登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
八ヶ岳(観音平~赤岳~美濃戸) 権現岳、赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

すえぞう さん

この登山記録の行程

【1日目】
観音平(09:30)・・・雲海(10:15)・・・押手川(10:55)・・・青年小屋(12:00)[休憩 60分]・・・権現岳(14:20)[休憩 30分]・・・キレット小屋(16:15)

【2日目】
キレット小屋(05:30)・・・赤岳(07:15)[休憩 45分]・・・赤岳・・・行者小屋(09:20)[休憩 5分]・・・美濃戸(11:10)[休憩 5分]・・・美濃戸口(12:10)

総距離 約16.3km 累積標高差 上り:約1,880m
下り:約1,958m
コースタイム 標準:12時間30分
自己:11時間
コースタイム倍率 0.88
だいぶ前から計画していた2泊3日八ヶ岳縦走!
南八ヶ岳から北八ヶ岳までの約21㎞を歩く予定

なんで急に台風が。。。

1日目は天気良さそうで、2日目も最難関のキレットは越えられそう。エスケープルートを考えて、あとは現地判断として予定通り出発!

1日目、天気も良く、2週間前の灼熱の尾根歩きに比べ快適。写真もイイ感じに撮れる。楽しい!
今夜の宿泊客は我々2名+1名さんの3名。シーズン中としては異例の快適さ!^^ゞ

2日目4時、小屋の周りはまだ雨風共にそうひどくない。
早めにキレットから赤岳登りきって、その先は下山するか考えた方がいいという小屋番さんの意見で5時過ぎに出発。
なんとか赤岳登頂し、頂上山荘で雨宿り&休憩させてもらう。たぶん普通はまだやらないコーヒーを出してもらって休憩。助かる~

すでに東側からの雨風が強く、この先の横岳は切り立った東斜面を通ることになるので、今回はここから西側に下山することにしました。

八ヶ岳南北縦走、晴れの赤岳山頂はまたの機会に~

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すえぞうさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すえぞう さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2018年12月10日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?