登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
丹沢山ラウンド 【天空の表尾根縦走】 塔ノ岳、丹沢山、鍋割山、三ノ塔、行者ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

社団法人ランナー 龍(たつ) さん
  • 日程

    2018年11月17日(土)~2018年11月18日(日)

  • 利用した登山口

    大倉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東名秦野ICより大倉登山口ビジターセンター駐車場 付近の安い駐車場は満車 そこそこ混んでいる

  • 天候

    1日目 晴れ   2日目 濃霧&小雨のち曇り
    [2018年11月17日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
大倉(08:39)・・・牛首(09:34)・・・三ノ塔(10:55)[休憩 5分]・・・烏尾山(11:21)[休憩 5分]・・・政次郎ノ頭(12:09)[休憩 30分]・・・新大日(12:44)・・・木ノ又小屋(12:54)・・・塔ノ岳(13:20)[休憩 30分]・・・丹沢山(14:42)

【2日目】
丹沢山(07:29)・・・塔ノ岳(08:21)[休憩 20分]・・・金冷シ(08:54)・・・二俣分岐(09:14)・・・鍋割山(09:41)[休憩 30分]・・・後沢乗越(10:58)・・・二俣(11:15)・・・大倉(12:37)

総距離 約25.2km 累積標高差 上り:約2,797m
下り:約2,797m
コースタイム 標準:13時間55分
自己:9時間11分
コースタイム倍率 0.66
晩秋になり、丹沢が楽しめるシーズンになってきた。
と、いうことで山小屋泊デビューを兼ねて、大倉から表尾根三ノ塔から塔ノ岳を経由し100名山の丹沢山。そして復路は鍋割山を経由し大倉に下山というメインコースをぐるっとラウンドしようという計画。

お楽しみポイントを要約した。

1.大倉登山口で丹沢クリステルに挨拶
2.表尾根でずーっと富士山を見ながら縦走
3.塔ノ岳で甘酒飲みながら富士山眺める
4.丹沢山で100名山踏破&山小屋泊デビュー&ビール飲みながら富士山眺める
5.久しぶりの鍋割山で極寒の中、鍋割名物鍋焼きうどんを食す。

おお、ちょっと考えただけで楽しさ盛沢山ではないか!
こりゃ、行かない理由が分からない。

丹沢は自宅からも近いので気楽な気持ちで出発。
東名高速でお決まりの事故渋滞も、どうせ山小屋泊だから
焦ることなくのんびり登ろうと気持ちに余裕が持てた。

さて、丹沢探検隊がこの旅をざっくりと振り返っていく。
登山初心者やアルプスに向けての練習にもってこいですので、
特にそのような方の参考になれば幸甚でございます。

出発は8:39 登山者の中ではかなり遅い出発だ。
大倉ビジターセンター(バスターミナル)から大きな吊り橋を渡り
山岳スポーツセンターを経て三ノ塔方面へ。
まあ、このルートは塔ノ岳までの遠回りルートだからか、

ぜんぜん誰もいない・・(いつも自分の選ぶルート誰も居ない)

登山って最短ルートだけがルートなの?(誰に話しているのやら)

道は明瞭だが案内板を見落とし、1回ルートミス。10分ロスした。
ロスした分は走って回収した。

三ノ塔の稜線に出るまでがきつかった。結局ここの登りが一番きつく、
他はそんなにきついところない。

三ノ塔を越えてからは徐々に人が多くなり、表尾根の鳥尾山の先にある
鎖場でいよいよ渋滞となった。
登山初心者も多いみたいです。
※スニーカーと軽装の人結構見かけたけど、丹沢は本格的な山であることを
分かっていただきたいと切に願っています。
ちなみに、予報で山の気温は最高6℃、最低マイナス6℃ですからね。

塔ノ岳を越えていよいよ夕方近くなる。そこで付近を歩いていた登山者たちと
宿泊するか、下山するかなど声を掛け合った。
そこで、まさか!とゾッとする会話がこれだ!

