硫黄岳山荘からの現地情報 八ヶ岳・硫黄岳周辺の情報

朝から雪が降り始めました。新雪は1cmほどでしたが、のち、昼には5cmになりました。冬山に登る支度が必要です。

硫黄岳山荘

▲根石岳山頂より(17.11.29 硫黄岳山荘)

松本の天気予報
明日

曇時々晴
- / -
明後日

晴時々曇
3℃ / -7℃
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
甲府の天気予報
明日


- / -
明後日


9℃ / -3℃
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
会員登録すると、付近の山の天気予報を見たり、メールによる天気や山岳情報を受信できたりするようになります。これを機会に、ぜひ会員登録しましょう。

⇒ログイン/会員登録

天気・気温

12/05(火) 夏沢鉱泉 :標高2,060m 7:00 曇り 気温-8℃。風はほとんどありません。

周辺状況

朝から雪が降り始めました。新雪は1cmほどでしたが、のち、昼には5cmになりました。

<降雪、積雪量>
例年より寒くなるのが早く、降り出すのも早いです。山の上は、積雪量が増えています。ご注意ください。
桜平駐車場(中)2~5cm
夏沢鉱泉 15~25cm
夏沢峠 60~70cm(峠の硫黄岳山荘方面、吹きだまりでは80cm以上)
赤岩の頭(北側)40~80cm
硫黄岳、天狗岳の頂上、稜線の高山帯 20~40cm

登山道

登山道上は積雪があります。
特に支障となるものはなく、グリーンシーズンと同じで 通行可能です。
雪と防寒への対策が必要です。
トレースは、ほぼついています。降雪直後はトレースなくても、登山道は開いた感じになっていますのでわかりやすいです。
森の中は赤テープを、硫黄や天狗への稜線ではオレンジ杭を、登山道の目印にしてください。

<雪の登山口:12/5(火)時点>
・桜平駐車場(上)までは、進入をご遠慮ください。積雪が増えているため。
・桜平駐車場(中)にご駐車ください。約60台の駐車可能です。進入できるのは、冬用のタイヤの装着した4WD車に限られます。途中で路面が圧雪された状態になっていて滑りやすいです。慎重に運転してください。
・2WD車は、桜平駐車場(下)までしか入れません。ノーマルタイヤ不可。

<桜平の登山口へのアプローチ>
→駐車画像のリンク http://www004.upp.so-net.ne.jp/natsuzawa/saishin-sub/parking-sub/parking-sub-a.html

装備

装備のポイント:冬山に登る支度が必要です。
具体的には…
・冬用の上下アウター(2,500mまでの森林限界まで:透湿性の雨具の上下でも可)
・アイゼン 前爪のある10本爪以上のもの(森林限界まで:軽アイゼン、チェーンスパイクでも可)
・耳までおおえる帽子(できれば目出帽、バラクラバ)、厚手の手袋(できればダブルタイプ)
・ピッケル、ストックは、まだなくても登れます。ご自身のご判断で。
・登山靴は冷えないように。防寒のき効く靴か、対策をしてください。
・スノーシュー、ワカンは、不要です。そこまで積雪ありません。

注意

【八ヶ岳全域の情報として】
・11/16(木)~2018年4月中旬まで 国道299(麦草峠)は冬期通行止め。
・11/27(月)~12/8(金) 北八ヶ岳ロープウエー 整備のため運休
<工事:通行にご注意>
・12/10ころまでの桜平ゲートの上、シラナギ沢の坂の上で、林野庁が堰堤工事中

