登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
三舟山~鹿野山~秋元城跡 三舟山、岩富観音堂、鹿野山、春日峰、白鳥神社、神野寺、九十九谷展望台、秋元城跡(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年12月8日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:54→山手線→東京5:13~21→総武線快速→君塚6:45

    復路:田中台13:21→君塚コミュニティバス中島豊栄線→鈴木病院前13:37~41→日東交通バス三島線(木更津行)→法木作13:50→君津の湯13:59~14:38→法木作14:50→日東交通バス周西線(君津行)→君津15:01~39→総武線快速→品川17:22~26→山手線→目黒17:33

  • 天候

    曇り
    [2018年12月08日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

君津駅南口7:00→釜神橋7:12→三舟山ハイキングコース入口(自動車学校先)7:21→登山道入口7:36→三舟山138.6m8:00~8:35→バリエーションルート1→郡ダム湖畔9:13→散策路終点9:29→バリエーションルート2→送電線54号鉄塔(小山野トンネル上)9:48→岩富観音堂9:58~10:10→高速道路の橋10:24→周南入口(ここから車道)10:37→休場(マザー牧場分岐)11:03→久留里上総湊分岐11:29→春日神社(一等三角点鹿野山)352.4m11:31~40→鹿野山山頂バス停11:46→神野寺11:49~11:57→白鳥神社(鹿野山最高地点)378.4m12:03~10→九十九谷展望公園12:12~20→古道入口12:22→九十九谷分岐12:25→車道横断12:32→妙喜寺13:00→市場バス停13:03→秋元城跡13:08~18→田中台バス停13:19

合計6時間19分


総距離 約23.3km 累積標高差 上り:約1,070m
下り:約1,047m
12月8日(土)は、千葉県のマザー牧場で有名な鹿野山を、君津駅から三舟山経由で登り、帰りは秋元城跡に下山して、バスで以前から気になっていた君津の湯に行って来ました!

ここは、道さえ良ければ快適なロングコースなんですが、途中があまりにバリバリ過ぎて、結局余裕で間に合うだろうと思っていた粟倉12時47分のバスに間に合わず、次の13時20分は間に合ったんですが、お陰で温泉にラーメンがつきませんでした。

君津市が鹿野山でトレランのレースでもやって、道を整備すれば、いいハイキングコースになるんですけどね-。

君津駅南口から、市民の憩いの場として園地化されている三舟山を目指します。まず駅前の市街地を抜け、小糸川を釜神橋で渡って、道なりに真っ直ぐ進みます。

すると左手に自動車学校が出て来るので、それを通り過ぎた先の交差点を右折しすぐの床屋の横の小道に入ります。その小道が突き当たったところが三舟山ハイキングコース入口です。最初の標識があります。

三舟山のハイキングコースは下の駐車場を経由する道と、直接山頂に向かう道の2つがあって、今日は車じゃないので直接山頂に向かう左手のコースを選び林道のような道に入ります。

左手の道を行くと、すぐに房総往還という古道が左に分岐しますが、後で合流するのでどちらを進んでも良いみたいです。

房総往還に入らずに進むと、道はすぐに三舟台という丘の上の広い体験農場に出て、その農場が山に突き当たったところが登山道の入口です。ここは標識が壊れているので見落とし注意です。

三舟山の登山道は、かつては車も入っていた感じの未舗装の荒れた林道で、傾斜もゆるく迷う心配はないのですが、落ちた木の枝や倒木などが多く歩きにくい道です。

そんな道を25分ほど登ると、駐車場から上ってきた良く整備された道に突き当たり、三舟山の広くて平坦な山頂の一角に飛び出します。突き当たったところのそばにNHK大河ドラマの「八重の桜」の撮影場所の看板があります。そういえば「西郷どん」も撮影協力君津市って出てたな…。

平坦な山頂の遊歩道を進むも、どこが山頂なのかわからないので、朝の散歩の老人グループに聞くと、この先5分位行ったところに展望台があるからということだったので行ってみると、どうも地図の三角点の場所と違う。

とりあえず展望台からの写真を撮ってから戻って、たぶんこの辺だろうと、スダジイの巨木とベンチのあるあたりを探すも三角点は見つからず、再び展望台付近まで戻ると、別の爺さん2人組がいて、もう一度聞いてみると、やっぱりあのスダジイの周辺で間違いないらしく、案内してやるよとのことだったので一緒に行って、ようやくから結構横の笹の刈り払いの隅に三角点を発見!

