登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
道志山塊、御正体山から石割山を歩く 御正体山・石割山(関東)
img

記録したユーザー

shine4153 さん
  • 日程

    2018年4月10日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:車を石割神社駐車場にとめ、バス停「石割山ハイキングコース入口」まで歩き路線バスでバス停「御正橋」へ移動。
    石割神社駐車場は広く、トイレもあるため安心して利用できます。

  • 天候

    晴れ
    [2018年04月10日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

御正橋バス停(8:00)・・・林道終点(8:35)・・・折り返し点(8:55)・・・白井平分岐(9:35)・・・御正体山(10:22;10:59)・・・前ノ岳(11:27)・・・中ノ岳(11:50)・・・送電鉄塔(12:20;13:02)・・・石割山分岐(13:14)・・・鉄塔巡視路分岐(14:07)・・・石割山(14:22;14:44)・・・石割神社奥社(14:59;15:04)・・・富士見平(15:21)・・・石割神社駐車場(15:34)


総距離 約11.9km 累積標高差 上り:約1,359m
下り:約1,118m
書きかけで中断してしまい公開が遅くなってしまいました。
道志山塊の最高峰である御正体山、登山口への路線バスの便も悪く、どうアプローチしたら良いのか考えあぐねた末に決めたのが今回のルートです。
平日に限って国道413を山中湖方面から道志村へ走る路線バスの早朝便があることが分かり、このバスを利用すればマイカーでアプローチできることを思いつきました。
すなわち石割神社駐車場に車を停めここから国道の停留所まで歩き、この路線バスで御正橋まで移動、そこから御正体山へ登り石割山まで縦走、駐車場へ戻るというルートです。
6:40ころ駐車場へ到着しましたが、まだ車はなく1台目の駐車でした。駐車場にはトイレもあり登山口の駐車場としては申し分ありません。
余裕をもって7:00ころ駐車場からバス停(石割山ハイキングコース入口)へ向け歩きましたが、バスの到着が遅れたこともあり充分過ぎる待ち時間となってしまいました。
しかし、御正橋バス停には定刻に到着、予定通りの8時にトレッキングを開始することができました。
最初は民家の間を進み林道に入って行きます。林道の終点から登山道になり傾斜もキツクなって行きます。
心配していた標高1,100m付近の鋭角に戻るような場所も道標があり、迷うことなく無事に最初のポイント「白井平分岐」へ到着しました。
白井平分岐からは尾根を進み、標高1,681mの御正体山山頂に10:22到着しました。山頂は開けていて休憩には良いのですが、樹木に囲まれ展望はありません。
御正体山からは前ノ岳(1,471m)、中ノ岳(1,411m)、奥ノ岳(1,371m)へと南下していきますが、所々に斜面が自然崩壊したような痩せ尾根もあるため足元の注意は怠ることはできません。
奥ノ岳手前の送電鉄塔のたつピークでようやく視界が開け、南西方向に富士山や石割山が姿を見せてくれます。また間近に見る送電鉄塔の巨大さや建設の困難さに思いを馳せると圧倒されます。ここでランチ休憩としました。
その後も所々で現れる痩せ尾根に注意しながら石割山を目指します。
石割山からは南西に山中湖を従えた富士山を、北西に杓子山を展望することができますが、この日は霞のせいかコントラストがはっきりしない富士山となってしまいました。
石割山からは石割山ハイキングコースを下り、石割神社、403段と言われる石段を経て駐車場へ戻りました。
石割山から石割神社までのコースは傾斜や段差がきついところが多く、それなりの準備と心構えが必要と思いました。

登山中の画像
登山画像
石割山神社駐車場、7時前の到着で1台だけでした。
登山画像
石割神社参道入口、石割山ハイキングコース入口…
登山画像
ちょうど参道入口向い側にあるトイレです。
登山画像
石割山ハイキングコース入口バス停、7:38平…
登山画像
入口バス停では結構遅れてきたバスでしたが、御…
登山画像
「林道終点」、ここからは登山道になります。
登山画像
標高1,010m付近にあったケルン。
登山画像
標高1,070m付近にあった「三合目」と書かれたよ…
登山画像
標高1,100m付近の「折り返し点」、鋭角に曲がっ…
登山画像
「白井平分岐」、尾根道に合流しました。
登山画像
御正体山(1,681m)山頂到着。
登山画像
社の正面から撮り直し、左に三角点があります。
登山画像
前ノ岳手前のヤセ尾根。
登山画像
前ノ岳(1,471m)、なだらかなピークです。
登山画像
中ノ岳(1,411m)。
登山画像
鉄塔巡視路分岐。
登山画像
標高1,360mのピークに建つ送電鉄塔、日当たりの…
登山画像
普段何気なく見ている鉄塔、こうしてみると凄い…
登山画像
送電鉄塔からの富士山と石割山、富士山は晴れて…
登山画像
「石割山分岐」稜線から山伏峠へ下りる道が分岐…
登山画像
石割山分岐と日向峰の中間地点付近のヤセ尾根。
登山画像
日向峰手前のヤセ尾根、道が無くなってしまいそ…
登山画像
送電鉄塔巡視路分岐。
登山画像
巡視路分岐と石割山の中間付近にある根がすっか…
登山画像
その木の下の崖には残雪が・・・。
登山画像
石割山手前からの御正体山、立派な姿を見せてい…
登山画像
石割山山頂に到着、奥は杓子山か。
登山画像
こちらは山頂からの富士山と山中湖、雲はないけ…
登山画像
石割山三角点、随分とせり出してしまいました。
登山画像
富士山をアップで撮ってみました、雪がテカテカ…
登山画像
石割山ハイキングコースを奥社へ向けて下ります…
登山画像
標高1,320m付近に鎮座する大岩。
登山画像
石割神社奥社です、社の脇に巨大な割れたような…
登山画像
石割神社正面です。
登山画像
割れたような岩の隙間。
登山画像
神社すぐ下にある桂のご神木、相模川の上流桂川…
登山画像
林道と登山道の分岐、登山道は藪こきしないと歩…
登山画像
ここが富士見平でしょうか、石割の湯方面とハイ…
登山画像
富士見平から赤い鳥居まで、すべて階段で構成さ…
登山画像
階段を下りきったところ、参道入口という雰囲気…
登山画像
こちらは「赤い鳥居」です。
登山画像
駐車場に戻り無事に終了しました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ライター、カップ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

shine4153さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

shine4153 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!