【冬期の桜平登山口について】
★安全のための「進入制限」について、現地にて 適宜 看板を立てて告知させていただきます。
ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。
<ポイント>
①通常は 12/下旬~4/中旬の期間、積雪量が多いため一般車の通行は、分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐)までとし、ここに駐車していただいております。約10台の駐車が可能(無料)。
②上記の期間内で、積雪が少ない場合は、桜平駐車場(下)まで進入して、駐車することができます(70台。無料)。
(*桜平駐車場(下)は、分岐より1km先。桜平ゲートの手前約3kmの位置です)。
③夏沢鉱泉の「雪上車」や「雪専用の業務用車」が、これより上で運行していますが、同じように進入することは危険です。
④進入できるように見えますが、入るとすぐに雪深くなり、Uターンできなくなります。
⑤ごくまれに、無理をして入る車もありますが、とても危険です。脱出をお手伝いすることもありますが、できない場合もございます。

その他のお知らせ

【山荘営業の情報】
・夏沢鉱泉は通年営業中、根石岳山荘は 12/29~1/2泊、1~3月の休前日の営業行います。
稜線の硫黄岳山荘と根石岳山荘は、現在、冬期休業中です。
→ 2018年は、硫黄岳山荘は4/21(土)、根石岳山荘は4/28(土)からの営業を予定しています。

<周辺山小屋状況 11/27(月)時点>
・営業中:本沢温泉、しらびそ小屋、黒百合ヒュッテ、高見石小屋、赤岳鉱泉、
・休業中:オーレン小屋、山びこ荘、ヒュッテ夏沢、行者小屋、赤岳天望荘、赤岳頂上山荘

【根石岳山荘の冬限定サービス】 稜線の営業小屋で画期的、それも冬期に! 
冬期営業に合わせて、JR茅野駅からの無料送迎を行います。「お迎え」と「お送り」に対応します。
①お迎えは、午前便のみ「9:15茅野駅東口」発 →10:40ころ桜平ゲート着
②お送りは、午後便のみ「14:00桜平ゲート」発 →15:30ころJR茅野駅着
③夏沢鉱泉の送迎便を利用するスタイルになります。定員があり、ご予約順です。
④FreeWi-Fi設備あります(通年)。

【夏沢鉱泉のサービス】(継続して)
①FreeWi-Fi設備あります。
②カード決済に対応しています(少額の場合は、対応難しい場合があります)。
③冬期でも水洗トイレ、温泉に入浴でき、温水シャワーも利用可能です。
④就寝まえに、みなさまに湯たんぽのサービスを行っています。加えて、歯ブラシ付のタオルセットをさし上げています(お一人ひとつ)。
⑤ご希望の方には、JR茅野駅(唐沢・夏沢分岐)~桜平ゲートまでの「お迎え」「お送り」を無料で行っています。
(時刻が決まっており定員があります。要ご予約。ご予約順になります)

【イベント情報】
①年末年始イベント
・年末12/31、根石岳山荘・夏沢鉱泉にて忘年会。
→ 地酒やワインをサービス。参加の方には、年越しそばもサービスいたします。
・正月1/1、根石岳山荘・夏沢鉱泉にて忘年会。
→ 地酒やワインをサービス。