そしてまた展望台に戻って少し休憩した後、下に下らずに尾根上を郡ダムまで行く道を探すも、それらしき道も標識も見つからず、三舟山山頂付近で30分以上もウロウロしてしまいました!

結局、尾根上を郡ダムまで行く道は、バリエーションルートで標識は無いことがわかり、でも黄色テープだけは小まめにあるようだったので、それに従い尾根上の踏み跡を進みます。

この道は藪もないし一本道なので、バリエーションとしては歩きやすいレベルのなのですが、それでも一般道より時間はかかります。
そして最後、湖畔のラブホテルの裏手に突き当たり、右へ大きく巻いて、畑の脇から車道に出ます。

その車道を左に200mほど上ると、さっきのラブホテルの入口がある湖畔の交差点に出て、郡ダムを見下ろしながら右折して進むと、2~3分で水源巡視路を一般解放した散策路の入口が
あるので、今度はそこに入ります。

この散策路を半周します。するとダムの方に戻る道が分岐するところで、この先立入禁止の白い標識が出てくるのでそちらに入ります。この藪道が鹿野山への縦走路です。道はか細いですがしっかりついており、危険箇所にはトラロープが張ってあります。

このバリエーションルートをしばらく進むと、ほぼ廃道になっているものの、たまに送電線巡視路として使われている感じの荒れた古道に出ます。その古道を進むと、送電線鉄塔54番の先で小山野トンネルの上を越え、岩富観音堂の前に飛び出します。

道が悪すぎて三舟山から1時間半近くかかった~!10分休憩。

岩富観音は高宕観音や三石寺のような巨岩の上に観音堂が祀られたもので、でも無人の廃寺状態になっているため、山門と本堂(もしかしたら社務所)だけが残るだけで、岩の上の観音堂は取り壊されて更地になっています。

昔は鹿野山の参拝路の中継地として繁盛してたんでしょうが、鹿野山まで車道が通って誰も来なくなってしまったんでしょうね。

休憩後、荒れた古道をさらに先へ進みます。この道は笹藪の中をこぐようになって、最後高速道路の橋に飛び出します。

高速道路の橋を渡ると、道はさらに悪くなり、崩落箇所にトラロープが張られているものの、それでも通行不能になって、尾根上によじ登って退避します。そして再び巻き道に戻ると、すぐ先が車道で、周南口の交差点の脇に飛び出します。

周南口の交差点から先は、鹿野山山頂まで行く車道が通じているので、途中でまた古道に入る分岐があるんですがここまで時間がかかりすぎているため、それは無視して真っ直ぐ進みます。

そしてようやく鹿野山の稜線を通っている車道との交差点に到着。交差点のすぐ近所に春日神社があり、その奥に一等三角点鹿野山があるので寄って行きます。

春日神社に戻って次は神野寺に向かいます。途中に鹿野山山頂というバス停がありました。

神野寺は鹿野山の上にある立派なお寺で、前に土産物屋や佐貫町からのバスの終点があります。

神野寺からさらに九十九谷展望台を目指して車道を進みます。九十九谷展望台の上には鹿野山最高地点である白鳥神社があるので、展望台で休憩する前にそちらに寄って行きます。

白鳥神社は鳥居をくぐると
まず日本武尊の恋人である弟橘媛を祀る神社があって、その裏の道をたどって山頂まで登ると日本武尊を祀る富士塚のような物があります。ここが鹿野山最高地点379mです。愛宕山に次ぐ千葉県の第2の高峰でもあります。でも残念ながら展望は無し。

しかし、九十九谷展望台に戻ると、それに余りあるほどの大展望が待っています。眼下に広がる複雑に折り重なった九十九谷の向こう側にまず八郎塚や高宕山の山塊が見え、その向こう側に鋸山から安房高山を経て清澄山へと続く千葉の主稜線が広がり、その向こうに千葉県最高峰である愛宕山がちょこんと顔を出します。 北の方には石尊山や大福山なども見えます。

千葉県の山の大パノラマを楽しんだら、秋元城跡を目指して下山を始めます。秋元城跡への道は、北側に2~3分車道を下ったところに企業の研修所があるので、その横から古道に入ります。入口の標識は九十九谷になっていますが、九十九谷の道は下ってすぐのところで右下に分かれます。

