登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
2017/8/13 黒部五郎岳(飛越新道 日帰りピストン)  黒部五郎岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ビカリア大王 さん

この登山記録の行程

飛越新道登山口(06:15)・・・神岡新道出合(07:21)[休憩 10分]・・・寺地山(07:59)・・・避難小屋分岐(08:33)[休憩 15分]・・・北ノ俣岳(上ノ岳)(10:04)[休憩 15分]・・・中俣乗越(10:42)[休憩 10分]・・・黒部五郎岳(中ノ俣岳)(12:17)[休憩 45分]・・・中俣乗越(13:36)[休憩 10分]・・・北ノ俣岳(上ノ岳)(15:11)[休憩 5分]・・・避難小屋分岐(16:10)[休憩 15分]・・・寺地山(16:45)・・・神岡新道出合(17:22)[休憩 10分]・・・飛越新道登山口(18:26)

総距離 約28.5km 累積標高差 上り:約2,506m
下り:約2,506m
コースタイム 標準:14時間50分
自己:9時間56分
コースタイム倍率 0.67
100名山のうち日帰りが難しい山の一つが黒部五郎岳。かっこいいカールを持つ奥黒部の盟主に、挑戦してみることとしました。
【ルート選定】
黒部五郎岳への日帰りアプローチとしては飛越新道あるいは折立からのルートが候補にあがりました。飛越新道は別名泥沼新道、泥濘新道と言われるようにドロドロの道という噂でした。皆さん苦労されているようで、最後まで迷いましたが、夏山最盛期でもマイナールートだけに混雑がなく駐車が容易であること、折立のようなゲートがなく早朝に出発可能であること、折立から黒部五郎は往復30キロを超えるのに対し30キロ内におさまることから、飛越新道を選択しました。

【登山】
6時ころ駐車場に到着。登山開始。登っては降りのアップダウンが続きなかなか高度は稼げません。はじめは、泥沼新道とはいってもたいしたことないなぁ、と思い進みましたが、歩けども歩けども泥沼が出現します。スパッツは必須でした。スパッツをしつつも泥濘にはまります。登山道の泥沼に水芭蕉が群生していました。降雨後でありその影響も多少あったかもしれませんがペース上がりません。この泥沼は避難小屋分岐まで続きます・・・。一度木の根で転倒。泥にまみれました。

避難小屋分岐からはガスさえなければ気持ちのいい展望がひろがっているものと思われます。ここからはほぼ直登。木道(一部破損。ないよりはまし)を越えるとかなりエグれた登山道になり、歩きにくいうえにまたここでも滑る!高度は稼げますが、目標が見えずガスの中をひたすら登るのはメンタルをやられます。半死半生で北ノ股岳へ登頂。体力と弱ったメンタルを立て直します(寺地山~避難小屋~北ノ股のコースタイム設定はなにかおかしい!)。ドロドロだったので、太郎平からきた登山者2人くらいに、すごいかっこうねえ、と、言われました。あと5㎞。

ここからはしばらく平坦~下り。中俣乗越は標識がなく場所不明。黒部五郎登り気をひきしめて、との看板がでますが、登りになるのはもっと先。急な登りこそないもののアップダウンが多く、かつ目標が見えないのでペースが上がりません。何回かの頂上頂上詐欺をへて肩に到達。山頂までさらに登った時は行き倒れ寸前の状況でありました。ただ、少しだけガスがとれ美しいカールが見えてきます。雲の平、水晶も時々ガスの切れ目から見えます。これで景色がゼロなら地獄でしたが、山からご褒美をもらい元気回復。ゆっくり休み、小休止を経て炎の下山開始!!

と思いきや、北ノ股への登り返しがキツイ、キツイ。もう許してください。。
北ノ股から避難小屋までは駆け下ろうと思って往路は歩いたのですが、抉れていてまた登山者も少なく不安もあり、ペースあがらず。先に待つ泥沼がチラチラと頭に浮かびうつ状態に陥ります。

避難小屋分岐で休憩。同じくこれから泥沼に向かう登山者の方と出会い、泥沼新道での健闘を誓いあいます。少し元気がでて、寺地山まで一気に下ります。そこから泥沼が本格化。泥沼に足を取られ下れども下れども登りが出現し再度うつ状態となりますが、最後の力を絞り出し行き倒れ寸前で下山!!!

【帰途】
無事に帰れたのとなんとかカールをみたことの余韻にひたりつつ、帰りは有峰林道から富山へ抜けます。白樺ハイツというこの世の極楽、温泉にポチャリし、疲れをいやし帰宅。

【総括】
・飛越新道は歩きにくい!が、歩けないほどではない!雨さえ前日に振らなければもう少しマシだったのか。人気ないので混雑によるストレスはなく、その点捨てがたい。
・避難小屋から先の抉れた登山道も歩きにくい&直登ということで結構つらい
・もっと展望があれば・・・ね。
・日帰り黒部五郎達成も往復29キロは伊達じゃないですね。自分の弱さをかみしめ、またハードな登山に挑みたいと思います。








登山中の画像
登山画像
登山口
登山画像
泥沼開始
登山画像
寺地山
登山画像
避難小屋からの登り
登山画像
北ノ股から薬師岳
登山画像
雄大なカール雲ノ平山荘をのぞむ
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、非常食、行動食
【その他】 スパッツ必須
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ビカリア大王さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ビカリア大王 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...