阿弥陀岳あみだだけ

阿弥陀岳

写真:本橋昂明  赤岳からの阿弥陀岳
 経文に「南無西方 極楽世界 本願成就 阿弥陀仏」とあるように、阿弥陀岳は赤岳の西方に厳然とその位置を占めている。諏訪側から見たその山容は、赤岳の前に立ちふさがるかのように堂堂としている。長野県諏訪郡原村と同茅野市との境にあたる山で、北壁と広河原沢奥壁に岩場をもち、立場山(たつばやま)に至る南稜にも3つの岩峰がある。
 山名はもちろん山岳宗教に由来しており、山頂には阿弥陀如来の石像をはじめ多数の講中碑が奉じられている。展望は赤岳に勝るとも劣らないものがあり、特に赤岳や横岳の西壁がよく観察できる。
 御小屋尾根の下部にある御小屋山は、諏訪大社の御柱として伐り出すモミの御料林があるため、別名を御柱山(おんばしらやま)という。
 美濃戸口から御小屋尾根をたどると、阿弥陀岳山頂まで5時間30分、赤岳から中岳を経て山頂へ1時間強、行者小屋からは1時間30分の行程である。
 山頂部はハイマツ帯に覆われ、西の肩の摩利支天には犬返りノ岩がある。また、御小屋尾根の標高2200m付近、広河原沢側の茂みの中に、不動尊の石像があって「不動清水」と呼ぶ少量の水場がある。

DATA

山域: 八ヶ岳連峰
都道府県: 長野県
標高: 2,805m
2万5千図: 八ヶ岳西部

※ 阿弥陀岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

阿弥陀岳に行くモデルコース

  • 赤岳 阿弥陀岳 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 10時間50分 1泊2日
    【1日目】美濃戸口・・・美濃戸・・・堰堤広場・・・赤岳鉱泉・・・行者小屋・・・赤岳天望荘【2日目】赤...
  • 赤岳・阿弥陀岳(御小屋尾根) 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 11時間5分 1泊2日
    【1日目】美濃戸口・・・美濃戸・・・堰堤広場・・・赤岳鉱泉・・・行者小屋・・・赤岳天望荘【2日目】赤...

阿弥陀岳周辺の最新情報

  • 赤岳天望荘~八ヶ岳・赤岳
    赤岳天望荘
    毎日とても暑いです。水分だけでなく、塩分を持つなど熱中症対策を十分行ってください
    18年07月18日(水)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    台風の影響ほとんどなく主ルートに支障なし。濡れている岩場では足元要注意。夕立来る日もあり15時小屋着で。
    18年08月10日(金)
  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    今朝の硫黄岳山荘は、ややガスがかかっていますが、晴れています。最近、朝夕が涼しくなってきました
    18年07月25日(水)
    八ヶ岳青年小屋~権現岳・編笠山
    八ヶ岳青年小屋
    主ルート支障なし。高山植物は夏最盛期から次第に秋の花へ。予約して小屋に来れない時は連絡をお願いします。
    18年08月10日(金)
  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    最近、2回、強い夕立がありました。山の日からお盆にかけて、予約が入ってきていますので、宿泊希望の方はお早めにご連絡ください
    18年08月09日(木)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    8月18日に演奏会を開催。例年より気温高く、晴れれば25℃を超える日もあります
    18年08月10日(金)
  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    登山道上の雨の影響はほとんどなし。夕立や雷など、天候の急変に注意して行動しましょう
    18年08月10日(金)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    今週から晴れる日が多くなってきそうなので夏らしい山歩きができるようになるかもしれません。
    18年07月09日(月)
  • 車山ビジターセンター ~霧ヶ峰
    車山ビジターセンター
    立秋過ぎ秋風心地よい高原にススキが揺れ、マツムシソウやワレモコウなど秋の花が開花。日差し対策+羽織物一枚用意を。
    18年08月11日(土)

登山口情報

  • 美濃戸口 
  • 美濃戸 

  • 【美濃戸口】
    茅野駅から路線バスが運行されている美濃戸口は、八ヶ岳全域で最も利用されている登山口。
    バス停前、八ヶ岳山荘に登山補導所が併設され、登山届ポストがある。
    また登山コースの最新情報や赤岳周辺の山小屋情報が掲示されている。
    2カ所、計150台収容の駐車場があり、マイカー利用にも向く。
    前夜泊には八ヶ岳山荘と美濃戸高原ロッヂが便利。
    八ヶ岳山荘にはトイレ、食堂、売店、浴室、仮眠室があり、浴室は外来入浴もできる。
    入浴料:500円、営業時間:7時~17時(主に土日祝営業。冬期は休止日あり)。

  • 【美濃戸】
    美濃戸口から林道を約3km、3軒の山小屋があり、赤岳方面への前進基地となっている。
    最奥(東端)の美濃戸山荘前に南沢コース入口がある。北沢コースはさらに林道を歩く。
    各小屋にトイレあり。

