登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
住塚山から鎧岳縦走 住塚山・国見山・兜岳・鎧岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

うめぞー さん
  • 日程

    2018年4月8日(日)

  • パーティ

    2人 (うめぞー さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:前日の土曜日に前泊し、当日名張駅前21番山粕西行きに乗り長野バス停下車、バス停左横の道を道標に従い屏風岩公苑まで行き、公苑の一番奥から住塚山の道標に従う。
    従い、ここが登山口となる。

  • 天候

    バス停付近は雪、後晴れ時々曇り(風は強風がたまに吹き荒れた。)
    [2018年04月08日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

近鉄名張駅(8:05)・・・長野バス停(8:50)・・・屏風岩公苑(9:45)・・・住塚山山頂(10:30)・・・国見山山頂(11:30)・・・済浄坊渓谷(14:30)・・・目無地蔵(15:00)・・・兜岳山頂(15:50)・・・鎧岳山頂(16:00)・・・葛バス停(16:50)・・・近鉄名張駅(17:45)


総距離 約15.5km 累積標高差 上り:約1,676m
下り:約1,684m
今回はいつもの友人と予てより計画していた住塚山から鎧岳までを完全縦走するというチャレンジにトライしてきました。
ただしこのコースはかなりハードでガイドブックでも住塚山・国見山と兜岳・鎧岳の2コースに分かれては紹介されていますが一纏めにされたものはないくらいです。
距離も18kmほど歩きますし累計標高差は1500mを超えます。
バス利用で帰るつもりなら17時までが勝負となるので行動時間は7時間ほどしかありません。(昼食に1時間と考えて)
道もほとんどが急登+急坂のアップダウンとなるので健脚向きとなります。
我々のコースをたどらずゼニヤタワから若宮峠を経て済浄坊渓谷へ抜けるショートカットもありますので視野に入れておいてください。
それではコース案内です。
朝早いので前泊し名張駅前のバスターミナルに向かいます。
乗るバスは8時5分発、山粕西行き(21番)で長野バス停で下車します。
バス停の右横には周辺図があるので参考にしましょう。
バス停の左横の道をひたすら進みます。(坂道を上がって行きます。)
左側に立派なお地蔵さまが祀られていたので山行の安全を祈願します。
ここで朝はどピカンだったのに急に雪が降ってきました。
確かに前日から気温が下がってはいたのですが春それも4月の雪にびっくりします。
しかも本格的に吹雪いてきたので最悪計画も変更かな?と思いながら進んでいると止んだのでひと安心しながら進みます。
ちなみにですが長野バス停から屏風岩公苑までは約3.5kmほどあるのでタクシーでそこまで移動するのもいいかもしれません。(近くに大手タクシーという会社があります。)
あらかじめバスの到着時間を伝えて予約すれば迎えに来てくれるようです。
我々がバス停に到着したときひとりの男性がそうされているのを見かけました。
屏風岩公苑の入口にはトイレがありますので利用しておきましょう。
公苑の中を右手に屏風岩を眺めながら突き当たりまで行くと道標があり右を示唆しています。
ここが住塚山へのアプローチとなり私はここが登山口だと考えます。
最初はなだらかですが直ぐに急登が始まります。
長野バス停が標高420m、屏風岩公苑が約650m、住塚山が1009mなので600mの標高差を4kmほどの距離で上がる事になるため急登はありきです。
急登をクリアすると稜線に出て左へ進むと先程よりはマシですが急坂が待っています。
