登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
2018GW南八縦走 赤岳・横岳・硫黄岳・天狗岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

タイゾー さん

この登山記録の行程

【1日目】
唐沢鉱泉(07:50)・・・唐沢鉱泉分岐(09:15)[休憩 10分]・・・黒百合平(10:00)[休憩 20分]・・・中山峠(10:45)・・・東天狗(12:00)[休憩 10分]・・・根石岳(12:40)・・・箕冠山(13:00)・・・オーレン小屋(14:10)

【2日目】
オーレン小屋(06:00)・・・夏沢峠(06:30)[休憩 10分]・・・硫黄岳(08:00)[休憩 10分]・・・大ダルミ(08:30)[休憩 20分]・・・横岳(10:00)[休憩 10分]・・・赤岳天望荘(11:45)[休憩 30分]・・・赤岳(13:00)[休憩 10分]・・・行者小屋(14:30)[休憩 30分]・・・赤岳鉱泉(15:30)

【3日目】
赤岳鉱泉(06:00)・・・堰堤広場(06:50)・・・美濃戸(07:30)・・・美濃戸口(08:00)

総距離 約21.4km 累積標高差 上り:約1,967m
下り:約2,343m
コースタイム 標準:13時間25分
自己:15時間10分
コースタイム倍率 1.13
今回は手軽に縦走できる春山ということで南八ヶ岳にしました。八ヶ岳山荘駐車場に車を置いて仮眠室で朝まで仮眠。翌朝小屋の人にタクシーを頼んでもらったが、この時期予約していないと空いてないとのことでしばらく待たされたが何とか8時前に登山口の唐沢鉱泉に到着。黒百合ヒュッテまでは樹林帯の中の凍結した道、途中でアイゼンを装着しました。黒百合ヒュッテからはアイゼンも必要なく快晴の空のもと天狗岳に12時過ぎに到着。ゆっくり景色を楽しんだ後、根石岳を通ってオーレン小屋に14時過ぎに着きました。今年は雪が少ないようで小屋の周囲も殆ど雪が無く、テント場がぬかるんでいるためスノコが置いてありました。翌朝は寒くて目が覚めました。最低気温が氷点下6度、スノコの上にテントを張っていたため余計に冷えました。この日も朝から快晴で、硫黄岳から赤岳へ縦走するか赤岳鉱泉へ下って地蔵尾根を登るか迷いましたが、赤岳から縦走してきた人の話を聞くと雪は腐っていてアイゼンの必要なしとのことでしたので縦走することに。奥の院の山頂手前の鎖場でアイゼンを着けましたが、結果的にここも半分以上岩場で後から考えるとアイゼンを着ける必要なかったかも。順調に赤岳まで縦走し文三郎道から行者小屋を経由し赤岳鉱泉へ。外来入浴で汗を流し生ビールで乾杯すると疲れも吹き飛びました。翌日はGWの渋滞を避けるため早めに赤岳鉱泉を出発し下山しました。今回は稜線も殆ど風が無く、快晴で天気に恵まれた山行になりました。

登山中の画像
登山画像
唐沢鉱泉登山口
登山画像
黒百合ヒュッテ
登山画像
東天狗から西天狗を望む
登山画像
東天狗から北八ツ方面
登山画像
オーレン小屋
登山画像
硫黄岳山頂
登山画像
硫黄岳から赤岳・阿弥陀岳
登山画像
硫黄岳から天狗岳
登山画像
硫黄岳山荘
登山画像
奥の院。少しピンボケです。ここでアイゼンを着…
登山画像
奥の院頂上から
登山画像
奥の院山頂
登山画像
奥の院を振り返る
登山画像
赤岳への登り。雪は少なく腐ってました。細かく…
登山画像
赤岳展望荘から赤岳
登山画像
赤岳から富士山
登山画像
赤岳から阿弥陀岳
登山画像
行者小屋
登山画像
行者小屋から横岳稜線
登山画像
赤岳鉱泉
登山画像
外来入浴で汗を流し生ビールで乾杯すれば疲れも…
登山画像
アシキャンディーの残骸です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン、アウタージャケット、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ゴーグル、ヘルメット
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

タイゾーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    8月18日に演奏会を開催。例年より気温高く、晴れれば25℃を超える日もあります
    18年08月10日(金)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    登山道上の雨の影響はほとんどなし。夕立や雷など、天候の急変に注意して行動しましょう
    18年08月10日(金)
  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    最近、2回、強い夕立がありました。山の日からお盆にかけて、予約が入ってきていますので、宿泊希望の方はお早めにご連絡ください
    18年08月09日(木)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    台風によって東寄りの風が強かったので北東から南東にある登山道や縦走路に新たな倒木があるかもしれません
    18年07月30日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

タイゾー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年8月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。