この道は午前中君津駅から辿ってきた古道とは違い木の枝や倒木などがほとんどない一気に駆け降りられるぐらいの良い道です。

なので、あっというさっき分かれた車道に飛び出します。飛び出したら右に下ると、道の反対側の急斜面をつけられた踏み跡が出てくるのでそこをよじ登ります
ここ標識がないので見落とし注意です。

急斜面をよじ登っていくと山頂手前で横に走る山道に出合います。ここが秋元城跡への最短ルートみたいだったんですがここにも標識はなく、とりあえず山頂まで行くと、山頂の反対側により良く踏まれた感じの道が通じていたので、今回はそこに入りました。

山頂北側の道は大きく蛇行しながら高度を下げていき、途中で一回道を間違って戻ったりするも、無事に麓の妙喜寺に着きました。

妙喜寺から集落の中に出るとすぐに市場という君津市のコミュニティバスのバス停があります。でもまだ秋元城跡に行ってないので、その先の田中台バス停まで行きます。

秋元城跡は田中台のバス停の横が駐車場になっていて、道を渡った反対側からとりつきます。すぐ上の平坦地が城跡かと思ったら単なる休耕田で、秋元城跡は山の中を登ります。それで5分ぐらい登ったところに千畳と名付けられた人工の平坦地があり、どうやらそこらしいです。

意外と城跡が遠かったので、滑る道を一生懸命バス停まで戻り、予定より1本遅い13時21分のコミュニティバス中島豊栄線ににギリギリ間に合って
、それで終点の鈴木病院まで行きます。

そして木更津駅行のバスに乗り継いで「法木作」というバス停で降ります。なぜ降りたかというと、今日の最終目的地である君津の湯がここから徒歩5分ほどのところにあるから!

君津の湯はバスで今きた道と交差する広いバイパス横にあって、隣に巨大なパチンコ屋ある東京にはあまり無い感じのスーパー銭湯です。お湯は沸かし湯ですが高濃度炭酸泉の設備があり、料金も土日690円と安いのが魅力です。

ここで、バス1本乗り遅れた関係で飯を食べる時間はなかったものの、バリエーションルートでついた汚れを落とし、ちょうど1時間後のバスで君津駅まで戻り、横須賀線直通の久里浜行総武線快速電車で帰りました。乗り換え無しで品川まで行けるんで非常に便利なんですが、さすがにお尻が痛くなりました。

追記:君津の湯に寄った場合は、君津駅は何もないので、君津の湯周辺で何か食べて帰った方が良いです。法木作バス停周辺知る人ぞ知るラーメン激戦区です!


路線バスのご案内-君津市公式ホームページ
https://www.city.kimitsu.lg.jp/soshiki/7/91.html

コミュニティバスのご案内-君津市公式ホームページ
https://www.city.kimitsu.lg.jp/soshiki/7/2371.html

スーパー銭湯-君津の湯
http://www.kimitsu-yu.com/

(参考までに)
木更津-鴨川線時刻表 - 鴨川日東バス
http://www.kamogawanitto.co.jp/wp-content/uploads/kisarazu-jikoku2018.4.1.pdf