自分:どちらまで?
女性:鍋割経由で下山します。あなたは?
自分:丹沢山の「みやま山荘」で小屋泊するので時間に焦ることなく歩いてます。
女性:うらやましいです!
自分:泊まったりはしないんですか?
女性:泊まりたいのは山々ですが、混雑時は「1つの布団の中で2人で寝ることになるらしくて、それで躊躇しているんです」

げげーーー!

顔は青ざめ、冷や汗鳥肌レベルの恐怖・・
見ず知らずの人と1枚の布団の中で暖め合う・・のか
山小屋デビューどころか、そっちのデビューまでしてしまうのか(?)

真実は如何に!?

・・・2つの布団を3人で寝ることになりました いぇい(泣)
唖然としながら、小屋でビールを購入し暮れゆく富士山を眺めながら
ゆっくりと喉に流し込む。ああ、なんて綺麗な富士山なんだ。
現実を受け入れる。

小屋に戻ると夕食の時間になる。布団が一緒の方と山トークをしたり、(笑)
(あ、ちなみに男女は分かれていますからご安心ください)
山小屋の主人といろいろ話をしたり、のんびり贅沢なひと時を過ごした。
みやま山荘は比較的小さいが内装もトイレも綺麗で快適であった。
夕食は濃厚な焼肉定食でうまい!!野菜もしっかりとれるのがうれしい!

翌朝スタート後は予定時間より若干速いペースで進み無事下山へ。
想定外と言えば、鍋割山山頂で職場のお取引先のお世話になっている方と
ばったり遭遇。(普通、こんなところで会わないだろ・・)
お互い鳩が豆鉄砲を食らった顔で見つめ合う・・ど、どうも
今度一緒に登ろうと誘ってくれた。
単独登山だからこそ、そこでの知り合い、友達がたくさんできるのが楽しいのである。