周辺にある山小屋

  • 行者小屋 
  • 赤岳頂上山荘 
  • キレット小屋 
  • 赤岳天望荘 
  • 赤岳鉱泉 
  • 権現小屋 
  • 硫黄岳山荘 
  • 出合小屋 
  • 美濃戸山荘 
  • 青年小屋 
  • 赤岳山荘 
  • 美濃戸高原 やまのこ村 
  • オーレン小屋 
  • 夏沢鉱泉 
  • 山びこ荘 
  • ヒュッテ夏沢 
  • 湯元本沢温泉 
  • 根石岳山荘 
  • 八ヶ岳山荘 
  • 美濃戸高原ロッヂ 
  • 唐沢鉱泉 

  • 【行者小屋】
    営業小屋
    場所: 柳川南沢源流
    電話: 0266-62-8100
    FAX: 0266-62-8600
    営業期間: ゴールデンウィーク 6/上~11/上 12/27~1/5 1~3月の土・日曜 詳細は要確認

  • 【赤岳頂上山荘】
    営業小屋
    場所: 赤岳山頂
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/上 要問合せ

  • 【キレット小屋】
    営業小屋
    場所: 赤岳・権現岳中間
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 7/中~10/中 要問合せ

  • 【赤岳天望荘】
    営業小屋
    場所: 赤岳北方稜線
    電話: 0266-58-7220
    FAX: 0266-53-4121
    営業期間: 4~11/初 12/20~2/20

  • 【赤岳鉱泉】
    営業小屋
    場所: 柳川北沢源流
    電話: 0266-62-8100
    FAX: 0266-62-8600
    営業期間: 通年

  • 【権現小屋】
    営業小屋
    場所: 権現岳西50m
    電話: 0551-36-2251
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/上 詳細は要問合せ

  • 【硫黄岳山荘】
    営業小屋
    場所: 硫黄岳・横岳鞍部、大ダルミ
    電話: 0266-73-6673(予約専用)
    FAX: 0266-78-7825
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【出合小屋】
    無人小屋
    場所: 川俣川地獄谷・赤岳沢出合本流右岸
    電話: 0551-47-2720
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年(無人)

  • 【美濃戸山荘】
    営業小屋
    場所: 美濃戸口下車 徒歩50分、柳川南沢・北沢出合
    電話: 0266-58-7220
    FAX: 0266-53-4121
    営業期間: 4/27~10/7 12/26~1/9

  • 【青年小屋】
    営業小屋
    場所: 編笠山北東方・ノロシバ鞍部
    電話: 0551-36-2251
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/上 詳細は要問合せ

  • 【赤岳山荘】
    営業小屋
    場所: 美濃戸
    電話: 0266-74-2272
    営業期間: 通年

  • 【美濃戸高原 やまのこ村】
    営業小屋
    場所: 美濃戸
    電話: 0467-87-0549
    営業期間: 通年 冬期不定休

  • 【オーレン小屋】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠西800m、夏沢源頭
    電話: 0266-72-1279
    FAX: 0266-72-1296
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【夏沢鉱泉】
    営業小屋
    場所: 桜平(登山口)から2km、夏沢峠西2km
    電話: 0266-73-6673(予約専用)
    FAX: 0266-78-7825
    営業期間: 通年

  • 【山びこ荘】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/上 要問合せ

  • 【ヒュッテ夏沢】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠
    電話: 0266-58-7220
    FAX: 0266-53-4121
    営業期間: 7/1~8/31 貸切あり要注意

  • 【湯元本沢温泉】
    営業小屋
    場所: 夏沢峠北東1km
    電話: 0266-72-3260
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【根石岳山荘】
    営業小屋
    場所: 根石岳・箕冠山鞍部西
    電話: 0266-73-6673(予約受付)
    FAX: 0266-78-7825
    営業期間: 4/下~11/上(5月のみ平日休) 12/26~1/2 1~3月の週末(HP参照)

  • 【八ヶ岳山荘】
    営業小屋
    場所: 茅野駅からバス40分、美濃戸口下車
    電話: 0266-74-2728
    FAX: 0266-53-4121
    営業期間: 通年

  • 【美濃戸高原ロッヂ】
    営業小屋
    場所: 美濃戸口 茅野駅からバス40分、美濃戸口下車、徒歩2分
    電話: 0266-74-2102
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【唐沢鉱泉】
    旅館
    場所: 天狗岳中腹
    電話: 0266-76-2525
    FAX: 0266-76-6071
    営業期間: 4/下~1/初

阿弥陀岳に関連する登山記録

阿弥陀岳の近くの山

阿弥陀岳に関連する登山ツアー

阿弥陀岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年8月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
NEW グレゴリー「ディバ」を雨の2000m峰でチェック!
グレゴリー「ディバ」を雨の2000m峰でチェック! 今回のモニターは登山歴22年の山崎さん。フィット感が良く、「30ℓのザックを背負っているような軽さ」を感じたそうです。
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...