登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
20181020 紅葉と絶景の由布・鶴見岳縦走 由布岳、鶴見岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ぼっけもん さん
  • 日程

    2018年10月20日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:[往路]福岡市内~由布登山口
    ①6:29発 香椎 ソニック1号(大分行) - 8:32着 別府
    <[亀の井バス]36湯布院線(由布院駅前行)>
    ②9:05発 別府駅西口 -  9:42着 由布登山口
    [復路]鳥居~福岡市内
    <[亀の井バス]観光快速ゆふりん>
    ①17:40発 鳥居 - 18:20着 別府駅
    ②20:20発 別府 ソニック58号(博多行) - 22:19着 香椎
    経路を調べる(Google Transit)

  • 天候

    曇りのち晴れ!
    [2018年10月20日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

由布岳正面登山口09:53 - 10:34合野越10:36 - 11:33マタエ11:35 - 11:41由布岳西峰鎖場11:42 - 11:48由布岳11:51 - 12:04由布岳西峰鎖場12:05 - 12:10マタエ12:11 - 12:31由布岳東峰12:35 - 13:56日向越 - 14:21猪ノ瀬戸園地 - 15:38馬の背15:39 - 15:58鶴見岳16:04 - 16:54南平台分岐 - 17:21火男火売神社17:22 - 17:28御嶽権現社駐車場 - 17:37鳥居17:38 - 17:41鳥居バス停


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約1,517m
下り:約1,700m
 由布岳、鶴見岳に行ってきました。いずれも大分県にあり、由布岳は標高1,583m、日本二百名山の一つ、鶴見岳は標高1,375m、日本三百名山の一つとなっていおり、九州を代表する山々です。隣接する山ではありますが、山容は対照的。由布岳は東峰・西峰の2つのピークからなる双耳峰、一方、鶴見岳は、伽藍岳を北端とする約5kmにわたる溶岩ドーム群の南端に位置する、比較的なだらかな山容をしています。
 さて、今回歩いたルートは
  ①由布登山口~<正面登山道>~マタエ~由布岳西峰~マタエ~由布岳東峰
  ②由布岳東峰~<東登山道>~日向越~由布東登山口
  ③鶴見岳西登山口~<鶴見岳西登山道>~馬の背~鶴見岳
  ③鶴見岳~<一気登山道>~火男火売神社(中宮)~鳥居バス停
 となります。全般的的に登山道や道標はしっかり整備されていますが、①のマタエ~由布岳西峰の岩場・鎖場、②の日向越~由布東登山口に向かう途中で登山道が不明瞭なところもあり、注意が必要です。なお、今回のルートでは2年前の熊本地震の影響は感じられませんでしたが、依然として規制されているルートもあり詳細な情報が大分県のHP(※)で提供されています。
 ※ https://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/tozannjyouhou.html

