登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
谷川岳 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

初級者 さん

この登山記録の行程

<1日目>
土合駅着(8:33)…土合駅発(8:55)…西黒尾根登山口(9:31)…ラクダの背(11:25)…ラクダのコル(11:29)…ザンゲ岩(12:33)…肩の小屋(13:00~13:20)…オキの耳(13:38)…一ノ倉岳避難小屋(14:39~14:44)…茂倉岳(15:01)…茂倉岳避難小屋(15:10)

<2日目>
茂倉岳避難小屋(5:55)…茂倉岳(6:14)…一ノ倉岳(6:34)…オキの耳(7:27~7:40)…トマの耳(7:51)…肩の小屋(7:55)…田尻尾根への分岐(9:08)…道路着(10:25)…土合駅(10:40)


総距離 約18.0km 累積標高差 上り:約2,027m
下り:約2,207m
【1日目】
・計画では、西黒尾根を登り蓬ヒュッテに泊まり土樽へ縦走するつもりが、直前の予報で初日午前中は雨、午後になったらやみ、2日目は晴れとのこと。1日目に景色重視のルートにしていたのでかなり悩んだが、一旦計画通りにスタート。
・本格的な雨登山は初。西黒尾根のチェーンの岩場が滑る滑る。ビビリの自分には下山での利用は厳しいと判断、計画変更してもこのルートは選択しないことを決定。時折ロープウウェーの天神平駅が見えるが、ガスでほぼ何も見えず。
・肩の小屋、3連休初日にて1か月前の時点で既に宿泊予約満杯だったが、やはりこの天気でキャンセルありとのこと。風雨が強くここに泊まってしまおうかと悩んだが、電話番号を教えてもらいひとまず出発。
・トマノ耳、オキの耳とも風雨で全く何も見えずスルー。雨具が暑くて半袖Tシャツで移動。自分がよほど汗かきなのか・・・
・トマノ耳~一ノ倉岳の間、勝手な想像で稜線歩きの余裕尺尺のハイキングルートとしか思っていなかったが、とんでもなかった。地図では行きも帰りも55分とあるが、アップダウンがあるから同じであることに気付く。さらに予想外だったのがここにもいくつか鎖場。特に最後の鎖は雨で滑りやすく、高低差もあって足をかける場所も少ない。天候も悪く断念して肩の小屋に宿泊の電話するも電波通じず。ここで戻って空きが無ければ泣きっ面に鉢。結局、慎重に前進することとした。それにしても天候が悪いとトマノ耳~一ノ倉岳の間は誰一人会うことは無い寂しいルートであった。
・天候回復の兆しなく、蓬ヒュッテをあきらめ茂倉岳避難小屋へ。立派な小屋で満員になるとも聞いていたし連休初日なので、満室ならもうひと踏ん張りして蓬まで向かわねばと思っていたが、15:00到着時点で自分含め3人。あとから4名の団体到着(避難小屋泊前提で4名で来るとは勇気あるな・・・もしくは自分と同じでこの天気で人は少ないと踏んだのか)。ここは電波は入る(ドコモ)ので蓬ヒュッテにお詫びの電話。
<茂倉岳避難小屋装備>
・7つのスペースに分かれている。7×2=14名は余裕で泊まれる。
・寝袋が多く吊るされており利用自由。銀マットまで置いてあった。
・ハンガー5個ほど。
・物干し用ロープ複数。
・長テーブルが3つ。早いもの勝ち(自分もゲット)。
・サンダルあり。
・携帯電波は、寝床は入らないが、入口と外は入る。
・トイレは建屋のすぐ隣に2つ。
・水場は小屋の裏、徒歩1分ほど下りたところあり。
⇒ 結論:無人小屋だが素晴らしい装備。

【2日目】
・「天気悪ければそのまま土樽へ向かいさっさと下山、予報通り晴れて景色が望めるなら、ちょっと頑張ってもう一度オキノ耳へ向かう」と決めて寝たが、5:40頃の時点で(日の出は5:20頃)かなり景色が望める状態まで回復していたので改めて谷川岳を目指すことに。
・昨日の何も見えない辛さが嘘のように、尾根歩きはいつでもどこでも景色は最高。急な上り坂も全く苦にならない。
・昨日と違い、一ノ倉岳からオキノ耳に向かうルートでは何人かすれ違った。初日は霧ではわからなかったが、景色が望めるとそれはそれで一ノ倉岳ノゾキなどは恐ろしい岸壁。
・頂上の景色はいわずもがな、省略。ただ、山小屋スタートのためこの時間は麓から登ってきた人もほとんどおらず、静かな山頂だったのが最高。きっと昼前後はとんでもない人混みになっていたはず。
・肩の小屋でトイレを拝借。協力金100円。
・西黒尾根は使わないと決めたので天神峠方面へ。頂上~天神平の間はロープウェーで上がってきた観光客が多いと聞いていたので楽ちん尾根だと思っていたが、それなりにきつい下山であった。
・朝からロープウェーで上がってきた人、天気が良くなったせいか多すぎ。とにかく長蛇、渋滞。幅の狭いところは登り方が登り切るのを待つが一向に途切れず。途中我慢ならずに少々無理やり下りを開始。
・最後は、かなり疲れたのでロープウェー使っちゃうか、田尻尾根使って頑張るかで迷ったが、気合で後者を選択。前半岩場が多く、後半は土、木の枝を踏みながらの下山が多い。
・ロープウェーを眺めながら最後は足の踏ん張りがきかなくなったが何とか下山。
・ふもとの駐車場はほぼ満車。にもかかわらず次々に車がやってきて渋滞。連休で天気の良い日に車で谷川岳に来るなら、朝一で来ることをお勧めする。

登山中の画像
登山画像
土合駅名物の階段
登山画像
西黒尾根ルートの登山口、写真わかりづらいがい…
登山画像
途中一瞬見えたロープウェーの駅
登山画像
鎖場
登山画像
鎖場
登山画像
一ノ蔵岳
登山画像
茂倉岳避難小屋
登山画像
隣のトイレ
登山画像
翌朝、避難小屋からの展望
登山画像
茂倉岳近くから、オキノ耳、トマノ耳
登山画像
茂倉岳近くから左がオキノ耳、右がトマの耳
登山画像
茂倉岳山頂方面
登山画像
下に茂倉岳避難小屋
登山画像
茂倉岳から、左より一ノ蔵岳、オキノ耳、トマノ耳
登山画像
茂倉岳から大源太山(槍ヶ岳みたい)
登山画像
茂倉岳(一ノ蔵岳方面から)
登山画像
一ノ蔵岳山頂と避難小屋
登山画像
避難小屋の解説
登山画像
一ノ蔵岳からこれから登る谷川岳方面
登山画像
谷川岳へ向かう尾根
登山画像
一ノ蔵岳と先ほど下りてきた尾根
登山画像
ノゾキを覗く
登山画像
少し紅葉
登山画像
オキノ耳
登山画像
手前が西黒尾根、昨日登ってきた道。奥に天神平…
登山画像
トマノ耳
登山画像
オキノ耳から肩の小屋
登山画像
肩の小屋トイレ
登山画像
田尻尾根の下の方(意外にきつい)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、シュラフ、燃料、カップ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

初級者さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

初級者 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2019年5月27日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...