登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
雨に佇む森の貴婦人 銀杏峰を周遊 銀杏峰(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2019年7月20日(土)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:北陸自動車道福井ICから車で約1時間。宝慶寺いこいの森、駐車場あり、トイレあり

  • 天候

    雨のち曇り
    [2019年07月20日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

宝慶寺憩いの森駐車場(07:53)・・・林道から名松新道登山口・・・<名松コース>・・・水場(08:25)・・・仁王の松(08:44)・・・銀杏峰前山(09:26)・・・天竺坂(10:18)・・・銀杏峰山頂(10:24)・・・希望の鐘(10:39)・・・ブナの木(11:30)・・・鉱山跡石垣・・・小葉谷コース登山口(12:04)・・・<林道>・・・宝慶寺憩いの森駐車場(12:54)


総距離 約9.1km 累積標高差 上り:約1,177m
下り:約1,175m
久しぶりに山仲間と合流して今日は地元の山へ。少し前にも登った銀杏峰を目指す。銀杏の峰と書いて「げなんぽう」と読む。いつも積雪時期ばかりを狙って登るが、今年は縁あって無雪期にこんなにも続けて登るとは。。。前回も書いたが、銀杏峰からお隣の部子山(これも読めないが「へこさん」と呼ぶ)にかけての大雪原は、それはもう素晴らしい。福井でおすすめの雪山と聞かれたら必ずここを挙げる。一方、銀杏峰の実力は冬だけではなく、特に山頂付近の湿地帯には春先にもなると様々な花が咲き乱れることから花の名山としても知られている。とりわけ銀杏峰の名前を有名にしているのは、森の貴婦人こと「オオヤマレンゲ」に出会える隠れた名所というのもあるのではないだろうか。
前回、登ったのは6月の上旬。時期的には少し早いと思いつつも、あわよくばとオオヤマレンゲを探し半ばパトロールのつもりで登ってみたが案の定蕾もなかった。逆に今回はもう7月下旬。「既に時機を逸したか?!」と思いつつ登ってみる。
家を出る時から降っていた雨も、現地に着く頃には止むかと思っていたが、残念ながら止む気配が全くなかった。幸いシトシトと優しい雨だったので、傘をさして登ることにする。
この季節、さすがに花の種類は少ないが、かわりに雨に濡れた樹々の緑が目に優しく、傘にあたる雨音も楽しい。雨降りの登山は、いつもとは違う森の雰囲気に包まれて、山がまた違って見えるから大好きだ。
前山を越えて山頂手前の熊笹の草原へ。右側へと登ると見晴らしの良いビューポイントがある。眼下の山々から濃い霧が立ち昇り雲海を形成している。ちょっとした高山に来た気分だ。右手奥には大野の市街も見える。
山頂手前で登山道を少し外れてわき道に入り目的の森の貴婦人を探す。銀杏峰には幾つかの自生ポイントがあるが、ここもその1つ。ただ、どんなに目を皿のようにして歩いてもそれらしいものは見つからない。目立つ花なので見落とすことはないが、「やっぱり遅かったかー」と落胆しかけた時に「あったー」という声が響く。見てみると、純白のドレスというより褐色のドライフラワーのような花が一輪。花が開ききっているが確かにオオヤマレンゲだ。「うーん、貴婦人もおばあちゃんになっちゃったか。」と笑い声。
立ち去ろうとした時、「あっ、蕾がある」と別な声が。一斉にみんながその声の下に駆け寄る。純白の小さな蕾が1つ。雨に濡れてぼんやりと輪郭が光って見える。気の遅いやつがいるなら、まだどこかに咲いていてもおかしくはない。俄然、やる気が出て来た。
山頂でお地蔵さんにご挨拶。雨はいつしか上がっていたが、今日の白山も霧の中だった。
下山する前に幸せの鐘を鳴らしに行く。手前の草原ではハクサンフウロが群生していた。紫がかったピンクの花が愛らしい。
鐘を鳴らしたのち、小葉谷コース側から周遊するように下山する。オオヤマレンゲの次の自生ポイントが降る手前にある。最近のレポを参考にすると、咲いているとしたらこっちの可能性が高いはずだ。
慎重に探していると、視界に白いものが飛び込んできた。興奮してつい「あったー」と大きな声で叫んでしまった。小さくとても可憐な花が一輪だけ咲いている。一番綺麗なタイミングは過ぎたようで少し痛みかかっていたが、それでもフンワリと優しく膨らんだ純白のドレスのような花で、高貴さが溢れ森の貴婦人と呼ばれる所以がよく分かった。
出会えてよかった。深い山塊の中でほんの限られたところにしか咲いていない、こんな小さな花に出会えるなんて。そんな奇跡に出会える喜びは山をやっていないと分からないだろう。また、そんな花の持つ本当の美しさは、実際に登ってきて苦労しない限り写真じゃきっと伝わらないだろう。
花を傷つけないようにそーっと写真だけ撮ってお別れをする。
小葉谷コースの急登は、なかなか半端ない斜度だ。雨の日は濡れた根っこが滑りやすく、気が抜けない。ズルズル滑りながら長い下りを慎重に降っていく。
木製の鳥居を抜けると登山道は終わり、あとは舗装された林道を使って出発地点まで戻る。
いつもだと林道歩きには飽きあきしてしまうが、今日は久しぶりの仲間とのセッションで、道中も雑談で盛り上がりあっという間に到着してしまった。

登山中の画像
登山画像
豊富な水が流れる水場。周囲には綺麗なあじさい…
登山画像
シーズン遅めですね。
登山画像
前山から。山と山の間を雲が流れるように。。。
登山画像
山頂手前のお地蔵さん。
登山画像
少しご年配の森の貴婦人。
登山画像
鮮やかなシモツケソウ。いつ見てもご飯に振りか…
登山画像
山頂に到着。今日もお地蔵さんはお元気そうで。…
登山画像
気の遅いのがいるということは。。。チャンスあ…
登山画像
ハクサンフロウがいっぱい群生していました。
登山画像
幸せを呼ぶように大きく鳴らします。
登山画像
真新しいニッコウキスゲ。
登山画像
ササユリもありました。先日見たヒメサユリより…
登山画像
坊主の頭のような。。。つぶつぶ感。
登山画像
ひょっこりひょうたん島。
登山画像
いたーーー森の貴婦人。いやー美しい。
登山画像
線香花火のやう。
登山画像
ブナの木にやってきました。
登山画像
登山口につきました。しかし、ここからの林道が…
登山画像
おっ、黄色のツリフネソウだ。
登山画像
いっしゅん、キツネノカミソリかと思いましたが…
登山画像
テルテル坊主のやう。オオハンゴンソウ。漢字で…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    ブナの木っていう看板は、やっぱりへんですよ。頭痛で頭が痛いって言ってる感がします(笑)

  • Yamakaeru さん
    山屋なら、マウント富士山を例えに出して欲しいね。 笑

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年8月11日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...