登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
瑞牆山「思い立ったが6月ひとり旅・富士見平ピストン」 瑞牆山(関東)
img

記録したユーザー

もりー さん

この登山記録の行程

【1日目】
瑞牆山荘(13:00)・・・富士見平小屋(13:50)

【2日目】
富士見平小屋(06:30)・・・瑞牆山(08:20)[休憩 120分]・・・富士見平小屋(11:50)[休憩 110分]・・・瑞牆山荘(14:10)

総距離 約5.2km 累積標高差 上り:約965m
下り:約965m
コースタイム 標準:5時間
自己:4時間40分
コースタイム倍率 0.93
今回もソロで行ってきましたー。
周回コースとピストンと迷ったのだけど、富士見平小屋までの行程で、体力なくねってのと、腰痛の懸念もあり、ピストンにしようと決めたのです。

そんな訳で、前日に韮崎駅よりバスで瑞牆山荘まで。ここも富士見平もさいきんの山小屋は設備や食事がすごいのね。金峰や瑞牆は人気だからだろうか?食事メニューなどにびっくりしましたよ。

瑞牆山山荘からは左手に登る感じで50分くらい。途中、瑞牆山を眺めることが出来る絶景ポイントがありますよ。たしかベンチもあったかな?
なにせ瑞牆山は、緑の山に岩岩が突き出たような、そのなんとも言えない景観はとても美しい。あの山に登るんだと思うと、途端にテンションは跳ね上がる!
また山きたなーなんで山登るのかなーなんていつもの疑問はこの時から吹き飛んでいたのです。うきうきのまま、富士見平小屋に到着。
まずテントを張るために、小屋に行き1000円を支払う。これにはトイレ代(100円)も含まれる。
ここのテント場はとても広くフラットな場所が多くとても良いです。ある程度の間隔を置いて贅沢に使える。ファミリー用の場所も隔離されてあったりしましたよ。小屋の前にも登山客が使える机が10個くらいはあったかな。
またここは水場が降りて3分くらいのところにあり、天然水を汲み放題です。

初日は13時くらいに着いたので、のんびりコーヒー淹れて本読んで、日本初という山小屋地ビールをくいっとやった。ついでに小屋で売っていた可愛いてるてる坊主の編み物をお土産として買った。これは外国スタッフの方が作っていて、売値600円のうち半分は何かの基金に寄付されるとのこと。これから山の前日はこのてるてる坊主をつるします。とてもよい。

夜は星空を眺めて、すこし散歩して、テントで本を読んでたら寝てしまった。

翌朝、4時くらいには皆さんざわざわし始めて釣られておきました。朝コーヒー飲んで、6:30頃に瑞牆山に向かう。

小屋の左手からいっとき登るが、どんどん下りとなります。途中小川山との分岐があり、軽く行っちゃう?と思ったけど、後で聞いたところ、クライミングの聖地のようでした。iPhoneでちらっと調べたら、標高も瑞牆より高い2400mオーバー。距離も遠い。とても浮気心でいくとこではないねと…ネット繋がって良かったよ。あ、この山は割と電波入ります(Softbank)
さらに下り、石がゴロゴロした小川のようなところに出る。天鳥川の源流かな?
さらに数歩先には最初の椅子と丸太がある。その奥には巨石と奥に続く階段だ。瑞牆山ーきたーって感じです。しばらく登ると、変な大岩の下の隙間に小枝がたくさん立てかけてあった。あとで知ったけどこれが桃太郎岩でした。

ここら辺から急登になっていき、石や岩もちらほらと。チェーンもたまにありました。でもキチンと集中すれば危険なところはあまりない印象。トレッキングポールもこの山はなくてもいいかもしれません。でも手袋は忘れずに。

途中にはシャクナゲも結構咲いていた。けど他の花はあまり見れなかったなあ。しばらく行くと、巨石が空に覆いかぶさるように現れる。これを右手からスルーして行き超えたあたりで、芝生広場との分岐がある。後ろを振り返ると、空もすこし見えて、山々が見えているのよ。なんて言うか山の景色っていつ見ても良いのだよね。すがすがしくも静かに心のうちでワーっとなる。

ここからは小一時間程度の登りです。あれっと間にワイワイ声が聞こえてきて、山頂やーー!とうきうき。8:30くらいに到着。
久々の晴れの山頂で風も少なく最高すぎた。富士山や南アルプス、金峰の五丈岩も(ちっさく)見えたよ。眼下には、大ヤスリ岩。今日はクライマーの方おりませんでした。八ヶ岳は雲で拝めず。金峰山の稜線綺麗だったなーと思い出したりと、パノラマ写真を撮って、もうなんか感激。やっぱり山頂は格別なのです。

一通り眺めて心ふるふるしたので、ご飯の支度のための場所探し。この山頂は、やはり巨石の上にあるようで、フラットな場所は少なく、人がそんなに落ち着けるスペースもない。たまたまおれは右の隅っこの絶壁、へんな水溜りのある岩のところ、大ヤスリ岩を真下に見えるちょい斜めってる場所を陣取れたのです。