登山中の画像
  • おはようございます。ここは香椎駅です。ちょうど、乗車予定の「ソニック1号」が入ってきました。「ソニック1号」で別府駅まで行き、そこから亀の井バスに乗り換え由布登山口に向かいます。先週の雲仙岳山行で使った「かもめ号」もそうでしたが、「ソニック1号」の面構え、ロボットのようすね。メタリックボディと合わせ男の子的にはワクワクします(笑)。
  • 別府駅。別府らしい暖簾がお出迎えです。
  • 由布登山口行きのバスは駅前からでます。
  • 運よく、左前方の一番前の席をゲット。正面に見えるのは本日登る予定の鶴見岳です。
  • 約40分ほどで由布登山口に到着しました。
  • 由布登山口バス停は、駐車場前にあります。トイレもあり、ここで準備を済ませ出発です。
  • 登山口はバス停の向かい側になります。
  • ちなみに現在地はここです。
  • 目の前に大きく見える山が由布岳。残念ながら山頂はガスに覆われています。由布岳登山口から草原を進んでいきます。
  • 湯布高原。日向岳とその奥に見えるのは鶴見岳。
  • 由布岳(右)と飯盛ヶ城(左)。
  • リンドウ
  • 草原を通り抜け、樹林帯に入ります。
  • 樹林帯に入ったところにトイレがありした。
  • 由布岳に登るのにはいつかのルートがありますが、登りは合野越経由の正面登山道をとります。
  • 標高があがるにつれ紅葉が目を楽しませてくれます。
  • 曇空が残念ですが、それでも見事ですね~
  • なぜかこのフレーズが頭に浮かびます(笑) 「言葉にできない LaLaLa LaLaLa~♪」(オフコース)
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • 樹林帯を抜けると視界が一気に広がります。
  • 眼下に見えるのは日向山
  • 山頂のガスがとれてきました!
  • アザミ
  • マユミ
  • マムシ草
  • マタエに到着。特に何かがあるわけではないですが、西峰と東峰の分岐地点であり、広いので休憩する人が多い場所となっています。
  • マタエから西峰へ続く登山道。岩場となっており、鎖場が連続します。まずは、西峰に向かいます。
  • 先にオーストラリアからきたという女性のハイカーがいらっしゃいました。残念ながら険しい岩場に途中で登るのを断念していました。
  • 西峰に到着しました~。標高1583.5m、由布岳の最高峰になります。
  • お約束のタッチ!
  • 一瞬、ガスがきれ景色が見えたのですが、残念ながら再びガスに覆われてしまいました。早々に撤退、次の東峰を目指します。
  • 下りでは写真をとる余裕もできました。
  • 振り返っての一枚
  • 目の前のピークを巻くように登山道が付けられています。
  • 岩場の途中から、眼下に見えるのは日向山。
  • 東峰へ向かう登山道。ガレ場が続きますが、西峰のような岩場や鎖場はありません。
  • 東峰の登山道の途中から。ガスがとれ西峰が姿を現しました。
  • こちらは先ほど下りてきた西峰の尾根。
  • 峰の山頂が見えてきました。
  • 東峰に到着~。こちらは標高1580mです。
  • ガスがとれ素晴らしい展望が広がっています。こちらは、西峰
  • 城島高原
  • 鶴見岳
  • 下りは由布岳東登山道から東登山口にでて、そこから鶴見岳に向います。
  • 尾根の途中から見た西峰。
  • 右手には西峰から続く稜線が。お鉢巡りができると聞いていましたが、やってみたいですね~。
  • こちらは先ほどまでいた東峰(振り返っての一枚)
  • いきますか~!
  • 待ってろよ~。
  • ここまで下りてきましたが、途中、ロープと鎖場の連続です。登りに使った正面登山道より間違いなくハードです。でも、紅葉はこちらがきれい!
  • 「言葉にできない LaLaLa LaLaLa~♪」(オフコース)
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • 日向越(ひゅうがごし)。ここから山頂から見えてきた日向岳に行けるようですが、鶴見岳までいくため今回はパス。
  • 日向越から東登山口まで、広い山斜面を下っていくことになり、中途、踏跡がはっきりせず、迷いやすい箇所がありました。テープを目印に慎重に進みます。
  • 日向越から約30分ほどで東登山口に到着しました~。
  • 現在地はここです。
  • 鶴見岳に向けてスタート!
  • 今回のルートは鶴見岳西登山道
  • しばらく林道歩きが続き
  • 砂防ダムの脇から、登山道に取り付きます。
  • 涸沢のようなところを登っていきます。
  • 苔むした岩がいい感じです。
  • 「言葉にできない LaLaLa LaLaLa~♪」(オフコース)
  • ~♪
  • ~♪
  • ~♪
  • 西の窪。ここから馬の背に向かいます。
  • 「言葉にできない LaLaLa LaLaLa~♪」
  • ~♪
  • ~♪
  • 馬の背
  • 鞍ヶ戸のピーク。鞍ヶ戸に向かう縦走路は、2016年の熊本地震で登山道が崩壊しているため、馬の背から先は通行禁止となっています。山肌を彩る紅葉がきれいです。
  • 鞍ヶ戸の横に見えているのは由布岳。
  • 山頂までもう少し。
  • 鶴見岳に到着~!、長かったなぁ
  • お約束のタッチ!
  • こちらは「火男火売神社(ほのおほのめじんじゃ)上宮」、本日の無事の山行に祈念して礼拝
  • ちなみに山頂はこんな感じです。ロープウェイで山頂近くまで来ることができることもあって、展望所として整備されています。
  • こちらは由布岳
  • 奥に見えるのは九重連山
  • 別府湾とその奥は国東半島
  • 鶴見岳は南北約5kmにわたる溶岩ドーム群の南端にあり、写真の中央の山はその北端の伽藍岳。
  • これより下山します。
  • 登山道は、一気登山道とよばれる登山道で、火男火売神社(中宮)を経由して鳥居バス停に出ます。
  • 九重連山。
  • ここでも紅葉が見頃を迎えています。
  • ~♪
  • さすがに暗くなってきました。急ぎましょう。
  • 火男火売神社(中宮)
  • 神社の前の狛犬、阿形。
  • こちらは吽形。薄暗くなりピンぼけになってしました。頭に角がありまさに「狛犬」です。
  • 鳥居バス停に到着しました。すぐにバスがきて無事に乗車することができました。ほっ・・としました。
  • 別府駅の近くの共同浴場「不老泉」に立ち寄り、汗を流しまします。源泉かけ流し、入浴料金が100円というのがうれしいですね!
  • 別府駅に戻ってきました。
  • 紅葉あり、展望あり、〆の温泉と、なかなか充実した山行でした。ということで、今日も無事で「おやっとさぁ」でした!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ぼっけもんさんの登山記録についてコメントする
  • すー さん
    ぼっけもんさん、こんばんは~!