②稜線トレッキング 「硫黄岳と天狗岳を愉しむ」 (登山教室スタイル)定員4名限定(催行は2名様から)。
安全に、ゆったりしたペースで、「すばらしい冬の八ケ岳」を歩いてみませんか。冬山基礎技術の講習、山の楽しみ方の話などあります。
★料金と内訳:36,000円税込(当日に宿にてお支払、予約金不要)
1泊3食、ガイド料、下山時の入浴、傷害保険料、すべて含みJR茅野駅~登山口までの送迎無料。
Aコース 夏沢鉱泉(泊)12/9(土)~10(日)、 12/15(金)~16(土)、12/22(金)~23(土) 
1日目9:15茅野駅東口集合、硫黄岳登山。2日目 天狗岳登山、15:30同場所 解散。
Bコース 根石岳山荘(泊)年末年始と 1~3月の土日 
12月企画:12/29(金)~30(土)、12/31(日)~1/1(月)
1月企画:1/2(火)~3(水)、1/6(土)~7(日)、1/13(土)~14(日)、1/20(土)~21(日)、1/27(土)~28(日)
2月企画:2/3(土)~4土日、2/10(土)~11(日)、2/17(土)~18(日)、2/24(土)~25(日)
3月企画:3/3(土)~4(日)、3/10(土)~11(日)、3/17(土)~18(日)、3/24(土)~25日(日)、3/31(土)~4/1(日)
1日目9:15茅野駅東口集合 天狗岳登山、2日目 硫黄岳登山 15:30同場所 解散
(催行日により集合時間がお昼頃になり、登る山のタイミングが変わる場合がございます)
Cコース 夏沢鉱泉(泊)4/7(土)~8(日)、4/14(土)~15(日)
1日目9:15茅野駅東口集合 硫黄岳登山、2日目 天狗岳登山 15:30同場所 解散
*装備:冬用のアウター上下、ピッケル、前爪のある10本爪以上のアイゼン必要(レンタルあり)
*上記以外に、平日でも催行いたします(月~木:特別 5,000円割引)。具体的な日程で、お問い合わせください。

昨年の今頃の様子は? ※ 詳細は登録会員の方限定。 ⇒会員登録はこちら

硫黄岳山荘周辺の最近の様子  ※ クリックすると拡大します

  • 根石岳山頂より
  • 根石岳山頂より
  • 根石岳山頂より
  • 夏沢鉱泉に現れたテン
  • 赤岩の頭より
  • 赤岩の頭より
  • 赤岩の頭より
  • 硫黄岳初積雪(19日、朝6時の写真)
  • 硫黄岳初積雪(19日、朝6時の写真)
  • ウメバチソウ
  • チシマギキョウ
  • オンタデ
硫黄岳山荘

連絡先:0266-73-6673  現地連絡先:090-3142-8469
営業期間
4/下~11/中、年末年始
関連山域

ユーザーからの八ヶ岳・硫黄岳周辺の情報

もっと見る

周辺の現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    登山道はトレースあり、雪も締まって歩きやすい状態。白駒池は乗っても大丈夫なくらい凍りました
    17年12月08日(金)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    周辺の積雪が30cmになりました。ヒュッテから上に登る場合は10本爪以上のアイゼン必携
    17年12月08日(金)
  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    昨日の朝は-2℃でした。シラカバ、ダケカンバの葉が黄色く、ナナカマドやヤマザクラ、ヤマモミジが赤く紅葉しています。
    17年10月06日(金)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    朝から雪が降り始めました。新雪は1cmほどでしたが、のち、昼には5cmになりました。冬山に登る支度が必要です。
    17年12月05日(火)
  • 赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    鉱泉前の積雪は20㎝。硬いです。鉱泉より上は12本爪アイゼン+ピッケル必須です。アイスキャンディー(人工氷瀑)は天気次第で今週末から。
    17年12月05日(火)
    赤岳天望荘~八ヶ岳・赤岳
    赤岳天望荘
    赤岳天望荘は11月6日で本年の営業をいったん終了いたします
    17年11月06日(月)

関連のモデルコース

  • 迫力の火口壁と、高山植物の宝庫を歩く
    4時間15分 日帰り
    桜平・・・夏沢鉱泉・・・オーレン小屋・・・夏沢峠・・・硫黄岳 ・・・夏沢峠・・・オーレン小屋・・・夏...
  • 赤岳 横岳・硫黄岳 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 11時間40分 1泊2日
    【1日目】美濃戸口・・・美濃戸・・・堰堤広場・・・赤岳鉱泉・・・赤岩ノ頭・・・硫黄岳・・・大ダルミ【...
  • 赤岳・横岳・硫黄岳(杣添尾根) 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 11時間50分 1泊2日
    【1日目】横岳登山口・・・貯水池・・・枯木帯・・・横岳・・・大ダルミ・・・硫黄岳・・・大ダルミ【2日...

硫黄岳山荘周辺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた