登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
空に広がる大雪原、銀杏峰から部子山を縦走 銀杏峰、部子山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2018年3月3日(土)

  • パーティ

    3人 (Yamakaeru さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大野市の「宝慶寺いこいの森」という公園&キャンプ場を目指す。通常であれば、ある程度、駐車可能なよう除雪されているが、今年は大雪のため宝慶寺といこいの森の分岐までは 2 車線分きちんと除雪されていたが、分岐からいこいの森までは 1 車線分の除雪しかされておらず、一番奥の突き当りと途中 2 ヶ所ほどに数台の駐車スペースが確保されているのみで、あっという間にいっぱいになっていた。奥まで入ってしまうと方向転換ができないため、分岐付近の 2 車線のところに路駐するのをお勧めする。いこいの森のトイレは、冬季は閉鎖中。

  • 天候

    快晴
    [2018年03月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

宝慶寺いこいの森・駐車場(06:51)・・・羽衣の松・・・見返りの松・・・仁王の松(07:42)・・・前山(08:25)・・・天竺坂・・・銀杏峰(09:24)・・・極楽平・・・部子山(10:46)・・・(昼食11:05~11:56)・・・銀杏峰(12:59)・・・天竺坂・・・前山・・・仁王の松(13:50)・・・見返りの松(13:51)・・・羽衣の松(13:56)・・・駐車場(14:18)


総距離 約13.1km 累積標高差 上り:約1,528m
下り:約1,526m
福井の雪山で BEST3 をあげるとしたら、真っ先に銀杏峰。そして銀杏峰と言えば部子山への縦走をお勧めするだろう。銀杏峰から部子山への縦走は、藪が多く積雪時しか歩けない季節限定のルートとなる。積雪時には藪がすっぽりと雪に覆われ、見渡す限りの大雪原へと様変わりする。周囲には白山や能郷白山。視界条件が良ければ御嶽山や乗鞍もクリアーに見ることができる。そんな景色を眺めつつ、まるで空に広がるかのような大雪原を自由に闊歩できるというとても魅力的な冬の縦走ルートだ。

今年は雪が多かったので、例年よりも早く冬道が出来上がるかと期待していたが、逆に大雪すぎて近づくことすらできなかった。チラホラとネットに登山記録がアップされるようになってきたので、満を持して今週末に銀杏峰決行!と決まった月曜日、腰に違和感が走った。火曜日には普通に歩くこともできない程に。しかし、そんな時に限って、週間天気予報は珍しく晴れ。そうとなれば死ぬ気で治すしかない。極力、負荷をかけず安静に過ごす一週間。その努力と湿布の甲斐あってか、金曜日の時点でだいぶ歩けるようになってきた。が、まだ完治には程遠い。行って悪化したらどうしいようと、散々悩んだが、ただでさえ冬の北陸で快晴マークは珍しい。これを逃す訳にはいかない。無理と判断したときは素直に引き返そうと、行く決断をした。もちろん、登山養成ギブス(コルセット)は必至として。。。

先週、銀杏峰に行った方の写真にもあったが、いこいの森への分岐に入った途端に「ここは立山か?」と驚くほどの両側高い雪の壁が出迎えてくれた。壁の間は車一台がようやくすり通れるくらい。その間をすり抜けるように登っていく。いこいの森には、いつもであれば冬であってもそれなりの台数分が駐車できるようスペースが確保されているのに、さすがに今年は、1車線分の道を除雪するのが精いっぱいだったようで、道はいこいの森のトイレ脇でいきなり突き当りになっていた。それでも所々に、数台分の駐車スペースは確保されていた(もっとも転回用だと思うが)。幸い、突き当りにあった最後のスペースに車を停めることができた。あとから来た車は無情にもバックで雪の壁を下がっていくしかなくタッチの差が運命委の分かれ道になっていた。運転に自信がなければ、少なくともいこいの森の分岐手前までは2車線が確保されているので、そこに路駐するのが安全かも知れない。事実、帰る頃には路肩駐車でいっぱいになっていた。

