秦野ビジターセンターからの現地情報 丹沢・塔ノ岳・大倉尾根周辺の情報

3/21の雪で鍋割山稜や表尾根が白く染まりました。里はツクシが出たりして春めいていますが、山中はまだ油断禁物です。

秦野ビジターセンター

▲鍋割山稜や表尾根が白く染まりました。(17.03.22 秦野ビジターセンター)

天気・気温

03/24(金)

周辺状況

3/21の雨は高標高域では雪となり、鍋割山稜や表尾根が白く染まりました。

【自然情報】秦野ビジターセンター周辺 3月19日
3連休の中日!春らしいポカポカ陽気で大勢の登山者の方、公園利用者の方で賑わっていました
トイレの看板更新のついでに公園内の情報収集に行ってきました。
ツクシが出ていました。まさに春を感じた瞬間!
ヒメオドリコソウが小さなピンクの花を公園のいたるところで咲かせていました。
ミミガタテンナンショウは人気のない所でひっそりと・・・(花は大きな苞に包まれています)
・ノジスミレスミレは道の隙間でも元気いっぱいに咲いています。
・早春に見られるテングチョウを確認
・野鳥のメジロが目白押し! サクラの蜜を吸いにきていました。
生き物の活動も活発になってきたようです。
春の訪れを感じる一日でした。

【登山・自然情報】二ノ塔から三ノ塔 3月18日
山看板の掲示物更新と登山道トークに行ってきました。
暖かな土曜日で午前中は天気も良く、たくさんの登山者に出会いました。
コース:二ノ塔登山口~二ノ塔~三ノ塔です。
午前中は暖かな陽気で、登山日和でした。
・二ノ塔山頂手前にビジターセンターで情報発信している看板があります。
このあたりは、大山や相模湾の見晴も良いので、 休憩がてら、ぜひ見てみてください。
他にも、看板は二ノ塔登山口と三ノ塔山頂にあります。ヤビツ峠の掲示板にも、一部掲示しています。
・登山道上に雪はありませんでしたが、登山道脇には部分的に雪が残り、足元はグチャグチャの所が多数!スパッツがあると良いですね。
グチャグチャの所を避けて通りたくなりますが、登山道でない所歩くと、踏圧で植物が生えなくなってしまうので、登山道を歩くように、お願いいたします。
・三ノ塔山頂からは、丹沢の山並や富士山が一望できます。
今日の富士山は、下の方の雪だけが見えていました。
三ノ塔山頂ではニホンジカの糞を見つけました。人がいない時に来ているのですね。
ケヤマハンノキの花が見頃でした。目立たないですがマッチ棒の先みたいな赤い雌花序と細長い雄花序が並んでいます。
・コガラはふっくらとしてお団子みたいに羽を膨らませていました。!?
・ダンコウバイ 今回のルートから少し標高を下げると、ダンコウバイやフサザクラ、アセビなどの花が咲き始めていました。日に日に標高を上げていくことと思います。
・その他観察した生き物
《野鳥》キジバト、コゲラ、ミソサザイ、ツグミ、ルリビタキ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、イカル など
春を感じる山行でした。

●天気 大倉(標高290メートル)
3/22 晴 気温8.7℃(8時40分)
3/19 晴 気温11.2℃(8時45分)

登山道

3/21の雨は高標高域では雪となり、鍋割山稜や表尾根が白く染まりました。
登山道には雪が残るところもあります。

●3/22積雪状況をお伝えします。
・塔ノ岳山頂
尊仏山荘さんから頂いた情報です。(3月22日 10時ごろ)
積雪:約15センチ  気温:-3度
(山頂の様子は尊仏山荘ホームページ、ライブカメラでご覧になれます)
http://www.cnet-sb.ne.jp/sonbutu/

・丹沢山山頂
みやま山荘さんから頂いた情報です。(3月22日 10時ごろ)
積雪:20~30センチ 
http://miyamasansou.com/

・鍋割山山頂
鍋割山荘さんから頂いた情報です。(3月22日 10時40分ごろ)
積雪:7~8センチ
標高1,200メートルより下はほとんど雪はない。
表面が凍結している箇所もあるため、足元には注意が必要。
アイゼンなどの滑り止めは必ず携行なさってください。