交通アクセス - マザー牧場(※君津駅・佐貫町駅・上総湊駅行バス)
http://www.motherfarm.co.jp/access/

登山中の画像
登山画像
人生初の君津駅南口から、7時ちょうどスタート!
登山画像
再開発中の街並を抜けて、釜神橋で小糸川を渡る。
登山画像
自動車学校の向こう側に三舟山!
登山画像
自動車学校先の交差点を渡り床屋の脇の道に入る。
登山画像
すると突き当たりに三舟山の標識!
登山画像
房総往還と三舟山に道は分かれるが、後で合流す…
登山画像
三舟山方面に進むと広い畑の中に出る。
登山画像
ここいら三舟台と言うらしい。
登山画像
さすが千葉!もう水仙が咲いていた!
登山画像
畑が山に突き当たったところで右折して登山道に…
登山画像
猪の罠が点在する古道のような道を行く。
登山画像
北側の駐車場から上がってくる道を合流するとと…
登山画像
三舟山山頂は広くて平坦な桜の園地になっている。
登山画像
当然紅葉もあります!
登山画像
展望台に到着!
登山画像
展望台から東京湾方面の眺め!
登山画像
そして北側の真下にある駐車場。
登山画像
山頂を探しに一番高そうな大きなスダジイの木ま…
登山画像
スダジイの近所の笹薮の刈り払いの中にある三舟…
登山画像
三舟山から尾根づたいに郡ダムへ行く道は完璧な…
登山画像
でも黄色いテープが頻繁にある。後ろはマテバシ…
登山画像
竹林もあります。
登山画像
ラブホテルに突き当たったら迂回して畑の横から…
登山画像
舗装道路を上に上がるとラブホテルの看板が乱立…
登山画像
郡ダムです。
登山画像
水道局の巡視路が散策路になっているのでそこへ…
登山画像
そして半周まわったところで対岸を戻らずに、鹿…
登山画像
柵に沿った道。一応踏み跡はしっかりあり、危険…
登山画像
少しマシな古道のような道に出た!
登山画像
54番鉄塔のすぐ先で小山野トンネルの上を通過!
登山画像
そして少し行くと岩富観音堂の前に出る。
登山画像
完全に無人の廃寺です。
登山画像
隣の岩が御神体なのか神社が祀ってある。
登山画像
その岩の上に観音堂があったのだろうが、完全に…
登山画像
裏の岩の中にも恐らくお堂か何かあった感じの穴…
登山画像
寺が廃寺になってしまったので建てられた感じの…
登山画像
休憩終えたら、山門の横の切り通しを抜けて先に…
登山画像
しばらく行くと、笹薮のトンネルでたまに下が見…
登山画像
そして高速道路の橋を渡る。渡ってから先が今日…
登山画像
なんとか周南口も交差点に出た。マザー牧場の看…
登山画像
ここからしばらく舗装道路を行きます。
登山画像
マザー牧場分岐。ここから再び古道にも入れるん…
登山画像
鹿野山の稜線を行く舗装道路にやっとぶつかった!
登山画像
その交差点のすぐ近くに春日峰があるので寄って…
登山画像
春日神社です。
登山画像
その上の昔神社があった場所。
登山画像
そこからすこしやぶをこいで登ると、測候所の横…
登山画像
一等三角点からの眺め!
登山画像
神社に戻り、少し進むと今度はバス停の山頂!
登山画像
さらに進むと、神野寺に着く。
登山画像
かなり枯れてしまったが紅葉が残ってます。
登山画像
神野寺本堂!
登山画像
佐貫町からのバスの終点である神野寺バス停。神…
登山画像
紅葉はほぼ終わりだが、菜の花が咲いていた!
登山画像
そしてようやく九十九谷展望台に到着。
登山画像
展望台の前に、白鳥神社に寄って行く。
登山画像
白鳥神社の社殿は、まず弟橘姫が祀ってある神社…
登山画像
そして山頂に日本武尊が祀ってある石の塚がある…
登山画像
日本武尊の石碑の拡大!
登山画像
下に戻って九十九谷展望台です。
登山画像
展望台の標識!
登山画像
九十九谷の向こうに千葉の山々。真中にあるのが…
登山画像
北に少し車道を下り、企業の研修所の脇の道を入…
登山画像
標識は九十九谷となっていますが、この道で間違…
登山画像
九十九谷への道は、入ってすぐのさくらの里の標…
登山画像
木の枝なんかのゴミのない非常に良い道!
登山画像
さっきの舗装道路の先に出たら右へ。
登山画像
するとすぐ斜面をよじ登る道があるのでそこを上…
登山画像
登り切った上の山頂あたり。しばらく青テープに…
登山画像
変な方向に行って、またもどって、なんとか清和…
登山画像
そこからコンクリートの道を下ると妙喜寺のとこ…
登山画像
集落に出てすぐある市場バス停。ここからバスに…
登山画像
秋元城跡駐車場到着。
登山画像
道の反対側からとりつく。
登山画像
濡れた、意外と登りでのある道。
登山画像
ようやく秋元城跡に着いた。
登山画像
この広いところは千畳というらしい。
登山画像
必死にもどって、バスの時間の2分前に駐車場横…
登山画像
中島豊栄線は普通のバスではなくワゴン車なので…
登山画像
そのバスで終点の鈴木病院まで行く。
登山画像
ここからは普通のバス。木更津行に乗ります。
登山画像
そして法木作というバス停で途中下車。
登山画像
バス停から5分のところにある君津の湯に寄って…
登山画像
また法木作にもどって、君津駅南口行のバスに乗…
登山画像
でも、君津駅の周辺にほとんど飯屋は無いので、…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年9月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。