上がりきれば住塚山山頂となり屏風岩の起伏や次の目的地である国見山を望むことができます。(山頂には三角点があります。)
この日は風がきつかったので景色を楽しんだら直ぐに出発します。
しばらく下って行くとゼニヤタワの分岐があります。
この分岐を右へ行くと若宮峠経由で長野バス停に戻ることも左へ進路を取れば済浄坊渓谷方面へのショートカットにもなります。(アップダウンが少ないようです。)
我々はそのまままっすぐに進みますが分岐から直ぐに急坂が始まりそのまま進むとロープが張られた崖のような場所もあるので注意してください。
ちなみにこの山域では全て危ない箇所はロープですので簡単に頼るのではなくしっかり引っ張って問題がないことを確認してから利用しましょう。
滑落すると大怪我では済まない場所も多々あります。
ロープ場を越えても結構な急坂が続きますので気をつけてください。
登りきった先が国見山山頂です。
ここは360°のパノラマが楽しめるとても気持ちのいい山です。
また山頂には双仏石(一枚の石版にお地蔵さまが2対彫られている。)があり、味を出しています。
我々も11時半くらいについたこともあり、ここで昼食にしました。
山頂は樹木がないのですが不思議なことに風があまり吹き込まないので暖かく過ごせました。
この日もこの山頂は結構賑わいましたが相変わらず中高年のマナーが悪く登山道で休憩したりゴミ袋を飛ばしているのに知らん顔をしている人がいました。
しばらく黙って動向を見ていましたが一向に拾いに行く素振りも見せません。
見るに見かねて私が拾いに行くとシレっと「ああ~それ私が落としたんですわ。」と悪びれることなく言う始末です。(謝罪もお礼もなにもなかったです。)
しかも年齢的に社会の範たるべきな方がこんなことでは始末が悪いです。
はっきり言ってこんな方に山には登って欲しくないのですが取り締まる法律もなく歯がゆい思いをされている登山者の方は多いのではないでしょうか?
どうか心当たりのある方は襟を正していただきたいものです。
国見山から次に目指すのは済浄坊渓谷ですが我々はオーソドックスに松の山、クマタワ峠を経て向かうことにしますがこのルートもアップダウンが激しいので注意してください。
いきなり結構な下りを下っていくと樹木に左右を囲まれた稜線を歩くことになりますが風は容赦なく吹き付けるのでこのあたりが一番寒かったです。
しばらく進むと松の山への上り返しが始まります。
結構な斜度の木の階段を上がりきると今度はおんなじだけの階段を下りていきます。
下りきった先がクマタワ峠となりトイレもあるのですが女性用は木の板が打ち付けてあり使用できないみたいです。
左へ行けば室生寺方面なので右の済浄坊渓谷方面に進路を取り、進みます。
ここからは林道となり最初はコンクリートの道で後にアスファルトの道が渓谷入口まで続きます。
このあたりは非常に落石が多いようで大小様々な石塊が落ちていました。
あと少しで渓谷というところでひとりの登山者とすれ違います。
向こうから話しかけてこられて聞けば携帯を落とされたとのこと、ありませんでしたかと聞かれましたが気付かなかった旨を伝えると礼を述べて上がっていかれました。
しかし我々は結構注意深いのと今回の道は足元をよく確かめないと危ないので気がつきそうなものですがどこで落とされたのか?無事に発見されることを祈りつつ進みます。
渓谷入口に着くと先ほどのマナーのない方々がいらっしゃいましたがここでもその真価をいかんなく発揮されていました。
こういう方々は必ずと言っていいほど道標やモニュメントや三角点付近にたむろしたり物を置きたがるので直ぐにわかります。
ほかの方が三角点の写真を撮りたくてもお構いなしなのがこういう方々の特徴です。
また、こういう方々は駐車場でもない場所に車を止められているので会話も情けないものが多いです。(ここから戻るのはどうなんだ?みたいな計画性のない話が大半。)
なぜ、少し離れられないのか?意味がわかりませんが無視して進みます。
