北横岳ヒュッテからの現地情報 北八ヶ岳・北横岳周辺の情報

山麓の天気予報は参考程度にしかなりません。晴れ予報でも天候急変への備えを万全にして入山を

北横岳ヒュッテ

▲樹氷と朝陽に染まる蓼科山(20.01.16 北横岳ヒュッテ)

松本の天気予報
明日


5℃ / -2℃
明後日

曇のち雪
6℃ / -3℃
(日本気象協会提供:2020年1月24日 17時00分発表)
甲府の天気予報
明日

曇一時雨
9℃ / 1℃
明後日

曇のち雨
9℃ / 0℃
(日本気象協会提供:2020年1月24日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

01/16(木) ヒュッテ周辺(標高2,400m)最低気温-14℃~-8℃、最高気温-10℃~-3℃

周辺状況

ヒュッテ付近の積雪量は60cm前後で少雪傾向です。今週末は雪の降る日が多くなる予報が出ているので、積雪が急激に増えるかもしれません。北横岳山頂付近の樹氷が良い状態となっています。樹氷がモンスター並みに発達することを期待したいところです。

今冬は暖冬少雪傾向なので、天候の良い日が多いのでは?と思われるかもしれません。確かに今は極寒の日や大雪も無いので過ごしやすい冬となっているのですが、青空の広がる気持ちの良い日は例年よりも少なくなっているように感じます。
厳しい寒気が入り込んで最高気温が-15℃の吹雪という日もあるので一概には言えませんが、山上は寒い日の方が晴れやすく暖かい方が雲が多くなる傾向が強いので、暖冬傾向の今は晴れ難い状況となっているのかもしれません。

登山道

北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅から北横岳山頂までは好天で踏み跡がしっかりと付いていれば特に難しいことはないとは思いますが、登山中で最も怖いのが晴れから短時間で吹雪となることです。
有料で山の天気予報を確認している方を除けば、北横岳の天気予報を調べると茅野市の天気予報が表示されます。茅野市はとても晴れやすい地域なので、山麓の天気予報は登山において参考程度にしかなりません。晴れ予報の落とし穴にはまらぬよう天候急変への備えを万全にして入山されるようお願いいたします。
特に今現在は、雪原となってしまう坪庭の周遊路にルートを示すポールが設置されていないため、踏み跡が消えた視界不良の時の難易度はグッと高くなります。

装備

・日帰り登山の方でも冬山登山装備でお越しください。(装備不足は命が危険に晒されることになります)
・ピッケルをザックに付ける場合は鋭利な先端部に必ずカバーを付けてください。他人に怪我をさせてしまう恐れがあります。

・冬の北横岳を雪山初心者向けのハイキングコースと紹介されることがありますが、標高2500mに迫る山の本当の厳しさに直面した時はそれに対応できる装備や経験と知識といった能力も必要となるので、この標高の山を初心者だけで安全に登れると思い込まないようにしてください。雪に悪戦苦闘して目的地に到達できないことやルートを見失って道迷いすることもあるので、無理な行動や撤退のタイミングの判断を誤ると厳寒の山中でビバーグとなってしまうこともあります。-20℃程度まで下がる山中で一晩を過ごすことを想像するのは難しいかもしれませんが、万が一の時への対策ができていないと命を落としてしまうことになりかねません。

山の最新情報や装備についての問い合わせは現地電話(090-3140-9702)へお尋ねください。

注意

※現在の積雪量で登山道以外へ入り込むと植生破壊となります。
※国道299号線の麦草峠付近は11月14日から冬季閉鎖中です。

・北横岳が活火山であることに留意されますようお願いいたします。尚、北横岳には噴火に備えてのシェルターやヘルメット等の配備はありません。
・山の状況に対して装備不足と思える登山者が目に付きます。特に初心者を連れて来られる方は、必ず装備や力量の確認をしてから入山してください。
・夕方以降に大怪我等をされても救助活動は翌朝となります。暗くなってからの行動は昼間よりも危険となるので夕方以降は各自の能力範囲内で行動してください。
・疲労や道標の見落とし等により行程計画に対し大幅に遅れてしまうことがあります。最終目的地には15時までに到着できるような計画であることや、トラブル等へ対処するための予備時間を行程計画に入れ込むことをすすめます。
・万が一の時に備えての装備だけでなく、経験や知識等が必要となるので初心者だけでの登山は控えるようにお願いします。
・個人個人の登山能力や装備等が山の状況にそぐわない場合や体調が優れない時などは、登山計画の変更あるいは中止するなど柔軟に対応してください。
・緊急時を除き、指定地にテントを張るのがルールです。指定地以外での幕営は植生破壊となる場合があります。
・長野県登山条例で登山計画書の提出が義務化されています。

その他のお知らせ

・1月25日、2月8、15、22日は満室となりました。
・1月22日(水)、27日(月)は都合により休館します。
・上記以外の日でも急な都合により、宿泊予約をお受けできないことがあります。

・北横岳ヒュッテは標高2,400mに位置します。
・冬季の宿泊営業は複数人の宿泊予約がある場合に営業します(お一人だけのために小屋開けはできません)。
・宿泊予約の無い日は閉館しているのでご注意ください。
・当ヒュッテは外来利用できないことが多々あります。営業時でも昼食や喫茶の提供は行っておりません。
・定員制と予約人数に合わせて食材を買出しして背負い上げるので、宿泊される方は必ず予約してからお越しください。
・救助要請や非常事態の場合を除き、15時半から翌朝8時までは宿泊者以外の立ち入りをお断りしています。
・アイゼンやスノーシュー等を装着したまま建物内へ立ち入らないでください。建物内での脱着も厳禁です。


【夏期料金(6月〜9月)】
1泊2食付き 8700円
1泊夕食付き 7500円
素泊まり 5300円

【季節料金(上記宿泊料金に加算)】
4、5、10、11月:400円加算
12月〜3月:800円加算


宿泊を希望される方は「宿泊の方へ」のページも必ずお読みください。
http://kitayoko.fine.to/information

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

北横岳ヒュッテ周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 樹氷と朝陽に染まる蓼科山
  • 御来光
  • 今冬初のまとまった降雪で樹々は冬の装いに。
  • ヒュッテ付近の氷の登山道
  • 結氷の七ツ池
  • 氷下の落ち葉(七ツ池にて)
  • 山麓の紅葉と新雪の南アルプス
  • 秋盛りの双子池
  • 亀甲池の水没した登山道
  • 紅葉始まる七ツ池
  • 中秋の月夜
  • ヤナギラン
北横岳ヒュッテ

連絡先:090-7710-2889  現地連絡先:090-3140-9702
営業期間
通年 予約がない日は閉鎖
関連山域

ユーザーからの北八ヶ岳・北横岳周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 車山ビジターセンター ~霧ヶ峰
    車山ビジターセンター
    カラマツの黄葉がピークを迎えています。今朝の山頂は6℃。風吹けば真冬のような寒さです。防寒対策はしっかりと。
    18年10月28日(日)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    昨日は朝は雪でしたが昼過ぎから雨になりました。登山道の雪はバリバリのモナカ状です
    20年01月24日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    渋ノ湯登山口の積雪は40〜50cm程度。登山道は雪が締まって歩きやすい状態になりました
    20年01月17日(金)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    オーレン小屋の営業は11月3日泊まで。今週の最低気温は-2℃。お出かけの際は、しっかりとした防寒着をお持ちください
    19年11月01日(金)

関連のモデルコース

北横岳ヒュッテ周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?