西尾根の人気が高まり、渋ノ湯と並ぶ天狗岳への代表的な登山口となっている。唐沢鉱泉前のしゃくなげ橋が西尾根登山口となる。黒百合平へは、宿の前の林道を上流側へ進む。
    登山者用駐車スペースの一角にエコトイレが設置されている。宿の前に登山届ポストあり。
    唐沢鉱泉の自然石造りの広々とした浴場は、外来入浴ができる。入浴料700円、営業時間10時~16時。

周辺にある山小屋

  • 硫黄岳山荘 
  • 山びこ荘 
  • ヒュッテ夏沢 
  • 湯元本沢温泉 
  • オーレン小屋 
  • 赤岳鉱泉 
  • 根石岳山荘 
  • 夏沢鉱泉 
  • 行者小屋 
  • 赤岳天望荘 
  • しらびそ小屋 
  • 赤岳頂上山荘 
  • 黒百合ヒュッテ 
  • キレット小屋 
  • 美濃戸山荘 
  • 唐沢鉱泉 
  • 赤岳山荘 
  • 美濃戸高原 やまのこ村 
  • 高見石小屋 
  • 稲子湯旅館 
  • 出合小屋 
  • 渋御殿湯 
  • 白駒荘 
  • 権現小屋 
  • 青苔荘(せいたいそう) 
  • 稲子小屋 D・B&b 
  • 渋・辰野館 

  • 【硫黄岳山荘】
    営業小屋
    場所: 硫黄岳・横岳鞍部、大ダルミ
    電話: 0266-73-6673(予約専用)
    FAX: 0266-78-7825
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【山びこ荘】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/上 不定休あり 要問合せ

  • 【ヒュッテ夏沢】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠
    電話: 0266-74-2728
    FAX: 0266-74-2755
    営業期間: 7/1~8/31 貸切あり要注意

  • 【湯元本沢温泉】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠北東1km
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【オーレン小屋】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠西800m、夏沢源頭
    電話: 0266-72-1279(8~20時)
    FAX: 0266-72-1296
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【赤岳鉱泉】
    営業小屋
    場所: 柳川北沢源流
    FAX: 0266-62-8600
    営業期間: 通年

  • 【根石岳山荘】
    営業小屋
    場所: 根石岳・箕冠山鞍部西
    電話: 0266-73-6673(予約受付)
    FAX: 0266-78-7825
    営業期間: 4/下~11/上(5月のみ平日休) 12/29~1/2 1~3月の週末(HP参照)

  • 【夏沢鉱泉】
    営業小屋
    場所: 桜平(登山口)から2km、夏沢峠西2km
    電話: 0266-73-6673(予約専用)
    FAX: 0266-78-7825
    営業期間: 通年

  • 【行者小屋】
    営業小屋
    場所: 柳川南沢源流
    FAX: 0266-62-8600
    営業期間: ゴールデンウィーク 6/上~11/上 12/27~1/5 1~3月の土・日曜 詳細は要確認

  • 【赤岳天望荘】
    営業小屋
    場所: 赤岳北方稜線
    電話: 0266-74-2728
    FAX: 0266-74-2755
    営業期間: 4/下~11/初 12/20~2/下

  • 【しらびそ小屋】
    営業小屋
    場所: みどり池東側
    電話: 0267-96-2165
    FAX: 0267-96-2195
    営業期間: 通年

  • 【赤岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 赤岳山頂
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 5/中~11/上 要問合せ

  • 【黒百合ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 中山峠西方500m、黒百合平
    電話: 0266-72-3613
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【キレット小屋】
    営業小屋
    場所: 赤岳・権現岳中間
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 7/中~10/中 不定休あり 要問合せ

  • 【美濃戸山荘】
    営業小屋
    場所: 美濃戸口下車 徒歩50分、柳川南沢・北沢出合
    電話: 0266-74-2728
    FAX: 0266-74-2755
    営業期間: 4/27~10/11 年末年始

  • 【唐沢鉱泉】
    旅館
    場所: 天狗岳中腹
    電話: 0266-76-2525
    FAX: 0266-76-6071
    営業期間: 4/下~1/初

  • 【赤岳山荘】
    営業小屋
    場所: 美濃戸
    電話: 0266-74-2272
    営業期間: 通年

  • 【美濃戸高原 やまのこ村】
    営業小屋
    場所: 美濃戸
    電話: 0467-87-0549(19時まで)
    営業期間: 通年 冬季不定休

  • 【高見石小屋】
    営業小屋
    場所: 高見石西直下
    電話: 0467-87-0549 
    営業期間: 通年

  • 【稲子湯旅館】
    旅館
    場所: 松原湖駅からバス35分、稲子湯下車
    電話: 0267-93-2262
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年 年数回不定休あり

  • 【出合小屋】
    無人小屋
    場所: 川俣川地獄谷・赤岳沢出合本流右岸
    電話: 0551-47-2720
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年(無人)

  • 【渋御殿湯】
    国民宿舎 民宿
    場所: 茅野駅からバス50分、終点奥蓼科下車
    電話: 0266-67-2733
    FAX: 0266-67-4467
    営業期間: 通年

  • 【白駒荘】
    営業小屋
    場所: 白駒池西岸
    電話: 0266-78-2029
    FAX: FAX兼 0267-78-2681
    営業期間: 通年

  • 【権現小屋】
    営業小屋
    場所: 権現岳西50m
    電話: 0551-36-2251
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/上 詳細は要問合せ

  • 【青苔荘(せいたいそう)】
    営業小屋
    場所: 八千穂駅・茅野駅からバス1時間、白駒池入口下車、徒歩15分、または麦草峠下車、徒歩30分 白駒池北岸
    電話: 0267-88-2082
    FAX: 0267-88-2078
    営業期間: 通年

  • 【稲子小屋 D・B&b】
    営業小屋
    場所: 松原湖駅からバス15分、稲子入口下車、徒歩1分 松原湖駅・小海駅から送迎あり
    電話: 0267-78-3710
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【渋・辰野館】
    旅館
    場所: 茅野駅からバス50分、辰野館前下車
    電話: 0266-67-2128
    FAX: 0266-67-2429
    営業期間: 通年

硫黄岳に関連する登山記録

もっと見る

硫黄岳の近くの山

硫黄岳に関連する登山ツアー

20年03月14日(土) 現地 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 ステップ3 「雪山登山Ⅰ」硫黄岳
20年03月14日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山中級A> 『赤岳鉱泉泊で白銀に染まった大展望の名峰へ  八ヶ岳・硫黄岳 2日間』 【新宿出発】 ★ガイド2名同行で大パノラマ広がる頂へ!
20年04月04日(土) 現地 ・2日間 アドベンチャーガイズ
【AGステップアップスクール】 ステップ3 「雪山登山Ⅰ」硫黄岳
20年06月04日(木) 近畿 ・3日間 トラベルギャラリー
ツクモグサ咲く ゆったり八ヶ岳縦走
20年06月04日(木) 九州・沖縄 ・3日間 トラベルギャラリー
ツクモグサ咲く ゆったり八ヶ岳縦走
20年06月06日(土) 関東 ・2日間 トラベルギャラリー
硫黄岳・横岳・赤岳と開山前夜祭
20年07月07日(火) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
安心安全富士登山 ステップ6硫黄岳
20年07月18日(土) 近畿 ・2日間 朝日旅行
【朝日旅行~ゆとりある山旅】亀田由香子ガイドの立山塾第5回 コマクサ咲く北八ヶ岳・硫黄岳(レベル3~4) テーマ:高山登頂と山小屋を体験する

関連するツアーを探す

硫黄岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