登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
鳳凰三山周遊 (南アルプス)
img

記録したユーザー

Yuji-kun さん

この登山記録の行程

【1日目】
青木鉱泉(05:25)・・・南精進ノ滝(07:28)・・・五色ノ滝(10:50)[休憩 9分]・・・鳳凰小屋(12:00)

【2日目】
鳳凰小屋(05:08)・・・アカヌケ沢ノ頭(06:45)[休憩 10分]・・・観音岳(08:15)[休憩 25分]・・・御座石(10:10)[休憩 6分]・・・中道登山道入口(12:52)[休憩 5分]・・・青木鉱泉(13:45)

総距離 約14.6km 累積標高差 上り:約2,200m
下り:約2,200m
コースタイム 標準:12時間5分
自己:14時間17分
コースタイム倍率 1.18
青木鉱泉駐車場には4:30頃到着。盆休み期間真っ只中ということで、駐車できないことも心配したが、約100台のキャパシティがある駐車場は早朝着で70%程度の込み具合だった。今回は久しぶりのテント泊を予定しており、テン場も同じく盆休み期間中の混雑が心配されたので、予定を前倒し、朝食をとって早々に出発した。鳳凰小屋からドンドコ沢の登山道は赤布、赤ペンキがしっかりあるので迷うことはなかった。しばらく林道を行った頃、右を直登するガレ場に赤ペンキがあったが、あまりにも登山道らしくないので無視した。一方、ヤマケイの地図上では沢に沿ってひたすら進むが、実際には数回渓流を横切る箇所があり、別の道を行っているのでは、と少し心配になった。登山道は林の中で展望はないが、コースタイムの目安になるいくつかの滝を目指して進んだ。南精進ノ滝は登山道から少し外れないと見えないので行かなかったが、白糸の滝、五色の滝は登山道からも見え、立派な滝であった。途中、五色の滝を示す道標があり、少し下りて沢沿いに100mほど遡上するとかなたに滝が見えたが、実際の五色の滝のポイント(コースタイムポイント)はさらに上にあるので要注意。最初の道標に従っても沢に入らない限り滝の直近にはいけない。南精進ノ滝から五色の滝までのコースタイムは距離に比してとても長いが、実際にきついのぼりでそれだけの時間を要した。また、テント泊のため普段より重い荷物で体力が消耗し、五色の滝から鳳凰小屋までの1時間の道のりは歩いては立ち止まりの繰返しだった。鳳凰小屋の手前には庭園のようにのどかな場所があるが、疲労でその景観を楽しむ余裕はなかった。鳳凰小屋に着くと、スタッフの女性がすぐに声をかけてきたので、テン場利用を告げ、テント設営を行った。予定より早く、12時に到着できたので、小屋の直近エリアは埋まっていたものの、その先には2張りほどしかなく、全体の5割程度の込み具合だった。しかしながら、その日のうちにテン場は満員になり、隣のテントとの距離は30cm程度しかなかった。
午後から降った雨は夜のうちに上がり、翌朝は雲はあるものの晴れ間が除いていた。2日目は初日よりも長い行程となるため、朝食をとりテントを撤収して早々に出発すると、歩き始めてすぐに朝日が雲間に現れた。地蔵岳への上りは、最初は木の根の段がしっかりとついた歩きやすい道だが、オベリスクが見えると砂地に変わる。前日の雨のおかげで少ししまっていたが、乾燥時や雨中だと歩きにくそうに感じた。オベリスクを右手に眺めながらひたすら砂地を上がるとほどなく賽ノ河原の到着した。荷を置いて、オベリスクに向けて少し上がると、甲斐駒が目の前に迫る光景が得られた。反対側には、この後向う観音岳の左手に雲をかぶった富士山がそびえていた。賽ノ河原から10分ほどでアカヌケ沢ノ頭につくと、それまで見えなかった白根三山が姿を現した。北岳、間ノ岳の山頂には雲がかかっていたが、観音岳への尾根を歩くうちに山頂が顔を現した。残念ながら稜線の左側から雲が上がってきたため八ヶ岳、富士山が隠れてしまったが、甲斐駒から仙丈、白根三山までが一望できる観音岳山頂からの眺めは圧巻だった。景色を満喫しつつ軽い昼食をとって薬師岳に向うが、南アルプス屈指の稜線歩きも展望は雲に阻まれてしまった。薬師岳の広い山頂に着くと白根三山も見納めとなり、後はひたすら中道をくだることになった。道は悪くはないが、一切のぼりのない4時間のくだりは50過ぎの体にはかなりこたえるものであったうえ、御座石を過ぎて1時間ほど歩くと雨が降りだした。やむ気配がないため雨具をつけるが、その後は林の中を緩やかに歩く道が所々に現れ、晴れていればとても快適そうな下山路に思われた。御座石から2時間も歩いた頃、「登山口」の小さな道標が現れたので、中道登山口に着いたものと思ったが、本当の中道登山口まではさらに50分ほどの九十九折のくだりが残っていたうえ、追い討ちをかけるような激しい雷雨に襲われた。雷鳴の中を恐怖に駆られながら、川と化した山道をずぶぬれのままひたすら先を急いだ。中道登山口から青木鉱泉までは40分の林道歩きだが、ここでも雨はやみきらず、青木鉱泉直前になってようやく晴れ間が覗いた。最後の2時間はこれまでに経験したことのない悲惨な下山だったが、稜線からの眺めは最高の山行であった。

登山中の画像
登山画像
彼方に見えた最初の滝。南精進ノ滝?
登山画像
地図にはないが、小滝の渓流を横切る
登山画像
途中の渓流
登山画像
白糸の滝
登山画像
途中の道標につられて沢を少し遡上すると彼方に…
登山画像
沢に入らない限り、直近まではいけない
登山画像
地図のポイントからの五色の滝
登山画像
鳳凰小屋の横には清流が流れる
登山画像
お盆のテン場は満員だった
登山画像
砂地上りからのオベリスク
登山画像
韮崎の町は雲の下
登山画像
徐々にオベリスクに近づく
登山画像
砂地上りからこの後向かう観音岳を望む
登山画像
地蔵岳山頂の岩塊
登山画像
険しい岩塊
登山画像
見事なオベリスク
登山画像
地蔵岳山頂のお地蔵さん
登山画像
地蔵岳からの甲斐駒ヶ岳
登山画像
地蔵岳からの仙丈ケ岳
登山画像
甲斐駒から仙丈まで一望できる
登山画像
観音岳の左には富士山
登山画像
甲斐駒の山頂は雲の中
登山画像
賽ノ河原のお地蔵さん達
登山画像
アカヌケ沢ノ頭から地蔵岳を振り返る
登山画像
アカヌケ沢ノ頭からは白根三山が望める
登山画像
観音岳に向かう途中で北岳山頂の雲が切れてきた
登山画像
ほぼ雲が切れた白根三山
登山画像
観音岳から地蔵岳・甲斐駒方面
登山画像
観音岳から白根三山
登山画像
観音岳のパノラマ
登山画像
観音岳三角点にクワガタがしがみついていた
登山画像
薬師岳に向かう稜線は左から雲が上がってきた
登山画像
薬師岳山頂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テント、シュラフ、シュラフカバー、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    2/19昼~2/20深夜にかけて山頂付近まで雨。今後は登山道の様子が大きく変化する時期です
    19年02月21日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yuji-kun さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。