道標から少し下ると沢沿いの道となり清々しいのですが去年の台風の爪痕が色濃く残っており道が崩れた場所や橋に流木が引っかかって渡る際に気をつけなければいけない箇所、最後の方は道がなくなり仮拵えの丸太橋を渡って進む場所などありますので注意してください。
肝心の滝はとても綺麗で見に行くだけの価値は必ずあります。
済浄坊渓谷終点の道標を左に見送りそのまま進むとアスファルトの道に出ます。
右へ目無橋を渡れば曽爾横輪バス停への下山ルートとなります。
我々は兜岳へ向かうため左の坂道を上がって行きます。
しばらく進むと目の前に延命地蔵(目無地蔵)さまが見えます。(道標もあります。)
お地蔵さまに安全を祈願して前を通って奥へ進みます。
沢の中を抜けるような道を少し進むと直ぐに山道となりそれなりの傾斜の坂道を上がって行きます。
道標にこれより先急斜面とあったのでいよいよかと思いましたがまずは一枚岩の上に出ます。(悪天候では滑るので注意が必要です。)
ここからは見晴らしがそこそこあるので景色を楽しみます。
ここから少し行けばいよいよ本日最難関の登攀が始まります。
フイックスロープが張られた崖のような斜面を修行僧のように上がって行きます。
三点支持を駆使して時にはロープ、時には木の根や枝などをつかみながら体を引き上げていく作業が山頂直下まで続くのでここは頑張らないと滑落すれば大怪我ではすみません。
外観からは想像もつかないほど鋭角な登山道なのでいい加減な気持ちでトライしないほうが賢明です。
山頂直下まで来るとようやく道も緩やかになりすぐに山頂になります。
山頂は意外ですが広々としており休憩適所ですし景色も曽爾高原や鎧岳がよく見えてとてもいい山です。
ここは少し休憩して次の目的地である鎧岳への鋭気を養います。
兜岳から峰坂峠までは今まで上った急登を下ることになるので気持ちを引き締めないと危険です。
920mから700mほどまで一気に下るので足元注意です。
峰坂峠で疲れたのならあるいは時間的に余裕がないのなら右へ進み葛バス停方面に下りましょう。(最後のエスケープルートです。)
峠から葛バス停に行くだけでも小一時間は見ておかなければなりません。
我々が峠についた時点で午後3時半、ここから山頂までが約30分、戻って下山すると小一時間なので葛バス停を午後5時5分発のバスに乗れるかは時間との戦いです。
さすがにここまでのアップダウンが堪えて来ていて疲労感が漂いますが頑張って先へ進みます。(焦りはしません、最悪タクシーも視野に入れていました。)
ちなみにですが兜岳ほどではありませんが鎧岳もなかなかの急登でフイックスロープが張られた箇所があるので注意が必要です。
稜線に出たら右へ100mほど進めば鎧岳山頂です。
兜岳ほどの眺望は望めませんが木々の隙間から倶留尊山が見えますし三角点もあります。
山頂の看板に南進禁止と書かれています。
鎧岳を見た方はご存知だと思いますが南側は柱状節理の障壁となっておりはっきり言えば崖です。
なのでここは看板に従いましょう。
我々は時間に追われているのでさっさと下山を開始します。
帰り道は峰坂峠まで戻る必要はありません。
峰坂峠へ行く途中で下山道と書かれた看板があり、従い進むとかなり下の方で峰坂峠からの道と合流できるので時間を短縮できます。
ここからしばらく進むと林道となり集落へ出ます。
集落からは鎧岳や倶留尊山がよく見えるスポットがあるので必見です。
かなり降りてきたところで集落の方がいらっしゃり声をかけていただいたので挨拶を返しついでに葛郵便局を教えていただきました。(その節はありがとうございました。)
お寺の境内にすごく大きな桜が満開で咲いており、近くには水仙畑がありここから眺める鎧岳は格別です。
そのまま無事に葛バス停に16時50分についた我々は順調に京都まで帰り、いつもの温泉で疲れを癒し、居酒屋で健闘を称え合ってから帰路につきました。
踏破した山(住塚山・国見山・松ノ山(道標なし)兜岳・鎧岳)お疲れ様でした。

登山中の画像
登山画像
近鉄名張駅です。コンビニの前に止まっているバ…
登山画像
バスは結構大きいのでたくさんの方が乗れます。
登山画像
周辺図があるので参考にしましょう。
登山画像
長野バス停です。
登山画像
バス停の左横を進みます。
登山画像
このお地蔵さまに山行の安全を祈願していたら雪…
登山画像
雪が降るならまだしも吹雪いてきました。
登山画像
やっと雪が止んだので一安心です。
登山画像
観光地なので看板は豊富です。
登山画像
遠くに屏風岩が見えてきました。
登山画像
車用の看板ですが歩いて登る人にも目安となる看…
登山画像
配水場を回り込むように進みます。
登山画像
分岐には道標があるので従えば問題ありません。
登山画像
アスファルト歩きが長いのでタクシーを利用する…
登山画像
この辺りまで来ると高度も手伝って山々が綺麗で…
登山画像
あと500mです。
登山画像
屏風岩が間近に見えてきました。
登山画像
周辺図です、参考にしましょう。
登山画像
この道標に従い進みます。
登山画像
屏風岩公苑は桜まつりです。
登山画像
桜と屏風岩が素敵です。
登山画像
このあたりはまだまだ桜が見頃です。
登山画像
綺麗な花々から屏風岩を眺めます。
登山画像
屏風岩の説明看板です。
登山画像
屏風岩終端の右側から登山道が始まります。
登山画像
住塚山への入口です。ある意味ここが登山口と言…
登山画像
アプローチはまだ緩やかです。
登山画像
ですがすぐに急登が始まります。
登山画像
距離が短いのに200m程の高度を稼ぐため斜度…
登山画像
結構な斜度を上がります。
登山画像
雪が残っているので慎重に進みます。
登山画像
なだらかな道に出るとホッとします。
登山画像
稜線に出ました。
登山画像
昨日から冷え込んでいましたので季節はずれの雪…
登山画像
少し道は荒れています。
登山画像
稜線はなだらかです。
登山画像
最後の上り坂です。
登山画像
住塚山山頂につきました。
登山画像
住塚山から次の目的地である国見山を望みます。
登山画像
住塚山の三角点です。
登山画像
住塚山山頂です。
登山画像
住塚山は1009mです。
登山画像
次の目的地である国見山を目指します。
登山画像
このあたりの道標は基本この形です。
登山画像
昨日から降った雪が残っています。
登山画像
この鞍部はゼニヤタワと呼ばれる場所でここから…
登山画像
ロープ場です、結構厳しい登りです。
登山画像
やっとなだらかになってきました。
登山画像
雪がまだ残っています。
登山画像
結構な斜度を上がるのでゆっくり進みましょう。
登山画像
もう少しで山頂です。
登山画像
国見山山頂につきました。
登山画像
山頂には双仏石があります。
登山画像
先程までいた住塚山も見えます。
登山画像
このトゲトゲしている山の向こう側が屏風岩です。
登山画像
意外ですがこのあたりは風の影響を受けなかった…
登山画像
山頂からは360°の眺望が楽しめます。
登山画像
山頂からは当然ですが下りが続きます。
登山画像
このあたりは遮るものがないので風の影響をモロ…
登山画像
当たり前ですが下りたら当然登り返します。
登山画像
縦走するということはこういうことです、アップ…
登山画像
クマタワ峠はもうすぐです。
登山画像
雪が残っているので注意です。
登山画像
上っただけ下ります。
登山画像
クマタワ峠につきました。
登山画像
峠にある道標に従い済浄坊渓谷に進みます。
登山画像
ちなみにトイレはあるのですが封鎖されており(…
登山画像
道は少し荒れています。
登山画像
このあたりから済浄坊渓谷入口までアスファルト…
登山画像
この道標に従い進みます。
登山画像
このあたりでお会いした方が携帯を落とされたと…
登山画像
済浄坊渓谷の入口です。
登山画像
この山道を下りていきます。
登山画像
滑りやすい道もあるので注意してください。
登山画像
綺麗な滝が続きます。
登山画像
上から来ると全てを見ながら下ることができるの…
登山画像
道は荒れており崖崩れのあともあるので気をつけ…
登山画像
流木が橋に覆いかぶさっているので注意して渡っ…
登山画像
階段が多くアップダウンの苦手な方には辛い道か…
登山画像
この道で良かったようです。