    由布、鶴見岳、お疲れ様でした~!相変わらず、兄弟子は精力的に山に出かけていますね。
    そのパワーに脱帽です・・・。<m(__)m>

    九州は暖かいイメージがあって紅葉はまだかと思っていましたが、標高の高い山はもう紅葉
    しているのですね。そのほかにも抜群の眺望や、狛犬、〆の温泉も逃さないところは
    さすが兄弟子ですねっ!お風呂が100円はとても羨ましいです。

    私は昨日、兄弟子が年末に行かれた清里の美し森、天女山に行ってきましたが、写真が
    270枚、アップまでまだまだかかりそうです・・・でもとてもいいところでしたね。
    冠雪した富士山も見えましたよ。

  • ぼっけもん さん
    すーさん、こんばんは~!

    コメントありがとうございます。土日はたっぷり時間があるので、姉弟子に断りもなく、気の向くままに歩いてしまっています(笑)。

    私も由布岳の紅葉は来月くらいかなと思っていたのですが、こんなにいい感じになっているとはいい意味で想定外した。そして、100円温泉は缶コーヒーよりも安いんですよね~。姉弟子には申し訳ありませんが、九州の山&温泉を楽しませてもらっています(笑)。

    清里の美し森、天女山ですか!前回に続き八ヶ岳周辺をガンガン攻めていますね(笑)。紅葉も見ごろでしょうか、そして冠雪した富士までゲットできたとは、あぁ~うらやましい。270枚の写真からどんな写真がセレクトされるのでしょう、とても楽しみです。レコアップをお待ちしておりまーす!

        ぼっけもん拝

  • ガバオ さん
    ぼっけもんさん、こんにちは!

    由布岳と鶴見岳の紅葉レコ、楽しく拝見しました。 

    10年近く前に湯布院に行ったことがありまして、由布岳の美しい姿がとても印象的だったのを今でも覚えています。 そんなに高いようには見えませんでしたが、1,584mもあったのですね。しかも双耳峰で、断念するハイカーさんがいるほどの岩峰だとは知りませんでした! 加えて別府湾の絶景と、100円!!の温泉があるのですから、、、もう堪りませんね!

    縦横無尽な秋の九州山行レコ、次回も楽しみにお待ちしております!!

  • ぼっけもん さん
    ガバオさん、こんにちは!

    いつもコメント、ありがとうございます。

     師匠は湯布院に行かれたことがあったのですね~。私も今回登るまでは穏やかな山である印象があったので、西峰をまじかに見た時にはちょっとビックリしてしまいました。、雲仙の銭湯以来、コスパ&源泉をつかっている(かもしれいない)ということで、銭湯が最近マイブームになってきておりまして、別府でも入ってみました。師匠には申し訳ありませんが、100円銭湯、本当にたまりません(笑)。

      ぼっけもん拝

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ぼっけもん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...