登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
富士を見に 清八山、本社ヶ丸から三ッ峠山へ周遊 清八山 本社ヶ丸 御巣鷹山 三ッ峠山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん

この登山記録の行程

北口登山道駐車場(08:00)・・・大幡八丁峠(08:35) [休憩 05分]・・・清八山 (09:00) [休憩 10分]・・・清八峠(09:15)・・・本社ヶ丸(09:50) [休憩 20分]・・・清八峠(10:45) ・・・清八山 (10:50) [休憩 05分] ・・・大幡八丁峠(11:05) ・・・大幡山(11:30)・・・茶臼山(11:50) [休憩 10分] ・・・御巣鷹山(12:45) [休憩 05分]・・・三ッ峠山(13:05) [休憩 25分]・・・北口登山道駐車場(14:20)


総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約1,048m
下り:約1,048m
 大月市選定による秀麗富岳12景の12番清八山・本社ヶ丸は中央線笹子駅を起点にすることが多いが、南の三ッ峠登山口からのアプローチが楽である。初冬の一日、三ッ峠山と合わせて周遊した。快晴に恵まれたっぷりと富士の雄姿を楽しんだ。
 三つ峠登山口の駐車場から北へ、ゲートを超えて林道清八線に入る。車道は荒れているが足慣らしにちょうどいい。林道終点が大幡八丁峠、終点を左に入ると道標が立っている。ここから清八山へはひと登り。振り返ると富士の姿が見えてくる。御坂峠方面からの道を合わせるとすぐ清八山山頂にとびだす。
 山頂からの眺めは最高。南に5合目付近まで雪をかぶった富士がそびえ、西へ毛無山、黒岳など御坂山地、そして雪をかぶった南アルプスが続く。西から北にかけては甲府盆地を挟んで八ヶ岳連峰から金峰山などの奥秩父の山々が連なっている。この日は他の登山者がなく、雄大な展望をひとり占めした。
 一度清八峠まで下り、尾根道を本社ヶ丸に向かう。数か所岩場がるので注意が必要だが、進行右手にはいつも富士の姿が続き、この山行のハイライトである。本社ヶ丸山頂の展望もいうことなし。清八山では木々にさえぎられていた北側の展望が開け、大菩薩、小金沢連嶺、雁ヶ腹摺山、さらには奥多摩の三頭山や御前山、さらに東には丹沢や御正体山など道志の山々も確認できた。
 本社ヶ丸で折り返し、三ッ峠方面に向かう。清八峠では清八山の巻道があるが道標には「危険」とあるので清八山へ登り返し、大幡八丁峠までは朝の道をたどる。大幡八丁峠からは道標にしたがって三つ峠へ向かうが、御巣鷹山までの登山道は途中道標が少ないので注意が必要である。特に御巣鷹山への登りにかかるところが、地理院地図ではまっすぐ尾根を登っているが実際の登山道は西側に回り込んでいるところがある。この巻道から尾根道に戻る分岐が道標もなくわかりづらいので注意したい。
 午前中は快晴であったが、大きな電波中継施設が林立する御巣鷹山へ着いたときには富士方面に雲がかかってしまった。ロッククライミングのゲレンデとしても名高い三ッ峠山だが、山頂で休んでいたらクライマーが登ってきた。三ッ峠山は山頂へ至る道が整備され家族連れでも楽に登れるようになっていた。2軒の山小屋(一軒廃業)の前を通り木無山から4輪駆動車が登る登山道を下山した。途中、ガードレールが壊れている場所から左に近道がある(分岐道標無し)のでこちらを使い登山口に戻った。

登山中の画像
  • 北口登山道駐車場、トイレあり
  • 清八林道入口、このゲートをこえていく
  • あれた林道
  • 林道終点の大幡八丁峠
  • 清八山への登り、富士が見えてくる
  • 清八山山頂から
  • 南アルプス方面
  • 八ヶ岳連峰と奥秩父の山々
  • 富士がきれい
  • 富士アップ
  • 清八峠
  • 本社ヶ丸への尾根道から
  • 本社ヶ丸山頂
  • 大菩薩方面
  • 清八山からの尾根道
  • 丹沢と道志の山々
  • 御巣鷹山への登山道
  • 電波用の下をくぐっていく
  • 茶臼山。ここから急登
  • 茶臼山から御巣鷹山を望む
  • 御巣鷹山山頂
  • 三ッ峠山。富士は雲の中
  • 三ッ峠から御巣鷹山を振り返る
  • 三ッ峠の岩場
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    暖かい日も増えぬかるみができています。日陰は残雪があり軽アイゼンとスパッツの用意を
    19年03月25日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年3月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!