<登山道通行止め>
●「小丸尾根」通行止め
・実施作業:危険木の調査・伐倒木処理および歩道処理
・歩道・二俣小丸線周辺
・予定期間:平成29年2月1日から3月31日
鍋割山方面への登山をご計画されている方はご注意願います。
以下は詳細
http://hadanovc.blogspot.jp/

<林道・その他の情報>
●西山林道
林道入口ゲートが施錠され、車両は通行禁止。
〔問い合わせ〕秦野市森林組合

【登山道 通行止等の情報】
<神奈川県公園歩道 通行止め情報>
詳細は、神奈川県自然環境保全センターのHPをご覧ください。
神奈川県公園歩道(林道)情報 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f160396/

●バス便
神奈川中央交通ホームページ
https://www.kanachu.co.jp/index.html

装備

冬の登山装備が基本です。ルートによっては積雪、凍結に対応できるように6本爪等の軽アイゼンを携行下さい。
チェーンスパイクが役立つ時もあります。靴は防水性の高いものが必要です。
防寒・防風装備(手袋、帽子など)は必携です。
登っている時は暑いので、脱ぎ着の出来る服装をおすすめします。

注意

●登山のポイント
丹沢は交通の便がよく、気軽に楽しめる山である一方、やせ尾根や鎖場のある険しい山でもあります。毎年、遭難事故が絶えません。過信せずにゆとりある登山計画をし、装備を万全にしてお出かけください。

●万が一に備えて、登山届(登山者カード)を出しましょう。
・大倉バス停、ヤビツ峠、秦野駅、渋沢駅などには、登山者カード投入箱があります。
・オンラインでも提出できます。 http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesg0004.htm

●山岳トイレを使用した際には、トイレ紙の持ち帰りとチップ100円のご協力をお願いします。

●多くの登山者が登る大倉尾根は、大倉から塔ノ岳まで標高差が1200mあり、登りごたえのある
登山道です。足を痛める方も多いので、ご注意ください。

塔ノ岳や三ノ塔山頂は風が吹き抜けることが多く、体感温度が下がります。
休憩時は早めに防寒着を身に着け、身体を冷やさないようにしてください。

日が暮れるのが早いです。人工林内は特に暗くなるのが早いので、早めの行動を心がけ、ライトを忘れずに持参してください。

●テント設営の禁止について
丹沢は、指定地以外でのテントの設営は原則禁止となっています。指定された場所をご利用いただくか、山小屋をご利用ください。
※テントの設営は仮設工作物の設置に該当し、禁止となっています。

●県からのお知らせ 「ツキノワグマによる被害を受けないために」
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f3813/

●大倉登山口情報
・大倉周辺の駐車場は満車になることがあります。大倉まではなるべく路線バスをご利用ください。
 登山者が多い時期は臨時バスが出ることがあります。
・大倉バス停前には食堂や小売店があります。休業日にあたることもあるので、ご注意ください。
・大倉バス停前には靴洗い場、トイレ、秦野ビジターセンターがあります。

その他のお知らせ

●神奈川県立秦野ビジターセンター
大倉バス停の奥、県立秦野戸川公園パークセンターの中にあります。
http://www.kanagawa-park.or.jp/hadanovc/index.html

・開館時間 09:00~16:30 
・休館日 月曜日(祝日の場合は開館)祝日の翌日(土曜・日曜・祝日の場合は開館)。
1月~3月の第2木曜日は休館します。年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)

・アクセス
小田急線渋沢駅から大倉行きバス15分
バスの料金や時刻表はこちら → 「神奈川中央交通」http://www.kanachu.co.jp/dia/
車 東名高速道路秦野中井I.C.から約30分

●イベント
 詳細はコチラ http://www.kanagawa-park.or.jp/hadanovc/event.html
・企画展「丹沢みどころ紹介2016 ~スタッフ山行の記録から~」
開催中~3月31日(金)まで
内容:四季折々の丹沢の自然の様子をのぞいてみませんか?山行で出会った山の風景や生きものなどをご紹介します。
開館時間:9:00~16:30 ※入館無料

