登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
蛭が岳・丹沢山(塩水橋から往復) 丹沢山 蛭が岳(関東)
img

記録したユーザー

プックルファザー さん
  • 日程

    2017年11月28日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:塩水橋脇の駐車余地を利用。6:10AM着で一番乗りでした。駐車余地は帰りには満車、付近の路側帯にも車がありました。

  • 天候

    霜柱は無く、暖かい陽気でした。スタートから蛭が岳まではガス。蛭が岳登頂以降徐々にガスが晴れる。
    [2017年11月28日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

塩水橋(6:25)・・・天王寺尾根分岐(8:12)・・・丹沢山(8:45)・・・不動の峰休憩所(休憩10分)・・・蛭が岳(10:18)
蛭が岳発(10:45)・・・丹沢山(12:07)
丹沢山発(12:17)・・・天王寺尾根分岐(12:36)・・・塩水橋(13:50)


水平移動距離 約18.5km 積算標高差 上り:約2,370m
下り:約2,372m
今日は、冷え込みが無く、山はガスに包まれていました。しかし、主稜線の丹沢山から蛭が岳までは西南からの強風により体感気温は厳しいものがありました。さらに、強風が谷底から更なるガスを持ち上げ、蛭が岳頂上までは視界がかなり悪い状況でした。
今日は、「ピークハントで終わりか」と思いながら蛭が岳頂上で一休みしていると、まさかまさか、ガスが晴れだし、青空も見え出しました。感動です。遠くの山々や富士山は見えないまでも丹沢の山々は顔を出してくれました。丹沢山から蛭が岳間の素敵な稜線も姿を現してくれました。良かったです。
また、親切な女性ハイカーに雨量計までのショートカットルートを教えて頂き、整備の手が行き届いた歩き安い登山道にも恵まれ、良い一日になりました。多くのハイカーに愛されている理由もよくわかりました。
※蛭はこの時期いないと思っていましたが、山蛭に似ているコウガイビルが活動していました。元気はなかったですが、まだまだ注意が必要のようです。

登山中の画像
  • 塩水橋からスタートです。暖かいです。夏並みの服装でOKです。
  • ゲートを潜ります。
  • 林道から離れ、雨量計へのショートカット道に入りました。私の前に丹沢三峰に向かう女性がおり、この表示板を左折し、尾根に乗るよう教えて下さいました。
  • 道なき尾根歩きかと思いきや、立派な登山道でした。
  • 雨量計脇に到着。向かいが登山口となります。
  • 登山口より約20分、小休止と思い立ち止まると蛭に似た生き物がいました。素早くは動きませんが不気味でした。
  • 真新しい木段が登場しました。登山道のメンテも行われていました。頭が下がります。
  • 天王寺尾根分岐に到着。
  • 塔ノ岳方面の主稜線が少し見えました。
  • ここだけ、若干登山道が荒れています。
  • 登ってきた尾根と谷
  • 丹沢山に到着
  • 即 蛭が岳を目指します
  • ガスがますます濃くなってきました
  • 蛭が岳がよく確認できません
  • 不動の峰休憩所で休憩
  • ガスの中、蛭が岳に到着。
  • 食事をしていると、明るくなってきました。
  • ガスが取れてきました。蛭が岳まで来てよかった。
  • 丹沢山へ戻ります。振り返り蛭が岳頂上。
  • また振り返り蛭が岳。
  • 熊木沢方面
  • また振り返り蛭が岳、綺麗です。
  • 鬼が岩
  • 檜洞丸方面
  • 袖平山方向もガスが取れてきました。
  • 蛭が岳
  • 丹沢山もガスが晴れました
  • 蛭が岳、不動の峰
  • 丹沢三峰と雲海。綺麗でした。
  • 丹沢山
  • 北の方向です。遠くは奥多摩の山々でしょうか。
  • 最後の登りです。
  • 丹沢山へ到着
  • 塩水橋を目指し、下山します。
  • 大山の方向
  • 塔ノ岳方面
  • 下る天王寺尾根
  • 天王寺尾根分岐。朝は左から来ました。帰りは右です。
  • 本谷林道が見えました。
  • 本谷林道出合登山口です。
  • 紅葉が残っていました
  • 無事塩水橋へ到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    厳しい寒さが続き12/8の降雪で一時山荘前は積雪3cm。朝晩の登山道は霜や凍結があり軽アイゼンの携行をおすすめします。
    17年12月11日(月)
    西丹沢ビジターセンター~西丹沢
    西丹沢ビジターセンター
    12/5には1300m以上の場所ではうっすら雪が積もりました。氷の華(シモバシラ)も見られました
    17年12月08日(金)
  • 秦野ビジターセンター~表丹沢・塔ノ岳
    秦野ビジターセンター
    稜線では雪化粧したり、霧氷の華が咲く時期となりました。大倉高原山の家は、11月30日をもって閉鎖
    17年12月08日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

プックルファザー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた