登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
超ワイルドな錫杖ケ岳縦走 錫杖ケ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2018年10月7日(日)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路;天王寺-(JR)-加太
    復路:関-(JR)-天王寺

  • 天候

    曇りのち晴れ

この登山記録の行程

09:30 出発
10:40 柚ノ木峠
11:38 錫杖ケ岳山頂
12:51 三等三角点
13:14 一休みして出発
14:44 登山道出口
15:47 関駅に到着


総距離 約11.8km 累積標高差 上り:約1,070m
下り:約1,140m
登山口手前には30台ほどの駐車場がある。すでに10台ほどが駐車していた。
駅から歩いてきているのは自分だけの様だ

錫杖ケ岳の登りは、それ程きつくはない、数字の道標があと何mなのかはっきりわかるので、頑張れる

あと50m程のポイントから鎖が続くが、ほぼ垂直の鎖が続くので、山頂手前に上った時にはへとへとになっている。しかし、山頂からの景色は抜群
人気なのが分かる。

昼には早いので、おにぎりを1個ほうばり、小休止して下山ルートに向かう

東屋左手にルートがある、しばらく進むと危険なほどの激下り、・・・この後延々と超危険な激下りが待っているのを知らないので、少し悲鳴を上げてしまった。

大きく何度もアップダウンを繰り返すのできつい、しかも、ふみ跡もない危険な登りは滑落しそうだ。

激下りも、同じく、木の幹と幹を渡り歩きながら、3点支持で降りていく。
道が荒れていて(道はそもそもないが)小枝が足に絡まるので登りも下りも危険だ。

3度ほど大きくアップダウンを繰り返して、最後は鎖場を登り、三等三角点に到着
ここで、昼ご飯にする。

時間が押しているので、のんびりもできず、そそくさと出発。

三等三角点の後も、危険な激下りが続く、時折、両端絶壁の痩せ尾根が現れるので怖い

下りの道をよく見ると、整備された階段が埋まっていた。
どうやら、道が流されて、埋まってしまっているようだ。斜度がきついので、危険な状態だが、もともとは道があって、それほど危険でもなかったかもしれない

テーピングは結構しっかりしているので、テーピングを頼りに下ってきたが、それでも、テーピングがなかなか見つからない場所や、そもそもテーピングのない場所があるので、GPSは必須である。

決して紙の地図だけでは入らないことを心掛けるべきルートだ。

途中林道に出る道を誘導するように、道のない急斜面にテーピングがあったが、そんな道にうんざりしていたので、歩きやすい、まっすぐの道を進んだら、道がなくなってしまった・・・・ここで後悔したが、後の祭り、ヤブをかき分けて強引に進んで車道に出る。駅までは1時間アスファルト道を進む。

かなりワイルドな縦走を経験した。結果楽しかったが、もう一度行くか?と聞かれればNO!である。

11.7Km 6時間19分

登山中の画像
  • プロトレック こんなワイルドなルートだと大活躍でした。
  • 高速抜けると、林道入口がある
  • 登山道入り口手前の駐車場
  • 登山道入り口
  • 苔がなんかいい感じ
  • 数字の道標が、残りの距離を表示しているのでわかりやすい No4はあと1200m
  • 柚ノ木峠
  • No5、あと1000m
  • 景色が開けてきた
  • No6、あと800m
  • No7、あと600m
  • No8、あと400m そろそろ鎖場かな?
  • No9を過ぎて鎖場登場
  • 最初の鎖を登って
  • 垂直の鎖!ここはきつかった
  • 最後の鎖
  • じゃあなかった。
  • 到着、へとへとです。
  • 絶景だ
  • いいねぇ、伊勢湾が一望できる 今日はよく見える
  • 山頂から少し下って、東屋の左から下山道に入っていく。 急坂を下って、道があるようで無いようで・・・錫杖ケ岳への登りとは一変して、荒れた山道だ 小枝が散乱しているので、足に引っ掛かりやすく歩きにくい
  • アップダウンがあるのはわかっていたが、道が判然としない 本当にこの道あっているのか?と何度もGPSで確認 いきなり、「入ってはダメ」の看板 でも、GPSはまっすぐ進めと言っている 入ってみると、本当に滑落しそうで怖いぐらい危険な道だ! この先もアップダウンがきつく、危険な道が続く
  • ほぼ垂直の登り、ロープもない 必死で登った、振り返って写真撮ったが、木の陰になっているのでわからない
  • 三等三角点 小雀の頭?ってなんだ
  • さて、午後の出発
  • 三等三角点からは危険な痩せ尾根が連続する こわいなぁ
  • いきなりとうせんぼ 道はどこだ?、テーピングの横を抜けていく
  • 道がわからなくなる場所が何度もある その都度、目を凝らしてテーピングを探す しかし、テーピングのない場所もあるので、GPS無いと無理だなこのルート
  • テーピング無いぞ! ここからも、激下り しかし、このルートは激下りが多すぎる。しかも台風でふみ跡が流されているので、危ない ポール1本では無理、ポール2本使って、3点支持で降りないと危ない
  • 少し、なだらかな斜面に降りてきたけど、道がないので、見えているテーピングをまっすぐ結んで進む
  • 右にテーピングあるが、急斜面なのに、道がないので、まっすぐ進むことにした
  • 登山道出口(本当は違う) 先ほどの道を下っておけばよかったと後悔 登山道をでて車道をひたすら駅に向かって進む。
  • 関駅に到着
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする
  • ムキキヨ さん
    おそらく正規のルートではないと思います。管理されている人工林の作業道で、ピンクのテーピングもそのためのもの。林道に辿りといたもののGPS無かったら道迷いになります。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...