さて、いよいよと座安開始。今回のコースはだだっ広い雪原もあれば凍った急登もあるため、装備としてはできればワカンもアイゼンも両方あった方が良い。
雪の壁が崩れていた場所からよじ登り山にとりつく。今日はそこそこ温かくなるようだが前日が寒かったためか雪はしっかり固まっていて登りやすかった。
徐々に朝日も昇ってきて、優しい光が雪面をキラキラと照らし輝いていた。いつの間にかだいぶ登ってきたようで、振り返ると大野の街並みが広がっていた。木々の間から真っ白な荒島岳も見える。
さらに登ってい行くと、最初の難関、前山までの急登が立ちはだかる。まるで天に向かってそびえ立っているような雪の壁。その先に青空があるから頑張れるが、悪天候に登るとしたら最悪の場所かもしれない。全体重がのしかかってくるようで登る一歩の足取りが重い。でも、ハァハァと息を切らせ登りきると、苦労を上回るご褒美が待っている。広がるは、NHKの特番に出てくるような視界いっぱいの白い山並み。特徴的な荒島岳に加えて、手前の山が霞むほどに圧倒的な雄大さを見せる白山。経ヶ岳方面も良く見える。
前山から銀杏峰を見上げる。山頂までにはもう一つ急登エリアが控えているため、山頂は隠れて見えないが、その右手側には今日の目的地、部子山が見える。純白の頂きと真っ青な空が対照的で、今からワクワクが止まらない。
前山手前の急登に比べたら大したことはないと思うが、その分、長い坂が続く。これを一気に登っていく。部子山の頂がどんどん大きく近づいていくのが分かる。と、登り切ると急に視界が開けて緩やかな斜面が広がる。そして、その先には銀杏峰の頂。
更には、神様からのスペシャルプレゼントよろしく今日は御嶽山と乗鞍も目に飛び込んできた。まるですぐそこにあるかのような、距離感がおかしくなりそうなくらいの存在感だ。
遮るものがない銀杏峰の山頂は、風がすべての温度を運び去ってしまうのか、氷の世界が広がっていた。雪面が飴細工のように凍っていて、歩くたびにパリパリと軽快な音を立てていた。アイゼンを締めなおそうと脱いだとたん、滑って転びそうになるくらいの完全な氷。雪の上に露出した木の枝にも、雪や霧が凍ったのかシャンデリアのような自然の氷細工が出来上がっていた。去年は、ここまで凍っていなかったが、代りに大きなモンスターを数匹確認することができた。
銀杏峰と部子山の縦走で、何と言っても素晴らしいのは、見渡す限りの大雪原となった冬季限定の縦走ルート。奥美濃の山々を眺めつつ、純白の部子山へ向かって自由気ままに自分だけのトレースを付けていく。まるで雲の上を歩いているかのよう。部子山へはそこそこの距離があるがその距離も苦にならない。
ただし、部子山にたどり着いた後、山頂まではかなり注意が必要。急登箇所が続き、常に凍っているため、アイゼンがないと厳しい。気を引き締めて一歩いっぽ登っていく。
山とは不思議なもので、山のスケールからみれば銀杏峰と部子山の二つの頂きの距離なんて誤差範囲の様なもので同じ景色を見ているはずなのに、部子山の山頂ではまた銀杏峰とは異なる感動を受ける。暫し、部子山からの眺望を楽しんだのち、銀杏峰へと折り返す。そのまま林道に回って周遊するコースもあるが、大雪原の眺望をもう一度楽しみながら下山とする。

登山中の画像
登山画像
朝日をバックに大野城。
登山画像
どひゃーここは立山か。雪の壁が迫ってくる感じ。
登山画像
朝日とともに歩き出します。
登山画像
雪面が凍っていて歩きやすい。
登山画像
振り返ると歩いてきた軌跡が。。。心地よい急登…
登山画像
この丘を越えると銀杏峰の山頂が見えてきます。…
登山画像
白山や荒島岳が実に綺麗です。
登山画像
写真では分かり辛いですが。御岳山や乗鞍もよく…
登山画像
銀杏峰の山頂。いつもの文字の擦れた看板が雪の…
登山画像
自然が生み出した氷のシャンデリア。
登山画像
樹氷とはまた違った美しさ。
登山画像
天空の大雪原。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    冷たい風が、こんなにも気持ちよく感じるって、急登の瞬間しかないですね。

  • Yamakaeru さん
    上には青い空が。周りにはステキな眺望が待っている。一歩いっぽ登って行く素晴らしさですね。

  • レオ さん
    夢の中のような景色でしばらく余韻が残りそうです。でも次の雪山登山に向けて気持ちは高ぶります。

  • Yamakaeru さん
    週末は偶然会えると良いですね。(^-^)
    モンスターを探しに行きましょう。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました