登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
池の平湿原~槍穂高白馬岳の眺望と秋の高山植物を楽しむ~ 池の平湿原・見晴岳(上信越)
img

記録したユーザー

モーちゃん さん
  • 日程

    2018年8月19日(日)

  • パーティ

    2人 (モーちゃん さん 、妻 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:上信越道小諸ICより地蔵峠を経て、林道に入り、池の平湿原駐車場。バイオ水洗トイレ有。売店無。駐車料500円。利用時間7~16時30分まで。

  • 天候

    晴れ後曇り。涼しい風。気温駐車場7:25 9℃、11:28 18℃。
    [2018年08月19日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

自宅5:00→6:50小諸IC→7:15地蔵峠→7:25池の平湿原駐車場(トイレ)7:44・・・7:47登山口・・・8:07村界の丘8:10・・・雷の丘・・・8:46雲上の丘8:58・・・9:11分岐・・・9:15見晴岳・・・9:17展望所9:23・・・9:25見晴岳9:28・・・9:52三方ヶ峰9:56・・・10:14池ノ平湿原鏡池10:18・・・放開口・・・10:35グリーン広場10:38・・・10:50登山口・・・10:52駐車場(昼食・トイレ)11:38・・・雷電道の駅(買物・トイレ)・・・小諸IC・・・14:30自宅。

 眺望がこの時期としては良かった方です。雲上の丘に着くと、絶景が広がっていました。特に北アルプスがはっきりと見えて感動しました。穂高連峰・槍ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・白馬岳等々の名山が眺められました。焼岳・火打岳・妙高は、山頂付近が目視出来ました。富士山・奥秩父・八ヶ岳も見えたのですが、逆光になりました。
 近景は、すっきりと見えていました。東には、西篭ノ登山・東篭ノ登山・水ノ塔山。黑斑山の後方には浅間山・高峯山。北には烏帽子岳・湯ノ丸山・根子岳・四阿山。ところが9時を過ぎると、雲が流れ込み、アルプスの眺望は見えにくくなってしまいました。

 今年は、夏の高山植物がもうすでに終わり、秋の花も旬をやや過ぎているように感じました。私は、昨年も同じ時期(2017年8月20日)に出かけたのですが、見られる花がかなり違っていて、戸惑いました。マツムシソウ・アキノキリンソウ・エゾリンドウ・ヤマハハコが多かったです。イワインチン・タチコゴメグサ・ハンゴンソウも咲いていました。

 登山道は、標高差が少なく、整備されているので、運動靴でも散策できます。私たちは、反時計回りに歩きました。雲や霧が発生する前に眺望を楽しむためです。
 池の平湿原は、乾燥化が進んでいて、高山植物が少ないです。一方、周囲の丘や山には大変多いのて、楽しむことができます。また行きたいなと思いました。
 高速道はやや混雑していましたが、渋滞する前に帰宅することができて、ほっとしました。渋滞中に玉突き追突されたことは、今でも忘れることができません。無事に帰宅するまでが、登山と思い、いつも気持ちを引き締めています。

登山中の画像
  • 駐車場から池の平湿原の外輪山をなしている丘や山へ向かう。
  • 登山道の入り口。看板は林道通行可能時間(7~17時)を告知。
  • ノアザミ。
  • カワラナデシコ。
  • ヤマハハコ。
  • ワレモコウ。
  • ハクサンフウロが多い。
  • エゾリンドウ。
  • 花が、頭部だけでなく、茎の途中にも付いていた。
  • マツムシソウ。咲き終わった花も多かった。
  • ハチが蜜を吸いに来ていた。手で払っても、すぐに戻って来た。
  • ハクサンフウロが群生。
  • 大きな株だ。
  • アキアカネも多い。
  • ツリガネニンジン。
  • シラタマノキ。
  • 赤い実。キイチゴかな。
  • 村界の丘に到着。東方と南方(逆光)の展望が良い。
  • 蛇骨岳・黒斑山の奥には浅間山の釜が見えた。
  • 左から西篭ノ登山・東篭ノ登山・水ノ塔山。
  • 赤い実は何だ(調査中)。
  • 黄色い花はイワインチン。
  • 少しズーム。
  • イタドリ。
  • 雷の丘は展望無。
  • 木陰にはヤナギランが咲き残っていた。
  • 花をズーム。
  • ハナイカリかな。
  • ウスユキソウ。
  • ハクサンフウロの群生も多い。
  • 雲上の丘に到着。絶景に感動。
  • 東には、東篭ノ登山・水ノ塔山そして浅間山。
  • 眼下は池の平湿原。その奥は高峯山。後方は浅間山。
  • 南は八ヶ岳連峰。撮影はできなかったが、富士山が目視できた。
  • 北アルプスの峰々。ズームしてみると。
  • 穂高連峰。
  • 槍ヶ岳。
  • 双耳峰は鹿島槍ヶ岳。
  • 白馬三山(右端から左へ白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳)。
  • 白馬岳をズーム。
  • 杓子岳をズーム。
  • 近景は左烏帽子岳・右は湯ノ丸山。背後は白馬三山。
  • 北には根子岳・四阿山。
  • タチコゴメグサ。
  • ズーム。
  • シラタマノキ。
  • 大きなキノコ。
  • ホタルブクロ(見晴岳の手前階段)。
  • トモエシオガマ。残念ながら旬を過ぎていた(見晴岳付近)。
  • 見晴岳山頂さ。残念ながら雲と霧で眺望が楽しめない。
  • 黒い実は。
  • イブキジャコウソウの咲き残り。昨年今頃は旬だったのに残念。
  • ズーム。
  • 見晴岳から地蔵峠方面へ進むと展望所付近にはシャジクソウが多い。
  • 見晴岳に戻って小休止。トモエシオガマ。
  • イブキジャコウソウが咲いた後の様子。
  • ススキが風で揺れていた。涼しい稜線歩きができた。
  • 三方ヶ峰へ向かう。
  • 笹原には、エゾリンドウが笹に負けじと顔を出していた。
  • 三方ヶ峰に到着。
  • ノアザミには大きなチョウ。ニホンカモシカがいたが、撮影できず残念。
  • 池ノ平湿原に下りると鏡池近辺には、ハナラッキョウの花。
  • 大きな株だ。
  • 鏡池の周りは、早くも草紅葉だ。
  • 鏡池の奥は歩いて来た雲上の丘、見晴岳方面。湿原を放開口方面へ向い周回した。
  • グリーン広場から緩やかな坂を上り、登山口へ戻る
  • ハンゴンソウが多い。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モーちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高峰温泉 ~浅間山
    高峰温泉
    唐松の緑が一段と増し、高峯山では遅いダケカンバの芽吹きが始まりました
    19年06月11日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モーちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...