登山画像
この滝も素敵です。
登山画像
結構な階段を下りていきます。
登山画像
済浄坊の滝です。
登山画像
去年の台風の影響がここにもありました。
登山画像
迂回路は丸太橋を渡るので気をつけてください。
登山画像
この先も丸太橋があります。
登山画像
渓谷はここで終点です。
登山画像
山道を抜ければ目無橋の分岐になります。
登山画像
ここには特に兜岳・鎧岳の情報がありませんがバ…
登山画像
目無橋とは逆の方向に上がって行きます。
登山画像
ハイキングコースとありますが本格的な登山とな…
登山画像
目無地蔵さまが見えてきました。
登山画像
目無地蔵(延命地蔵)さまです。
登山画像
目無地蔵さまからすぐは道が荒れています。
登山画像
急斜面は一枚岩の先ですがこのあたりでもそこそ…
登山画像
この看板に偽りはありませんが看板からすぐでは…
登山画像
看板からすぐだと思っていたので拍子抜けです。
登山画像
一枚岩です、悪天候の時は注意が必要です。
登山画像
一枚岩からは景色を楽しめますが足元注意です。
登山画像
この岩が目印です、ここからえげつない道が待っ…
登山画像
足場の良い場所で振り返りますが崖みたいな道で…
登山画像
登山道というより斜面を這い上がるという方がぴ…
登山画像
見た目以上に急登です、天候のいい時しかチャレ…
登山画像
残り200mの大半が急登です。
登山画像
もはや修行の旅と化しています。
登山画像
ここまでくればやっと道も緩やかです。
登山画像
この看板に偽りはありません、鎧岳から兜岳に来…
登山画像
誰かが思わず書いたのでしょうか?水性と書かれ…
登山画像
意外でしたが樹木の間が空いており、倶留尊山な…
登山画像
兜岳は休憩適所と言えます。
登山画像
さあ、鎧岳に向けて出発です。
登山画像
目指すは最後の頂である鎧岳山頂です。
登山画像
熊笹に覆われてわかりにくいですが結構急な下り…
登山画像
鎧岳はまだまだ先です。
登山画像
ほんの少しでも平坦な道があるとホッとします。
登山画像
当然ですが縦走なのでアップダウンが続きます。
登山画像
ロープが張られた急激な下りを下って行きます。
登山画像
峰坂峠です、ここまでで疲れたのならこれが最後…
登山画像
兜岳ほどではありませんが鎧岳も結構な急登があ…
登山画像
あと400mだそうですが山の400mはすぐで…
登山画像
稜線が見えてきました、あとひと踏ん張りです。
登山画像
やっとこさ最後の100mまで来ました。
登山画像
最後の登りを登りきれば山頂です。
登山画像
鎧岳山頂を示唆する看板です、南進禁止とありま…
登山画像
鎧岳の標高看板です。
登山画像
鎧岳は樹木に覆われているので眺望はあまりあり…
登山画像
鎧岳には三角点があります。
登山画像
いよいよ下山です。
登山画像
急斜面を下るので足元注意です。
登山画像
この道標を見落とすと峰坂峠まで戻ってしまうの…
登山画像
道はフカフカで気持ちがいいです。
登山画像
峰坂峠からの合流地点です。
登山画像
峰坂峠から下りてくるとこの道になります。
登山画像
こちらに下ります。
登山画像
ここからは時間との戦いです。
登山画像
落ち葉で足元をすくわれないように進んでくださ…
登山画像
この道標に従い、葛バス停に向かいます。
登山画像
ここからは林道(アスファルト)となります。
登山画像
やっと集落の入口まで来ました。
登山画像
さっきまであの山頂にいたのかと思うと感慨深い…
登山画像
道標に従い、バス停を目指します。
登山画像
道はアスファルトですがそんなに苦になりません。
登山画像
曽爾高原が目の前に広がります。
登山画像
立派な桜が満開でした。
登山画像
水仙の花と鎧岳が素敵です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

うめぞーさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

うめぞー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年7月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...