登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
2017年涸沢登山学校 北穂高岳・東陵登攀 北穂高(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

遊歩道 さん

この登山記録の行程

涸沢ヒュッテ(05:57)・・・北穂沢ゴルジュ(07:08)・・・東稜下(07:48)・・・東稜上(08:17)・・・東稜降下点(09:05)・・・北穂小屋下(09:48)・・・北穂小屋(10:00)・・・北穂高岳(10:45)・・・分岐(11:15)・・・南陵取付(12:34)・・・涸沢小屋(13:34)
・・・涸沢ヒュッテ(13:50)


総距離 約5.0km 累積標高差 上り:約1,254m
下り:約1,264m
【北穂高バリエーションルート】
・穂高は花崗岩で老齢化している。東稜は持ち場がしっかりしている。
・北穂のバリュエーションルートは登攀・ルートファインディングに分けられる。
・東稜は登攀バリエーションルートだが一部にレベルの高い箇所がある。ザイルが必要なポイントが数ヵ所。高度感に慣れるため取り付きからはザイルなしで登る。
・ザイルの張り方も、岩の向こう側を通し手前に持ってこないことで、ザイルをより固定する。
・ザイルで確保している箇所は危険が少ない。むしろ、確保されていない場所で事故は起こる。確保空白が無いようにメンバー相互でチェックしあうこと。
・カラビナの架け替えなどでビレイ空白が無いようにする。
・ガイドとザイルでつながる。ガイドが先行し、一人ずつ渡った場所で待機すること、最後のメンバーはロープの回収をする。
・核心部では本谷側に下がってトラバースする箇所がある。
・降下ポイントは最初は宙づりになる。
・ザレ場では後ろ足を離すときに蹴らない。足全体をふわっと地面におく。
・岩場で滑る場合は、足を載せ滑る前に足を跳ね上げる。
・岩をリズム良く跳ねるように歩く。
・岩場ではクライミングソールよりビブラムのほうが汎用性が高い。

【事前トレーニング】
・エイト環によるぶら下がり、出来るだけ体に近づけるように装着する
・プルージップはスリングをロープに2回巻く、縫合部分がカラビナと接しないようにする
プルージップで宙づりが可能。スリングの材質、厚さで制動力が変わる。不足しているときは3重にすること
・カラビナは必ずしも安全環でなくてよい、むしろ操作に手間取る場合あり。
・ビレイループにカラビナを付けておく。
・スリングはΦ6ミリ×150ミリでダブルフィッシャーマンノットで作る。
・プルージックを架け替えるときは、ビレイループにカラビナを2コつける。
・トラバースの際はカラビナ1つロープに掛け、支点をくぐるときに別のカラビナで確保。

【実地】
・北穂沢は突き当りが崖になり登れない、沢に取り残されると落石に遭う。
・雨の日はロープが使えない、下降でロープが使えない。
・岩をつかむ前に手で押し、岩の脆さを確認すること。
・足はつま先をのせステップインする。
・雨で苔が滑り注意すること。
・西穂縦走は滝谷の徒歩コース程度の難易度がある。

【その他】
・奥穂→岳沢、奥穂→西穂、北穂→南岳のコースが本来のコース。行程標高差、鎖の設置が都合がよい。アクセスのしやすさから逆のコースを勧めがち。

【感想】
今回は雨のため、ロープワークを伴わず、まきみちにてた東稜の縦断。感想としては基本的な技術があれば十分トライは可能と思われる。
雨のため北穂沢の視界が悪く、ルートファインディングが困難と思う。
一般道で落石があり登山における人災には十分気を付けたい。
今年は残雪が多く、大変雰囲気が出ていた。

登山中の画像
登山画像
ヒュッテからの朝焼け
登山画像
北穂沢。視界ほぼ無
登山画像
どこにいるのかさっぱりわからず
登山画像
東稜への取付き(のぼりはじめ)
登山画像
ちんぐるま
登山画像
東稜登場
登山画像
東稜
登山画像
東稜
登山画像
東稜
登山画像
意外と高度感はなし
登山画像
風景はぼんやり
登山画像
足場は思ったより悪い
登山画像
風景はぼんやり
登山画像
下降点
登山画像
下降点
登山画像
こまくさ
登山画像
東稜が終わって小屋に向かって
登山画像
東稜
登山画像
東稜
登山画像
北穂高山頂
登山画像
滝谷のハイキング(西穂高縦走レベル)
登山画像
穂高周遊ルートと合流
登山画像
出合い
登山画像
東稜を望む
登山画像
ライチョウ
登山画像
南陵取り付き
登山画像
前穂高
登山画像
ヒュッテから
登山画像
ヒュッテから
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、行動食、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

遊歩道さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    登山道の一部が冬ルートに。積雪は増えていますが、例年にはほど遠い状況。
    20年01月18日(土)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    年の瀬になって冬らしい厳しい姿も。直前の天気については、燕山荘にお問い合わせを
    19年12月27日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

遊歩道 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開 5名のモニターが背負った感想をレポート! 1人目は東北から関東甲信越の山を精力的に登った「こう」さんです
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 「日本百名山」完登に関するアンケート
「日本百名山」完登に関するアンケート 『ワンダーフォーゲル』2020年4月号の企画のためのアンケート調査です。日本百名山を完登された方はぜひご協力ください
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?