すっかり気に入ってしまった、たらこ雑炊とキャベツと鮭のちゃんちゃん汁(初)をお湯で戻す。ちゃんちゃん汁おすすめ。
その後、コーヒーを挽き、コポコポさせながらタバコをぷー。一口目ではぁぁんと声出したら、横にいたおじさんがコーヒー美味いすよねと話しかけてくれた。金峰や常念のこと、冬山は乗鞍からやったら良いよとか、白馬の明け方に入る温泉は東向きで日の出がヤバイよとか、いろんな話をしました。とても熱く嬉しく、ありがとう、とてもね楽しかったです。そんなこんなで晴れていて無風で景色も終始良い天国になんやかんや2時間くらいいたのです。
ふと立ち上がり周りを見ると、この時間になると人はごった返してた。10時前には行かないと山頂でご飯なども厳しいかもしれないです。

帰り道はさくさくと。不思議と腰も治ったのか全然痛くない。こりゃあと3〜4時間は歩けるなとか調子に乗りかけけど、やはり自然の中と、おじさんの言っていた身体を動かすこと(入酸素運動)の賜物なのかしら。山ってだから素敵だ。だから好きだ。みんな大地からの恩恵を身体で感じたらいいのになといつか山で踊っていたあの日を思い出す。
そうそう帰りもトレッキングポールは一切使わず。トレッキングポールってザックにつけるのもたまに樹々をくぐった時とか引っかかるし、ほんとは持っていきたくない。でもあるとすげー楽なのでつい持って行ってしまう。この山は要らないよ!とか事前に分かるといいんだけどなー。そんな訳で瑞牆はたぶんなくて良いです。

富士見平小屋に戻って、コーヒーを淹れるか迷ったけど、ミルを洗うのもちょっとだるくなってたので、山小屋のハワイコナといちじくのケーキのセット(1500円)を頼む。周りの方々は中華丼やきのこうどん(売り切れてた)をむしゃむしゃ、あたいはケーキを堪能。キウイのジャムがついてて、これが美味。

テントを片して、14:20のバスに乗り込むために走り下りる。この時間でも15人くらい並んでた。私は立ちでした。やはり人気の山なのだな。

14:42に日帰り入浴「増富の湯」バス停に着く。次の15:42までにひとっ風呂浴びないと!もう少しのんびりしたいのだけど、これより後は時間持て余すし、韮崎からの電車的に、15:42発〜16:35着に滑り込みたかったので、がんばった。

のんびり旅となった今回は、瑞牆を見ながらの周回コースを楽しみにしていたけど、ピストンで短い登山時間の分、他でのんびりとできてとても楽しめた。
今回も山部のみんなとは行けずに、単独行となった。ひとりの旅は全てが自由で楽だし、そもそも山行なんだから最高に楽しい。でもたまに寂しくもなるし、山頂で、わーーってのをみんなと分かち合いたくはなるよね。また次回、いきたいのですよ、みなさん。
さあさあ、次早くいきたーい。

登山中の画像
登山画像
瑞牆山荘到着
登山画像
瑞牆山荘を背にして、左側が登山道
登山画像
しばらく歩くと瑞牆山の絶景ポイントが!ここに…
登山画像
富士見平小屋のテント場。とてもフラットで広く…
登山画像
おいしそうなメニューばかり。食事は我慢しまし…
登山画像
ベンチなども多いです。トイレは100円。テント泊…
登山画像
結局、TANI 2P。私のスタイルにはこれでいいよう…
登山画像
富士見平小屋から下ること3分くらいに天然湧き水…
登山画像
富士見平小屋 地ビールはとても美味かった!ほか…
登山画像
小屋メニューに惹かれつつもお湯で戻すこれです。
登山画像
富士見平小屋からの出発地点
登山画像
奥には小川山の分岐も
登山画像
シャクナゲたくさん咲いていた
登山画像
天鳥川源流。水はちろちろでした
登山画像
天鳥川源流すこしいくとベンチが。
登山画像
さらにその奥にはしごがあり登山スタートって雰…
登山画像
鎖もちょこちょこ登場
登山画像
登山画像
桃太郎岩。肝心の全容を撮れず
登山画像
時折道を見失う。赤いリボンを探して進みます
登山画像
見上げたところに巨石。これが見えたらあと少し
登山画像
わいわいがやがや聞こえてきたら山頂ですよね
登山画像
パノラマ撮影
登山画像
大ヤスリ岩
登山画像
お昼ごはん
登山画像
SPORTS YOKANよい
登山画像
左にも路線バスの時刻表があったけど未調査
登山画像
テント撤収前のひととき。贅沢しちゃいました
登山画像
お土産のてるてる坊主
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、テントマット、ライター、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

もりーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    いよいよシャクナゲ(石楠花)の季節到来です。富士見平小屋横のシャクナゲが咲きだしました
    19年05月24日(金)
    富士見平小屋~瑞牆山・金峰山
    富士見平小屋
    小屋前のシャクナゲは満開になりました。金峰山へはまだ残雪あり、軽アイゼンがあると良いでしょう
    19年05月24日(金)
  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    今年は残雪多めで花も遅れ気味。金峰山は軽アイゼンの用意を。気温上昇とともに熱中症対策も
    19年05月23日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

もりー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...