登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
稲村ヶ岳 稲村ヶ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

いち に  さん

この登山記録の行程

観音峯山登山口(5:50)…観音峯山(7:10)…法力峠(8:00)…山上辻・稲村小屋(8:50)…大日山(9:20)…稲村ヶ岳(9:45)…稲村小屋(10:00-10:25)…法力峠(11:00)…観音峯山(11:45)…観音峯山登山口(12:30)


総距離 約18.3km 累積標高差 上り:約1,727m
下り:約1,727m
大峰山系を攻めよう第一弾。体力に不安があったので日帰りでさっと登れそうな稲村ヶ岳へ。

登山口の駐車場に5:45着。日の出は分厚い雲の中。薄暗い山中の気温はなんということでしょう、19℃。もしかして上着がいるのかい?なんてことが脳裏をよぎる驚愕の温度設定。うちのクーラーは28℃設定なんですけども。じっとしていたらひんやり肌寒いぐらい。

登山口の吊り橋は意外なほどに揺れます。無駄に揺らしてみました。下を流れる川の水はまさに透明。深みが少ないせいか青みがかることもなく透き通っていて、ひらひら泳ぐ魚がよく見えます。大きさからいくと岩魚でしょうか?釣りもしてみたい。

途中、石のベンチや東屋があるところからいきなり傾斜がきつくなる。ああ、ここから登山仕様なのですね。にしてもアブのような虫が鬱陶しい。牛の尻尾のようにタオルをパタパタ。パタパタパタパタ。もー!なんやねん!どこまでついてくんねん!

観音平でなぜかアブらしきヤツの攻撃が止まる。諦めよったか、虫め。

その観音平なんですけど、誰か草刈りしてくれませんか?夜露か雨のせいでびちょびちょ。シャツはぐしょぐしょ、パンツはボトボト。なんてこった。これはデフォルトなんでしょうか?全くもって想定外。

そしてまたヤツの襲撃が再開する…。結局、山上辻あたりまでついてきやがった。虫よけは必須なり。今日の一番の教訓でした。

アブのおかげでイライラしながら登る羽目に。前半の山はほとんど記憶にありません。立ち止まって休憩することもできず、いつもながらに汗ボトボトで息も絶え絶えに。

稲村小屋は涼やかな風が抜ける気持ちの良い立地。ただここもハエやら何やらがいっぱい。刺す感じではなかったのが幸い。

大日山は潰れかけのハシゴや朽ちゆく木の階段を登っていきます。蜘蛛の巣もいっぱい。それだけは本当にやめてほしかった。大自然致し方なし。そして展望なし。ガスガス真っ白。

稲村ヶ岳の頂上はまさかの展望デッキ。こんなに山奥なのに。山のてっぺんなのに。もちろん展望なし。ガスガスガス。

さて、稲村小屋の前でお昼にしましょう。まだ10時ですが。今日は初導入のストーブ。メイドインチャイナ900円なり。いいじゃないか。しっかり問題なく働いてくれました。何千円も出すのがアホらしくなるぐらい。侮るなかれメイドインチャイナ。

あとは帰るだけ。行きと同じルートで帰ります。サクサクと下っていると、それはちょうど法力峠を過ぎたところでした。ポツポツとかすかな水滴が。ガスが水滴にでもなったのかしらんと思っていたら、一気に豪雨へ。with雷。真昼なのに足元が見えにくいぐらいに暗くなり、不安が心を締め付ける。

降らないという予報を信じて来たのに。最近の天気予報はさっぱりぱりぱり…。

ザックカバーをかけて、雨具は着ずに走って帰ろう。足はすでにヘロヘロですが、何とかなるだろう。何とかしよう。雨中のやけくそトレイルラン。

観音平の濡れた藪なんてもう怖くない。すでに全身ずぶ濡れですから。走って突っ切ってやったぜ。

ヨレヨレボロボロになって登山口にたどり着いた時には、お約束のように雨はあがりました。

登山中の画像
登山画像
観音峯山登山口の吊り橋
登山画像
観音平より
登山画像
稲村小屋
登山画像
大日山
登山画像
洞川温泉(¥600)観光地化しているためか、よう…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、着替え、健康保険証、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ、カトラリー・武器
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いち に さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

いち に  さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年7月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?