結局、丹沢クリステルさんへの挨拶は最後になったけど、ちゃんとした。


ここまで読んで下さりありがとうございます。
写真も参考にしてください。

https://mountain8.info ブログの方もよろしくお願いします。

登山中の画像
  • 大倉ビジターセンター(バスターミナル)到着、晩秋の丹沢です!
  • ポストに登山届を出してっと
  • 出発にふさわしい吊り橋!
  • こじんまりとした登山口
  • シカ棚沿いになんとなく直進していると
  • 途中の案内板見落としコースロスト ってさっそくかいっ!
  • 案内板発見!あぶないあぶない・・
  • こんな狭いところもあるけど
  • 全体的にはこのくら広くて明瞭な登山道
  • 鉄塔で思わず空を見上げる
  • 林道、作業道などが所々交差している 道間違い注意です!
  • 三ノ塔はどっちだ!
  • 牛首 ここにも駐車場があった
  • ここからが稜線までの頑張りどころだ!思わず白目になるつづら折りの急登
  • 景色を見ながら気持ちを紛らわせる
  • 街を見下ろすのもいいね!都市が近いってのも不思議な感覚。まさに丹沢。
  • 富士山がみえてきた ってことは
  • 稜線までもうすぐか
  • ・・・まだまだか
  • 本日のとうせんぼ
  • ・・はい、そうですか
  • 富士山でなく枝にピントが合ってしまった乙な一枚
  • 澄み渡る空を見上げていたら吸い込まれそうになった
  • 富士山をずっと見ながら歩けるってなんて贅沢なの
  • これぞ日本の里山風景!これが神奈川県の都市部すぐアクセスできるなんて信じられない・・・
  • 三ノ塔到着 登山者がちらほら
  • お得意のミックスナッツで元気を取り戻す
  • さあ縦走を続けようか
  • 目の前の稜線をずーっと歩いていきます
  • 寒いのでお地蔵さまにも温かい恰好させなきゃね
  • 崩れ落ちそうな尾根
  • 細い尾根
  • 崩れそうな尾根を無理やり修復させたような尾根
  • 鳥尾山の小屋。ちょっとここでも泊まってみたいな なんでかって?
  • 夜の夜景はさぞかし綺麗だろう
  • 長い縦走は続く・・
  • 突然緑のトンネルが ジェットコースターのように下る
  • いつまで続くんだ!?バカ尾根とはよく言ったもんだよ
  • 鎖場あり
  • 行者岳
  • 表尾根は歩きやすく楽しく歩けるね
  • とおもったら渋滞 危険個所のため交互通行 信号機設置して!
  • バカ尾根は続く
  • 政次郎の頭というところで貧乏昼食タイム♪
  • 13:00くらいだけど夕方っぽい雰囲気になってきたな
  • ひょっこりポイント
  • 丹沢の小屋の相場です。参考に
  • 木ノ又小屋 山小屋いっぱいあるね
  • 天空の縦走路
  • 走っても良さそう(人がいなければ)
  • パラグライダーかあ、空からのアプローチもありだね
  • ようやく塔ノ岳か!
  • 山が違えばまた違った富士山を見せてくれる
  • 尊仏山荘 久しぶり
  • 塔ノ岳山頂にタッチ
  • 尊仏山荘内部
  • おばちゃん!甘酒!!
  • 飲む点滴 注入!
  • あとは丹沢山目指すだけ
  • このあたりから笹が生い茂る縦走路に
  • 塔ノ岳と丹沢山の中間地点
  • 道は良い
  • そして歩きやすい
  • もう着くのか 意外とあっけない
  • 富士山を眺めながら
  • 100名山 丹沢山に到着
  • みやま山荘 こじんまりと・・
  • ラガーで乾杯
  • さらにすすむと蛭ヶ岳! 次は行くからな! 悪魔のヒルがいない時期に
  • 小屋内 ラジオを聴きながらのんびりと暖を取る
  • 丹沢山からの富士山の夕暮れ 
  • 夕食! Good!!
  • そしていきなり翌朝・・濃霧で日の出は見られなかった・・
  • だ、大丈夫か・・濃霧で遭難の心配が
  • しかし、朝の山歩きはなんでこんなに気持ちいいんだろうかね
  • 一生懸命整備されたって感じ
  • 塔ノ岳到着 来月の宿泊予約とお決まりの甘酒注文
  • 青白い風景 幻想的
  • いよいよ鍋割山の稜線へ
  • こちらも歩きやすい
  • でもここから一気に人が少なくなる
  • それと同時にクマ出没エリアでもある
  • 広い尾根道
  • チェックポイント!
  • 視界は幾分良くはなったが、周りは真っ白!不思議な感覚に
  • ここはいったい・・!? 天国かそれとも地獄か 幻覚が見えそうになったので、気を紛らわせるため走ることに
  • 鍋割山近い
  • 鍋割山荘に到着
  • 鍋割山山頂
  • 本日2度目の朝食 鍋焼きうどん 名物は相変わらずうまい! ここで職場でお世話になっている方とまさかの遭遇
  • いよいよ本格的な下山へ
  • 後沢乗越 長い下りも結構足のダメージあるよ
  • 小走りで下山
  • いつか崩れ落ちそうな橋
  • 割と道良好
  • 丹沢っぽい森林風景だな
  • 沢に着く だいぶ標高下がった
  • 中間地点か
  • あとはこんな広くて歩きやすい沢沿い
  • こんな橋渡ったり
  • 滝壺に落ちないように
  • ランナーもちらほら
  • 分岐はところどころあるけど、案内板通りに進めば問題はない
  • もうすぐ旅も終わりか
  • 出口とみせかけ、大倉ビジターセンターへは一旦山に入る分岐
  • 獣侵入防止柵 これが人間界と魔界の境目だ(笑)
  • 人里近い
  • 無事下山に安心
  • 駐車場に戻りました!
  • おっと、最後に
  • 丹沢クリステルに挨拶 O MO TE NA SHI 丹沢山は美しい自然で皆さんにおもてなしいたします♪ おつかれさまでしたーー
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

社団法人ランナー 龍(たつ)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

社団法人ランナー 龍(たつ) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年12月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?