登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
大浪池・韓国岳 韓国岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

やまたろ さん

この登山記録の行程

大浪池登山口(10:45)・・・大浪池避難小屋(11:05)・・・韓国岳避難小屋(11:45)・・・韓国岳(12:40)・・・韓国岳避難小屋(13:15)・・・大浪池避難小屋(14:00)・・・大浪池登山口(14:20)

 えびの高原から登ろうと思っていましたが、えびの高原駐車場からやや離れたところの登山口を発見できず、大浪池登山口まで戻って登り始めました。
 大浪池登山口から大浪池まではほぼ石畳の道でした。大浪池周回コースは多少のアップダウンはありますが、キツいと感じたところはなかったですが、韓国岳避難小屋前から時計回り方向に続く道がわかりにくかったり、そこからしばらく進んだところ、左方向に謎の踏み跡があったりしましたが、池の方向を意識していれば多少の時間消費ですむのではないかと思います。池周囲の道は、石を敷いてあるところもありますが、寒い時期は凍結と融解を繰り返していつまでもドロドロぐちゃぐちゃの道、という感じです。
 大浪池から韓国岳への道は、ほとんどが木道や木の階段が設置されていました。所々地面の状態によるものか、木道や木の階段が途切れているところがありますが、すぐ先を見れば続く道を発見できる、という感じです。頂上まで0.3kmという看板のあたりから頂上までは、潜る土とよく転がりそうな丸っこい石の道で、踏み込んだ足がズズッと滑るような道です。
 当日は視界10メートル程度の濃霧で周りの状況がさっぱり見えず、頂上付近でいつの間にか登山道から外れたところを歩いていました。頂上付近は吹きさらしで霧も濃かったので、ザックや衣服表面の体温が伝わりにくい箇所、眼鏡に氷がついてきました。フード付きのウェアがないと堪らない状況でした。眼鏡は、水分を吸い取る布で拭かないとどんどん凍って見えなくなります。登山用の衣服は大抵撥水性はあっても吸水性はないので、袖などでレンズを拭いても水分が取りきれずまた凍ります。
 天気がよければ、付近に火山警戒エリアがあるということ以外に特別な危険はない
とは思うのですが、霧で周りが見えずでしたのでなんともいえませんでした。
 参考に、下山後指宿に移動しましたが、車で約3時間(東九州自動車道、九州自動車道、指宿有料道路利用)かかりました。指宿有料道路には展望台が何カ所かあり、立ち寄ってるとさらに時間がかかります。

登山中の画像
登山画像
 登山口から大浪池までの道。場所によっては少…
登山画像
 大浪池、霧で満たされている。
登山画像
 木の階段、所々傾いたり崩れたりもありました…
登山画像
 小さいながらえびのしっぽが。
登山画像
 今回唯一発見できた目印。ほかにもあるかもし…
登山画像
 じっとしていると自分にも氷がつきそうでした。
登山画像
 どのような景色なのか想像もつきません。
登山画像
 どのような景色なのか想像もつきません。
登山画像
 視界があれば、このような道が続いているのが…
登山画像
 画面中央の標柱の左手が避難小屋、右手に大浪…
登山画像
 1分間ほど高千穂峰が拝めました。
登山画像
 帰り際になんとか池だけは拝めました。この3時…
登山画像
 12月にしては緑がさわやか。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やまたろ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。