秦野ビジターセンター周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 鍋割山稜や表尾根が白く染まりました。
  • 夕方は雪だったようです。鍋割山稜が白く見えました。
  • 三ノ塔・二ノ塔 夕方から雪だったようです
  • 大山 夕方は雪だったようです。
  • 黄色いポンポン。ダンコウバイの花です。チアリーダーが新生活を応援しているようですね。大倉から竜神の泉まで自然観察中にみつけました。
  • 大倉から鍋割山稜を見たところ。16時40分頃です。日中ずっと曇っていたお陰でしょうか?夕方になっても霧氷がついている様子が確認出来ました。
  • ビジターセンターから見える鍋割山稜(鍋割山と塔ノ岳の間)も
雪化粧。(この時、大倉周辺は雨でした)
  • 鍋割山稜から見た丹沢主脈。
  • 鍋割山山頂の北東側の登山道には、雪が残っていました。
  • 鍋割山山頂  風が吹き抜けて寒かった 
  • 大丸直下の登山道。 階段に凍った雪が残っているので、滑らないように慎重に。
  • 午後、黒い雲が上空を覆い始め、その後にわか雪となりました。
秦野ビジターセンター

連絡先:0463-87-9300
営業期間
09:00-16:30 ◯休館日 月曜日(祝日の場合は開館) 祝日等の翌日(土・日の場合は開館) 年末年始(12月29日~翌年1月3日) 1月~3月の第2木曜日(祝日は開館)
関連山域

ユーザーからの丹沢・塔ノ岳・大倉尾根周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    山頂は日中の気温5℃程度の時もあります。北斜面に残雪があり軽アイゼンは用意しましょう。4/9は北丹沢山開き。
    17年03月20日(月)
    西丹沢自然教室 ~西丹沢
    西丹沢自然教室
    3/21標高の高い所では降雪がありました。入山には油断禁物です。4/1から県立西丹沢ビジターセンター」へ名称変更。
    17年03月24日(金)

関連のモデルコース

秦野ビジターセンター周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2017年3月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ただ軽いだけじゃない! 背負い心地が自慢のバックパックの実力
ただ軽いだけじゃない! 背負い心地が自慢のバックパックの実力 ライトウェイトを意識したグレゴリーの最新バックパック「パラゴン38」。そのこだわりの実力を、高橋庄太郎がトコトンチェック...
NEW 北欧生まれ SWIXのトレッキングポール
北欧生まれ SWIXのトレッキングポール ノルディックスキーで実績のSWIXからトレッキングポール登場。カーボンとコルクグリップで驚きの軽さ。モニター5名募集!
NEW 雪山でも! JVCエブリオR モニターレポート
雪山でも! JVCエブリオR モニターレポート JVCのビデオ「エブリオR GZ-RX670」をテスト。低温でも撮れる、電池もバッチリなど、レポートと動画をチェック!
NEW 登山技術の学びと遭難の実際は?
登山技術の学びと遭難の実際は? 登山の技術は知識を学ぶ方法は? 山岳遭難やヒヤリ・ハットとの相関関係は? 日本大学工学部嶌田研究室との共同アンケートの結...
NEW 安全登山は足元から!アウトドアソックス特集
安全登山は足元から!アウトドアソックス特集 たかが靴下、されど靴下。自分に合うアウトドアソックスを見つけて、快適に登山を楽しみましょう。最新ソックスカタログ公開中!
NEW 花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
NEW 下山の大敵! 膝の痛み対策アイテム
下山の大敵! 膝の痛み対策アイテム 山での膝の痛み、嫌ですよね。サポーターと塗り薬で不安を払拭しましょう! 山アイテムレコメン堂特別企画第1弾!
カリマーの定番「クーガー」がリニューアル!
カリマーの定番「クーガー」がリニューアル! カリマーの中・大型リュックサック「クーガー」がリニューアル。さらに背負いやすさが増したという、その秘密をチェックしよう。
独自の設計でこだわりの登山靴
独自の設計でこだわりの登山靴 独創的ウェアで有名な「モンチュラ」が登山靴を発表して2年。随所に工夫が施された「Yaru Tekno GTX」をチェック...
冬はみなかみ町でスノーシューイング
冬はみなかみ町でスノーシューイング 首都圏から近く積雪量の多いみなかみ町では、1月にイベントが開かれるなど、スノーシューが人気。詳しくはこちら!
雪が降ったらスノーシューで雪山を楽しもう!
雪が降ったらスノーシューで雪山を楽しもう! 雪が期待できそうな今シーズンは、スノーシューで極上の雪山散歩へ! おすすめエリア&ツアーをチェック!!
美しい富士山を見るオススメの場所
美しい富士山を見るオススメの場所 冬に見る富士山は空気が澄んでいるうえに、純白の衣をまとっていて特に美しい。とっておきの富士見ポイントの山を紹介