登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
四王寺山 四王寺山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ちえ さん

この登山記録の行程

西鉄都府楼前駅(1306) 岩屋山(1354) 大城山(1515) 屏風岩(1552) 大原山(1624) 水瓶山(1705) 西鉄太宰府駅(1744)


総距離 約12.6km 累積標高差 上り:約893m
下り:約876m
道は整備されており良好です。分岐が多いので、案内だけに頼ると迷います。

登山中の画像
登山画像
西鉄都府楼前駅からスタートです
登山画像
大宰府政庁跡はいつもご家族の憩いの場となって…
登山画像
表示板を左に進みます
登山画像
トロトロと登り、「この先行き止まり」を左に見…
登山画像
メタセコイアの並木
登山画像
梅園、もうすぐですね。
登山画像
桜並木を過ぎ、左に表示板が見えたら右へ
登山画像
すぐ20mほどを左、岩屋城跡へ。また20m先を右
登山画像
なかなか気持ちいい散策路です
登山画像
突き当り、右が高橋紹運さまの墓、左が岩屋城跡
登山画像
高橋紹運さまの墓、いつも綺麗です。岩屋城主で…
登山画像
道路に出たら、右正面の階段を進みます
登山画像
右が岩屋城跡、左が焼米ヶ原
登山画像
岩屋城跡、後ろのピークが山頂
登山画像
岩屋山頂、岩尾山に見える
登山画像
山頂より城跡
登山画像
城跡より、宝満山、愛獄山、九州国立博物館
登山画像
城跡より、天拝山、九千部山、牛頸山かな?
登山画像
岩屋城跡を下り、直進して焼米ヶ原へ向かいます…
登山画像
これを登る
登山画像
歩きやすいです
登山画像
突き当りを右へ。この辺りを「馬責うまぜめ」と…
登山画像
「馬責」馬の訓練場だったらしい。YAMAP地図では…
登山画像
Y字路は右へ、左は毘沙門堂行き。この先すぐを左…
登山画像
ブルーシートを右で焼米ヶ原、左が毘沙門堂
登山画像
この付近が増長天地区、ブルーシートの下は礎石…
登山画像
増長天地区北側の子供の国入口。結構な下りで「…
登山画像
ブルーシートを先に進むと焼米ヶ原
登山画像
礎石群や石垣が結構残っているようですね
登山画像
唐と新羅の連合軍を迎え撃つための防御陣地だっ…
登山画像
付近の建物から炭化した黒米が発見され、焼米ヶ…
登山画像
焼米ヶ原の展望台からの眺望
登山画像
大城山、毘沙門堂に向かいます。ブルーシートま…
登山画像
土塁の上を進みます
登山画像
一段高いしっかりした道を道なりに直進
登山画像
土塁の上を進みます。右奥は県民の森センター方面
登山画像
展望台に上がってみます
登山画像
開けたところに出ましたが、建築物はありません
登山画像
展望台からの眺め、基山方面か
登山画像
展望台をさらに進み、土塁に戻ります
登山画像
すぐに右手に展望台
登山画像
展望台より、牛頸山、背振山
登山画像
展望台広場にベンチがあり、外国からのお客様が…
登山画像
大城山はここを直進10分足らず。左手前が水城、…
登山画像
けいさしの井戸の詳細は調査中の模様
登山画像
毘沙門堂は左の鳥居から
登山画像
この鳥居、何かカッコいい
登山画像
毘沙門堂、お参りをば
登山画像
毘沙門堂の左手のコンモリが大城山山頂
登山画像
はい、山頂。奥の建物は毘沙門堂
登山画像
山頂からベンチが見えますが、眺望があり休憩で…
登山画像
赤い鳥居をくぐった方向に直進すれば音楽堂方面…
登山画像
気持ちいい道をトロトロと下る
登山画像
音楽堂の直前でウネウネの道をヒョイヒョイと下る
登山画像
黄色い輪留めの先に野外音楽堂とトイレがありま…
登山画像
音楽堂を正面に見て左手の車止めが進路、百間石…
登山画像
左の高いほうを進みます
登山画像
土塁?を乗り越えると急坂を下る
登山画像
野外研修場との分岐を直進すると、ロープ付き急…
登山画像
下ると百間石垣の上に出ます
登山画像
下りの途中、開けたところの左に階段があります…
登山画像
百間石垣の観察道に寄り道しました
登山画像
石垣が続いています
登山画像
道路まで出たら左へ
登山画像
車止めのある橋を渡り、大原山へ向かいます
登山画像
舗装路を進むとまもなく右手に鮎帰り滝があります
登山画像
石塔2本の間を進むと、滝ありました
登山画像
ツバキを右手に堪能しつつ、舗装路を上がってい…
登山画像
青少年が植えたどんぐり林を右手に見ながら、正…
登山画像
勝田・土塁の案内を上がると、すぐに勝田方面の…
登山画像
イイ感じの道ですよね、この森は
登山画像
右手を登ると△272
登山画像
本日も誰かの為に頑張っております
登山画像
実はこの写真が一番好き。ただの道ですけど
登山画像
右は小石垣、道なりに直進します
登山画像
左に矢印があるのですが、道が下草で覆われてよ…
登山画像
そういうことで大原山山頂
登山画像
と謎のクレーター
登山画像
右は四王寺、センター方面
登山画像
大きな石がゴロゴロ、右の高台の上には休憩所が…
登山画像
クラシカルでナイスな造り
登山画像
休憩所を下りると、どなたかの命名、「マリオの…
登山画像
正面に白い立札が見えたら水瓶山へは左手前、焼…
登山画像
水瓶山への道を下ります
登山画像
階段道ですが、段が浮いていて歩きにくい
登山画像
左手にガードレールが見えたら間もなく舗装路、…
登山画像
右に曲がりつつ、左端の小さい案内に従い左へ
登山画像
ピンボケの細道を下ります
登山画像
舗装路に出たら左を見ると
登山画像
すぐの階段を上って
登山画像
20mくらいで水瓶山到着
登山画像
山頂でございます
登山画像
まもなく日没
登山画像
祠には鎌倉時代以降、雨乞いの儀式で使われた曼…
登山画像
祠を通り過ぎて細道を下ります。ロープ設置の場…
登山画像
基本は階段、丸太が歩きにくい
登山画像
黒岩稲荷神社の上から下りてきます。とりあえず…
登山画像
大きな岩と石垣の上に建っていました
登山画像
美しい朱色の鳥居をくぐり左に。正面砂防ダムの…
登山画像
対面より神社入口
登山画像
鳥居をくぐると住宅街です
登山画像
ゴールの太宰府駅。暗くなっちゃいました
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ちえさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ちえ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?