登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
晩秋の権現山 浅川から不老下へ 権現山 雨降山 高指山 不老山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2018年11月11日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:立川発6時37分大月行き猿橋下車。猿橋から富士急山梨バス8時18分浅川行き。浅川着8時50分
    帰りは不老下発15時30分上野原行き富士急山梨バス利用

  • 天候

    曇り
    [2018年11月11日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

浅川バス停(09:00)・・・林道終点(09:15)・・・浅川峠 (09:35) [休憩 10分]・・・権現山(10:50) [休憩 45分]・・・雨降山 (12:00) [休憩 10分]・・・和見峠(12:35) ・・・高指山 (13:05) [休憩 10分] ・・・不老山 (13:20) [休憩 35分]・・・金比羅神社(14:25)・・・不老下バス停(14:50)


総距離 約11.7km 累積標高差 上り:約1,075m
下り:約1,349m
 山梨百名山でありながら、交通の便が悪くてなかなか機会がなかった。晩秋の一日、浅川バス停から不老下バス停へと縦走した。あいにくの曇り空で展望は得られなかったが、晴れていれば富士の展望が楽しめることだろう。
 中央線猿橋駅から浅川に向かうバスは満員だった。バス停から荒れた林道を浅川峠に向かう。林道終点から本格的登りになり約40分で浅川峠。バス停付近の紅葉は盛りだったが、稜線はもう落葉し、晩秋のたたずまいだった。峠から権現山まで一部急登があるものの、ほぼ尾根道の登山道。麻生山方面からの縦走路に出れば権現山はすぐである。
 権現山山頂は、北側と東から南東にかけて、そして南西側が切り開かれている。北側の正面には三頭山が近く、その左に雲取山が。東から南には生藤山から陣馬山、さらに丹沢や道志の山々。そして南西には富士が見えはずなのだが残念ながら雲の中だった。
 下山は道標にしたがって雨降山方面に向かう。下山を始めるとすぐ大勢龍権現神社の社が林の中にたたずんでいる。雨降山にかけては落ち葉を踏んでの快適な尾根道が続く。雨降山の山頂は樹林帯の中で展望なし。東側に大きな電波塔が建っている。山頂からは北に初戸、東に用竹方面の道が分かれている。和見方面には雨降山の手前から南に分かれるのだが、電波塔から南へ下る下山道がある。山頂からこの道への道標ないが、電波塔の下から南へ下る踏み跡がある。電波塔への作業路のようである。
 雨降山からは展望のない樹林帯の道が続く。和見峠を過ぎるとすぐに舗装された和見方面からの林道が登ってきている。2台ほど登山者の車が止まっていた。高指山山頂も展望なし。秋の台風による倒木が下山路をふさいでいた。不老山への下山道にかかると中央道の騒音が聞こえてきた。途中棚頭方面辺への分岐を左に折れ、道標にしたがって不老山へ向かう。不老山頂からは南の展望が開けている。眼下に中央道談合坂サービスエリア下り線、相模湖も見える。ここからも富士がきれいとのことである。
 下山路では秋の台風のよる倒木が何回も登山道をふさいでいた。道がわかりにくくなっているところもあるので注意して通行したい。中央道の騒音がうるさいのは玉に瑕である。
 本コースはバス利用となるが本数が少ない。不老下から上野原へのバスは休日でも2時から1時間に1本ほど。用竹あるいは初戸へ下る他のコースもバスの便は同様なので時刻を調べて計画することが必要である。

登山中の画像
  • 浅川バス停
  • 浅川峠へ続く紅葉の道
  • 浅川峠。扇山方面への道がある
  • 正面に権現山を見ながら
  • 権現山山頂
  • この方向に富士があるのだが・・・
  • 北側正面に三頭山、左に雲取山
  • 東側には生藤山から陣馬山が
  • 王勢龍権現神社奥宮。マウンテンバイクが止まっていた
  • 落葉の尾根道
  • 和見分岐
  • 雨降山山頂
  • 雨降山山頂の電波塔。この間を下ってゆく
  • 和見峠。旧登山道は危険とある
  • 林道を横切る。登山者の車が2台止まっていた
  • 棚頭分岐。不老山へは左へ下る
  • 高指山。倒木が道をふさいでいた
  • 不老山
  • 不老山頂からの眺望。眼下に談合坂サービスエリア下り線
  • 富士は雲の中
  • 下山道をふさぐ倒木
  • 金毘羅神社。展望よし
  • 車道に飛び出す。隣は墓地
  • 不老下バス停
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年3月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?