登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
八ヶ岳 赤岳 赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

daisuke7358 さん

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸口(08:06)・・・美濃戸(08:55)・・・行者小屋(12:14)[休憩 60分]・・・赤岳天望荘(13:30)[休憩 10分]・・・赤岳(14:57)

【2日目】
赤岳・・・行者小屋・・・中山乗越展望台・・・赤岳鉱泉・・・堰堤広場・・・美濃戸・・・美濃戸口

帰りの正確な時間がわからないので未記入です


総距離 約18.7km 累積標高差 上り:約1,677m
下り:約1,719m
朝4時に出発も、美濃戸口には朝の7時半頃到着
すでに駐車場もいっぱいで、路肩に溢れ出ている状態でした。

美濃戸登山口から南沢を歩きながら、行者小屋を目指しました。
以前通った時は残雪期でその時は沢をひたすら歩いてきたので、
楽なイメージでしたが、夏道は大変でした。
事前の調べでは、一部不明瞭な所があるとの事でしたが、
そんな事なく、しっかり整備してありました。

ちょこちょこ休憩しながらも、行者小屋に到着時には
凄い沢山の人! 山の中でこんなに人が居るのを初めて見ました!

ここでお昼にしたのですが、大失敗!
今回はスパゲッティにしたのですが、短時間で出来ると言う
水に浸しておくと言う方法でチャレンジも
何が悪かったのか、ベチョベチョ しかもおこげ付き
作った本人も何を食べているのか分からない食べ物になりました。 ホントマズかった!

一休み後、地蔵尾根へ向けて出発!
こちらの登山道もしっかり整備してあり、特に問題なし
尾根を進むと見えてきたのが、富士山!
思わず叫んでしまいました。
何で、見えると嬉しくなるんでしょう?


いざ赤岳へ!と思ったが頂上までの登山道に人が多く展望荘でちょっと休憩
美濃戸口から一緒に歩いて来た2人が休憩中に通過
すでに頂上からの下り途中との事で余りのタイム差にガッカリしました。
おやつにみかんまで頂き美味しくいただきました。

その後順調に登り 頂上へ到着!
数人の人が居たのですが、我慢できずに避けた所でコーヒータイム!
そんな時に、1人の方が、ブロッケンが出てる!と教えてくれ
そこに居たほぼ全員が頂上で手を振っていると言う可笑しな光景が見られました!

一息ついた所で、頂上山荘さんにチェックイン
夜になり楽しみにしていた満天の星空を見に外へ!
が雲が多くて全然見えない ガッカリ…
夜中に起きて見に行くも見えませんでした。

翌朝、待望の御来光を見に外へ出たのですが
こちらも残念ながら雲が多くて見られませんでした。
御来光のために朝食もお弁当にしてもらったのに
また次回に期待します。

ゆっくりと下山し、行者小屋にて朝食をとり
そのまま北沢にて下山しました。

天気も良く、良い山行になりました。

登山中の画像
登山画像
ここから開始!
登山画像
やっと登山口へ到着
登山画像
行きは南沢 帰りは北沢の予定
登山画像
行者小屋到着!すごい人の数!
登山画像
いよいよ地蔵尾根へ向けて出発
登山画像
だいぶ近づいてきました
登山画像
頭に到着
登山画像
先を進んでいると富士山発見!めいいっぱいのズ…
登山画像
太陽に向かって
登山画像
やったぁ〜 念願の赤岳頂上!
登山画像
ブロッケン現象!
登山画像
早朝の富士山
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

daisuke7358さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    苔が楽しめる季節です。長靴を履いてゆっくりと散策するのがおすすめ
    19年06月19日(水)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    先週は寒気の影響で霜が降りたり氷が張る日もありました。坪庭から北横岳間では目立たないものも含め、たくさんの花が咲いています
    19年06月17日(月)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    ヒュッテ周辺ではヤマザクラ、イワカガミなどが咲いています。クロユリの蕾も出始めました
    19年06月14日(金)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    オーレン小屋周辺にウスギオウレン、横岳にツクモグサが開花しています
    19年05月29日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

daisuke7358 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...